フォール中のアクションが堪らないクロー系ワーム追加【DAIWA クローズ】

普段は季節や時間帯問わず岡山・倉敷の陸っぱりからファットイカばかり投げている管理人ですが、ごくたまにファットイカ以外のソフトルアーを使用します。

ただ、そのごくたまに投げるソフトルアーも偏愛がありまして・・・ストレートワームはスワンプ系(レインズ・ZBC)、シャッドテールはHPシャッドテール、テキサスリグにはダブルモーション・・・これにドライブスティックが加わる程度です。

この偏愛っぷりの理由は、「そのリグでイメージしているアクション」なんですよね(>_<)

結局、自分自身がイメージできているアクションに合いそうなルアーを選んでしまう状態です。(実際水中でどのようなアクションになっているかは自信がありません(T_T))

で、この偏愛ワーム達に、この度新入りが加入しそうな雰囲気なのでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

管理人的「ピロピロ系アクション最強」のクロー系ワームと言えば?

はい。以前の記事でテキサスリグにオススメのピロピロ系ワームをご紹介致しました。

エバーグリーン ダブルモーションです。このワーム、フォール中やスイミング中に、これでもかって位にピロピロします。

なので、リフト&フォールや底面に段差のあるフィールドでは、「フワァ~・・ピロピロピロ」と爆釣です。更に、針持もイイ!!

アクションが管理人のイメージにもマッチしていたことから、テキサスリグにはダブルモーション一択だったのですが・・・、

最近、気になる新人が登場して来ました。釣具屋で発見して即スカウトしてきた新人の名前は・・・。

DAIWAのクローズでした(^o^)

DAIWA クローズ CRAWZ とは?

画像

細い6本の手・V字型リブ・左右に伸びたカップ型アーム・ダブルテール、その全てが進行方向に対して抵抗になる方向に向いており、少しの流れでも水をつかんで揺らめく。またフォールスピードを押さえることで、フォール中のバイトチャンスも増大させる。ジグのトレーラーやテキサスリグはもちろん、フォール時間を長く取れるので水中を漂う時間が長く、キャロとの相性も抜群。何度も堅さ調整を繰り返したこだわりのマテリアルは強力エビフレーバー配合で静止状態でのアピール力がさらにアップ。

この小見出項における上記の画像及び文章はダイワさんのHPからの拝借です。

というのがメーカーさんの説明なのですが、オカドバ管理人が気になったポイントをご紹介させて頂きます。

DAIWA クローズの良い点

1,サイズ感

3インチという絶妙なサイズ感です。はい。ダブルモーションでは強すぎる時の代替要員として捉えています。

2,ダブルモーションばりのピロピロ感

このクローズ、ダブルモーションばりにピロピロ系アクションがイイ感じです。

「着底後の自発的アクション」という部分よりも、「アクションさせている最中の動き」を重視したい管理人なのです(^_^;)

ただ・・・ちょっと注意点も感じてしまいました。・・・それは、

スポンサーリンク

DAIWA クローズをアクションさせるときの注意点

DAIWAのクローズが気持ちいいピロピロ系アクションをするには、ある程度の移動速度なり力が必要だということです。

これは、ダブルモーションにも感じていることなのですが、「ノーシンカーのフリーフォールでは、アクションしないことが多い」です。

ですので、少し重めのシンカーをセットしたリグでフォールさせるか、スイミングさせてあげることが必要だと感じています。・・・テキサスリグや最近試しているヘビキャロには最適そうですね(^^)/~~~

まとめ

いかがでしたでしょうか?

管理人の偏愛ワーム達に新入りが定着しそうでしたのでご紹介させて頂きました。

フォール中やスイミング中のピロピロ系アクションを求めておられる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA