ダウンショットリグを遠投したくて、PE0.8号をスピニングで使って失敗した。

近くに投げても釣れるダウンショットリグを、

遠投したら、めっちゃ釣れるのでは??

 

スポンサーリンク

 

そんな妄想に支配された私は、

単純な思考回路でタックルを組みました。

 

PEライン(0.8号)+フロロ8ld.

MLのスピニングロッド(662MLS)

セオリー2004H

 

ゲーリーヤマモト 3インチシュリンプ

シンカー7グラム

 

DSC_0549

 

こんな感じです。

 

ワクワクしながら、一投目。

 

「めっっちゃ飛びます!!」

 

これ、面白いくらいに飛びます。

 

Mロッドにナイロン12ld.でシャワーブローズ投げるより、

ぶっ飛びます。

 

2500番台のスピニングに、

Mとかのロッドなら、まだ飛ぶかも知れません。

 

ここまでは、想定通りでした。

 

問題は、この後ですよ。

 

スポンサーリンク

 

もう、感度が良すぎるんです。

 

・・・PEなので、当たり前なんですけど、

 

ただ・・・PE使っていて、感度が良いということは、

ラインを張ってるってことなんですよね・・・。

 

ここまで来ると、結論が見えてきます。

 

そうです。

ラインを張りすぎて、釣れないんです。

 

まぁ、それでもラインテンションに気をつけてさえいれば、

 

やはりアタリは多いです。

 

手元まで伝わりますから、とっても面白いです。

 

 

・・・が、アワセが難しいのです。

 

伸びの無いPEラインで、ブワっとアワセると、

おそらくラインが切れます。

 

それを恐れて、「カンッ」って感じてアワセるんですけど、

力加減が難しく・・・。

 

ことごとくバラします。

 

無事につり上げることが出来たのは、

足守川のナマズだけでした・・・。

 

この細さのPEラインは、対して強くも無いので、

根掛かりをした場合の回収率が高いという訳でも無く・・・。

 

掛けれても、キャッチできないなら、意味がありません。

練習を積んで、感覚が分かれば、

アタリの多さから、楽しい釣りにはなりそうです。

 

・・・でも、サイズは選べないんですよね・・・。

 

一日投げてみましたが、

 

フロロ5ld.が僕の身の丈のようです。

 

やってみたので、得られた結論です。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA