バウオ スーパーハードポリアミドプラスは陸っぱりクランクベイトにオススメ

「陸っぱりにはナイロンラインがベスト」

・・・そう言われて実験してみたのですが・・・トップウォータープラグ以外はフロロカーボンラインの感度が好きな管理人です。

陸っぱりナイロンチャレンジの記事はコチラです(^o^)

釣果も勿論ですが、何より「気持ちよさ」を重視してしまう管理人です(^_^;)

ですが、この度クランクベイトを投げ倒す際にめちゃくちゃ使いやすかったナイロンラインを発見したので、ご紹介します。

今回のテーマは「陸っぱりでクランクベイトを投げるとき気持ちいいナイロンライン」です。

スポンサーリンク

陸っぱりクランクベイトはこのラインが気持ちいい

今回のテーマは、おかっぱりクランクベイトホリデーアングラーが投げるという条件で「気持ちいい」ラインを紹介しようというものです。

初心者の方や、クランクベイトで釣ってみたいという方向けの記事になれば幸いです(^o^)

今まで使用したナイロンラインのご紹介

いったいどれだけのナイロンラインを使った上で気持ちいいとか言ってるんだ?

・・・そうですよね(^_^;)まずは、オカドバ管理人が今までに使用したナイロンラインをご紹介します。

バススペシャル HG

初めは、手に取りやすいラインを試してみましたた。投げやすい一方で・・・正直「弱い」と感じてしまいました。枝に掛かったルアーを何度無くしたか・・・(^_^;)管理人のキャスト技術が未熟だったせいも勿論あります。

・・・で、次は「強さ」が欲しくなり・・・。

デッド オア アライブ ストロング

デッドオアアライブに変えてみました。値段もお手頃です。投げてみると、確かに強くはなっていますが、今度気になったのは・・・「あれ?飛距離が落ちてない??」ってことです。若干太くなっているような使用感です。太くて強いのは当たり前ですし、飛距離が落ちるなんて許せない・・・そんな短絡的思考で次のラインに手を伸ばします。

 GT-R ウルトラ

村田基さんのラインです。いや~。これは強かったですし、キャストし易いままです(^o^)・・・・値段相応の性能にとっても満足したのですが、ここでオカドバ管理人特有の基準が持ち込まれます。

・・・なんかグニャグニャ感が心地よくない。

この、ザ・ナイロンライン的な使用感がどうにもしっくり来ない感触になってしまい・・・、低伸度ナイロンラインへの道を突き進みます。

デファイアー アルミーロ

デファイアー

デファイアーのシリーズです。このラインにはビックリしましたね!!ホントにピンピン動かせる感じです。ほぼトップウォーターを投げている管理人ですが、キビキビとして動きが出しやすいことに驚きました。

・・・ただ・・・劣化が早いんです。・・・早く感じてしまうんです(^_^;)

で、次は、低伸度かつ高寿命なラインを・・・ということで・・・。

シューター マシンガンキャスト

マシンガンキャストに落ち着いている管理人でした。それでも、3釣行でラインのゴワゴワ感が気になる程度に劣化はしていきます。

 

バウオ スーパーハードポリアミドプラス

クランクベイトを投げよう!・・・そう決めたときに気になったのが、トップウォーターでは最高だった「低伸度」という性能です。この「低伸度」がクランクベイトを巻いている時にダイレクト過ぎる感じがしてしまいまして・・・。

かと言って、GT-Rだと柔らかすぎるし・・・キャストしにくいクランクベイトを投げるのだから、投げにくいナイロンラインは選べません。

そこで、選んでみたのが、このラインです。

カラー他見た目の感想

見た目は、モスグリーンのような綺麗なカラーです。特に濃いカラーでもありませんし、視覚的には抵抗はありませんでした。(・・・そもそもPEラインを平気でバスフィッシングに導入している管理人ですから、ラインのカラーにはあまり抵抗が無いのかも知れません(^_^;))

使用感

使用感は、「丁度良い柔らかさ」です。クランクベイトのキャストもし易いですし、巻き感度が、ホント適度です。

気になる強度も、14ポンドを使用しているのですが、根掛かりロストはゼロです(^^)/~~~グニョングニョンという訳でもないので、根掛かりを外しやすいということも有るかも知れません。

価格も安いですし・・・これはかなりオススメですね。

スポンサーリンク

クランク以外も投げるなら、このナイロンラインが気持ちいい

で、気になるのが、メイン使用のナイロンラインの入れ替えは・・・?ってことですが・・・。

それは少し考え物です(^_^;)理由は・・・キャストの感度です。

・・・また「感度」か・・・(-_-;)ってなりますよね。

でも、投げていて気持ちいいって大切だと思うのです。

 

ヘビーカバーにテキサスやラバージグを突っ込む・・こともないし、

ほぼほぼ投げるのはトップウォータープラグです。

 

そういう意味で、クランクベイトに拘らない場合のメインのナイロンラインとして丁度良いバランスが「シューター・マシンガンキャスト」かな・・・というのが正直な感想です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

秋はマキモノ!ということでクランクベイトを巻き倒そう!!そんな思いに駆られている陸っぱりアングラーの方々のお役に立てれば幸いです。

・・・何故、フロロカーボンラインじゃないんだ??という観点で、次の記事を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA