晩秋~初冬のバス釣りはファットイカのリアクション

寒暖差アレルギーでしょうか・・・寒い場所に行くと頭痛と喉の調子が芳しくない岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回のテーマは「ファットイカのリアクション」です。

どんどん寒くなってきますが、春まで釣り場に立ち続ける予定の管理人です。

 

スポンサーリンク

 

シャローにバスが少なくなる季節

11月に入ってくると、シャロー(浅瀬)でバスを発見することが比較的少なくなってきます。

「あれ・・・この前まで小さなバスやギルが泳いでいたのに・・・」

そんな日も増えてきます。

巻物の秋という側面

気温が下がって、人間的には寒く感じたとしてもバス達にとっては適正水温の場合も多く、活発に泳ぎ回っていることも災いし、おかっぱりからは本当にバスを探しにくい季節ですよね(^_^;)

そんな時には、バスを探すために「マキモノ」系のルアーで広範囲を巻き倒すということも必要になりますが・・・・、

リーリングが下手くそな管理人には本当にツライ!!

「上手く巻けてるのかな・・・」

そんな思いを悶々と抱えながらのキャストは、最早修行の域です。

じゃあ、バスはディープにいるのか??

マキモノで散々投げ散らかしてもバイトが無い場合、単純なオカドバ管理人はある思考に至ります。

「バスは既に深い場所に居るんじゃない??」

・・・恐ろしいほど単純な思考ですが、仕方ありません。

ディープを探ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

おかっぱりでディープを探るには??

おかっぱりからディープを探ろうとする場合、思い当たるのはディープクランクやスプーン、メタルジグですが・・・・、

管理人にはその選択肢はありません(^_^;)

・・・だって、アクションのさせ方が分からないんですもん(T_T)

やっぱり・・・ファットイカ

はい。やっぱりファットイカを投げます。ただ、流石にノーシンカーという訳にはいかないので、2.2グラムのネイルシンカーを挿入してキャストします。

リアクションファットイカのアクション

ファットイカを深場でリアクション気味に使用するときのアクションは・・・

 

激しくシェイクしながら数十㎝動かす」

10秒程度止める」

繰り返し。

 

で、バスに出会えましたーーー(^^)/~~~

まとめ

いかがでしたでしょうか?

秋が深まり、メタル系のリアクションの時期かな??とも思えてくる日もありますが、いつものルアーに一工夫でバスに出会うことが出来ました。

キモは、動かすときは激しく・・・そしてジッと止める。

 

リアクションの釣りのレパートリーの一つに加えて頂けましたら幸いです。

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA