ネコリグにスナップを使ってみると釣果が上がるのか実験

ネコリグにスナップ

何でも試してみたいじゃない??がモットーの岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回のテーマは、これです。

ワームにもスナップ使ってみたら良いんじゃない?

 

ハードプラグでは使用頻度が高い「スナップ」ですが、

その理由は、「ルアー交換が容易」・「ルアーの動きに自由度が増す」ということだと信じています。

実際、トップウォータープラグ等で連続した深い(移動距離を抑えた)首振りを行う際には、非常にやりやすく感じました。

 

そこで・・・・。

ルアーのアクションの自由度が上がるなら、ワームに使ってもイイんじゃない??

というド素人の発想です。

これも、例に漏れず実験してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

マスバリをスナップで連結してみました。

以下は、感想です。

 

スナップを使ったネコリグのキャストフィールや飛距離について

これは、スナップの有無で差を感じるほどの違いは無かったですね。

特にウェイトがあるパーツでもないですし、扱いにくさもありません!

問題なしです。

反対に、少しでもウェイトが欲しいって場合には、意味無しです。

 

スナップを用いたネコリグの操作性について

これは、違いを感じることが出来ました。

ボトムでのアクションでは、ほぼ同じような手元感度ですが、

「巻きネコ」をしている時の、ワームのバイブレーションが違います。

とりわけ大きく動くというよりは、

ブルブルアクションのリトリーブスピードの幅が広い

ということだと思いました!!

 

ほんの少しのリトリーブスピードの違いで、

テールまでのブルブル感が出ていないことがあり、少し気にしていましたが、

スナップを付けると、少しスピード調節の許容範囲が広がりました。

 

スナップを用いたネコリグでのフッキング

・・・までには至っていないので、コメント出来ません。

 

ワーミングの際にスナップを用いることへの結論

ネコリグでの使用時に限っては・・・スナップは不要!!

 

・・・・えー!!?? (´д`)

 

巻きネコの高評価からは意外な結論ですが、ゴミを拾ってくる回数が異常というデメリットが払拭できませんでした。

いちいちゴミを取ってキャスト!ゴミを取ってキャスト!

これでは、ストレスが半端じゃありません。

 

そして、

フックの穴にスナップ通すのが何よりノンスムーズ!

・・・ということで、

ゴミを拾いにくいスナップが見つかるまでは、

特にメリットを感じられないというのがド素人管理人の結論です。

 

 

イライラする実験を切り上げ、スモラバに変えたら、釣れました。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA