虫パターンで釣ってみたいのです。

梅雨真っ盛りです。

晴れの日は、終業前からソワソワしだす管理人です。

 

 

虫パターン

ってよく見聞きするのですが、実感したことがありません。

ブッシュやオーバーハングは、常に岸から遠いところにあり、

「浮いているバス」を見つけても、そこまで投げられません。

 

スポンサーリンク

 

 

でも、小さなトップウォーターで釣ってみたいのです。

 

上の写真には、3種類のルアーが写っていますが、

フロッグは別として、下の二種類。

POP-Xシグレで釣ってみたいのです。

 

・・・どちらも、めっちゃ釣れるルアーとして有名ですが、

私は釣ったことがありません。

 

 

15年前は、POP-Xなんてほとんど手に入らなかったですし、

シグレは、バス釣り再開して知りました。

 

そして、一番の理由は、

ほとんど投げたことがありません。

 

向かい風でもストレスなくキャストしたい私は、

ハードプラグを使用するときは、10グラム以上のモノを、

どうしても選んでしまいます。

 

一度いつものタックル(Mナイロン12ld.)で

POP-X投げてみると、弾道が少し浮くんですよね・・・。

 

私のキャスティング技術では、

少し遠目にあるオーバーハングや、植物沿いに投げ続けるのは

かなりストレスが溜まります・・・。

 

一投一投を最大限集中しないから釣れない

 

ってことは、分かってはいるのですが、

それにしても、一投一投ヒヤヒヤするのは嫌なのです(^_^;)

 

スポンサーリンク

 

そこで、考えました。

 

スピニングで投げちゃえば良いんじゃない??

 

そうです!

POP-Xシグレは、スピニングで投げちゃえば良いのです。

 

ロッドはML、ラインはPE1号です。

 

シュッ!

 

「おー!快適!!」

 

シュッ!

 

シュッ!

 

・・・。

 

何回か投げてみて、思い出します。

 

スピニングって、狙ったところに、低弾道で投げることが、

超難しいんでした。

 

結局ビビってしまい、

「オープンウォーターのブッシュ寄り」

みたいな所を、なんちゃってな感じで攻める私・・・。

 

そりゃあ、釣れないわ・・・。

 

バスフィッシングは、キャストが9割・・・。

 

まだまだ修行あるのみです。

 

夏の間に、絶対POP-Xとシグレで釣って、言ってやります。

 

「・・・今日は虫パターンだったか・・・」と。

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA