今でも余裕で現役!ゲーリー4インチグラブ

ゲーリーヤマモト 4インチグラブ

 

スポンサーリンク

 

バス釣りを初めて以来ずっと、

オフセットフックの1/0で、

針先とテールの向きを揃えてセッティングしています

フックのメーカーにはこだわりがないですね。

・・・というよりは、そこまで頭が回っていないというのが正直なところです。

 

ただ、

L~MLのスピニング

ラインはナイロンの6ld.若しくはフロロの3.5~5ld.

(ごく稀にPE0.8号【直結】

 

というセッティングで投げているので、

 

店頭で「細軸」っぽく見えるフックを選ぶようにしています。

 

”細いラインで太いフックを使用するのが感覚的に怖い。”

というのが理由です。

 

スポンサーリンク

 

夏場はナイロンラインやPEラインの使用頻度が増えます。

理由は、表層からボトムまでの、

縦の範囲を広く使えるふわ~っとしたアクションに反応が良い

という経験からです。

 

反対に、ボトム付近を長ーく誘いたいなと感じる日には、

フロロで投げるという使い分けをしています。

 

気になる「ラインの種類による感度の差」ですが・・・。

これも、あまり気にしていません。

というよりは、気にしなくなりました。

 

メデイア情報のとおり、

ナイロンと比較した場合に、フロロの方が、

感度が明確だということは納得したのですが、

私程度の技量で、ワームの動きが手元で分かるということは、

糸を張りすぎている可能性の方が高く・・・。

結果として、アタリが遠のいていると気付きました。

 

(PEはライン張らないと、全く感覚が無いですしね。)

 

ということで、手元に伝わる感度よりも、

ラインの材質による、アクションの影響を重視しています。

 

PEなら沈ませないように動かしやすい

ナイロンなら縦の可動域を広くとれて「ふわっと感」が出る

フロロは、上記2ラインに比べて浮き上がらないでくれる

 

ゲーリーヤマモト 4インチグラブ

何故か「初心者感」が出てしまうワームですが、

本当の初心者とバス釣りに行くときなど、

どうしてもバスに会いたいときには、

投げるべきワームだと思います。

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA