ブラックレーベル742MHFS

仕事に追われ、なかなか釣りが出来なかった岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回のテーマは、「思いっきり用途を絞ってスピニングロッド新調」です。

 

スポンサーリンク

 

今までの手持ちのロッドへ感じていたこと

これまで管理人が所有していたスピニングタックルには、不満が有りませんでした。

・・・不満は無いのですが、満足も出来ていなかったんです(^_^;)

というのも、経験者の方にとっては「何言ってんだ!それがスピニングだろ!」と言われても当然なのですが・・・管理人的にはずっと引っかかっていたことがあるのです。

それは・・・管理人のバスフィッシングのスタイルだとも思っているのですが・・・。

 

掛けたら、獲りたい!

 

だからこそ、PEラインの使用を前提としたタックルセッティングが基本になっていきました。

おかっぱりでのバスフィッシングですから、スピニングであっても、ある程度の太さのラインが必要になってきます。

フロロカーボンなら下限を5ポンドとしていましたが、これでも若干ヒヤヒヤしてしまうこともあり・・・結局はPEラインがメインになっていました。

(とは言いながら、どうしてもバスに触りたい時は、3.5ポンドのフロロカーボンラインでダウンショットリグも投げていた意志の弱い男です(^_^;))

 

6.6フィートのMLパワーのロッドにPEラインがデフォルト・・・それでも感じていたモヤモヤが、飛距離とパワーです。

あと7メートル先にルアーを送り込みたい

あと7メートル程先に投げることが出来れば、きっとバスが居る。

そう感じても、届かないのです。

バスが居るであろう場所にルアーが存在している時間が恐ろしく短くなってしまうのです。

これがジワジワとしたストレスでした。

ウィードや木に逃げ込まれても慌てたくない

ド素人の管理人の目から見ても明らかにバスが居そうなポイントがあったとします。

そこに14ポンド以上のラインでルアーを送り込んでも・・・喰わない(T_T)

かと言って、スピニングで掛けても、MLロッドでは寄せられない(-_-;)

これもジワジワとしたストレスでした。

ブラックレーベル742MHFSへの期待

そこで、見つけたのがこのブラックレーベル742MHFSでした。

ブラックレーベル742MHFSとは?

以下の項目は、メーカーHPから引用させて頂きます。

ヘビーカバーにヘビールアーを投入しても口を使わないハイプレッシャーな現場で、奥の手として重宝するのがパワーフィネス。スピニングとしては規格外の図太いバットに繊細なティップは、細径PEライン及び太番手フロロカーボンとの組み合わせで軽量なルアーをカバーフィッシュの口元へと送り込みバイトを誘う。ブラックレーベル742MHFSは、このスタイルでしか獲れない魚を確実に、しかもスムーズに手元へと手繰り寄せるブランクの設計に注力したモデルだ。

ネジレを抑制するX45がフリップのアキュラシーと軽快なキャストフィールを実現。メイン素材となるHVFカーボンと反発力に優れた3DXによる相乗効果で、高い感度とヘビーカバーで掛けた魚を強引に抜き上げるリフティングパワーを持ち合わせた。PEラインの使用を前提に、ティップセクションには糸絡みが抜けやすいガイドを配備したオリジナルセッティング。元ガイドは大口径ガイドで遠投能力にも優れた仕様となっている。

管理人が求めていたのはこれですよ!!

・・・ということで、ポチッと購入しました!!

ブラックレーベル742MHFSブラックレーベル742MHFS

 

ブラックレーベル742MHFSを購入して良かった点

ブラックレーベルを購入して良かった点は、今までのモヤモヤが全て解消されるロッドでした。

飛距離も7メートル以上は余裕で伸びましたし、図太いバット部分の安心感がスゴイです。

・・・まだ魚を掛けてないので、持った感じの安心感でしかないですけど・・・(^_^;)

ルアーの許容ウェイトも1/8~3/4オンスですから、3.5~21グラムです。

キャストした感じは、極端なライトリグを使用していない管理人は全く不満を感じないです。

(とは言いながらもリールは2004から2508へ番手を上げました!)

4.5インチのネコリグも気持ちよく扱える感じです!!

むしろ・・・Mパワーのベイトタックルでしか扱えなかったルアーまでが使用範囲に入る感じです。

 

・・・ということで、ベイトタックルは、ヘビキャロや25グラム以上のプラグ専用にしてしまうつもりです(*^_^*)

 

ブラックレーベル742MHFSを購入して困った点

ブラックレーベル742MHFSを購入して困った点は、「運搬」のみです!!

車にロッドホルダーを装備していない管理人なので、ロッドの運搬にはやはり困ります。

このブラックレーベル742MHFSは、バット部分が外せるのですが・・・それでも長いです。

この点だけは、ハートランドの「琵琶湖スペック」を購入した方が良かったかな・・・なんて思ったりもしますが、ド素人管理人にはブラックレーベル742MHFSで十分すぎるほどの性能です(>_<)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「スピニングで何でもやりたい」というよりも、「スピニングで何でもやりたいし、掛けたら絶対獲りたい!」という方の参考になれば幸いです。

今後のオカドバ管理人のスピニングタックルは、こうなりました!

どうぞよろしくお願いします(*^_^*)

ロッド:ブラックレーベル742MHFS

リール:セオリー2508PE-H

ライン:完全シーバスR18 0.8号

リーダー:シーガー プレミアムマックス  11.5lb 2.5号

 

次回は、ヘビキャロと25グラム以上のプラグに特化させたベイトタックルをご紹介させて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク