僕がジャークベイトで釣れない理由

「ジャーク後のポーズでバイト!!」

この言葉を鵜呑みに、ジャークベイトを投げまくってみました。

スポンサーリンク

DSC_0559

 

ミノーフラット 110SP

ヴィジョンワンテン

阿修羅

ビーフリーズ

 

全てサスペンドモデルです。

 

実は、サスペンドタイプは、昨年初めて採り入れました。

理由は、「サスペンドモデルって、根掛かりそうで怖い」から。

 

ハードプラグの根掛かりって、一発でテンション下がります。

根掛かり回収機も用意していますが、回収できないことも多いし・・・。

何より、回収できなかった場合、針の付いた固形物を水中や木に放置することになり、危険ですし・・・。

 

自然を使って遊ばせて貰う以上、そこは気になります。

なので、ハードプラグを使う場合は、

トップか、私の技術でも根掛かりを回避しやすいフローティングタイプ

を選んでいました。

 

フローティングタイプだと、

動かさなければ浮き上がりますから障害物を回避できます。

 

スポンサーリンク

 

余談ですが、フローティングタイプのお気に入りはコレです。

DSC_0556

サイドステップ 95 です。

中でも、信頼しているのは「ボーンモデル」! リップの色が違いますね。

DSC_0557

下が通常モデルで、上が浮力の高いボーンモデルです。

 

ふわ~っと浮き上がっている最中に、トゥイッチを入れると、

ピュンッピュンッと横に飛びます。

この瞬間にバスが飛びついてくるのが見えることも多く、

興奮しますよー!!

 

 

 

話を戻しますと・・・。

いつもながら、メディア情報に勝手にテンションを上げた私は、

サスペンドジャークベイトで釣ってみたくなったので、投げ倒してみました。

ちなみに、タックルは、

ロッドはM、ラインはナイロン12ld.とフロロ10ld.でした。

 

  • キャストして、着水したら、

私の場合は、まずは、ラインを軽く張り、二回ほどジャークし、

  • 一回、ちゃんと潜らせます

 

  • ここから、2ジャーク+数秒ポーズを繰り返しました。

 

初めは、時折「ゴンッ」と来る感触に、「おーっ!!」と興奮し、

何度か「障害物」に本気アワセをしてしまうほど、未知のルアーでした。

 

それでも、意地になって投げ倒しました。

・・・で、釣果はこちら。

 

DSC_0252

 

ボラ?? ニゴイ??

 

3ヶ月ほど投げ倒して、これのみ!!

 

 

私の結論は・・・、

障害物や変化についている魚であるブラックバスを狙っているのに、

「根掛かりにビビりながら投げてる時点で、釣れない」

です。

 

サスペンドタイプ、辞めます!!

 

肌に合うかどうか、確かめることが出来て、良かったです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA