偏光グラスの跡 恥ずかしい思いをしないための日焼け対策

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

 

今回のテーマは「日焼け対策」です。

釣りに夢中な週末を安心して過ごすために必要なんだろうな・・・という対策をまとめました。

管理人もちょっと気をつけて継続していこうと思います。

 

 

バス釣りの日焼けは仕事で異様に目立つ

これからバス釣りハイシーズンに突入ですが、

休日にバス釣りを楽しむと、

週明けの仕事で決まって言われる一言。

 

海行った??

週末はゴルフ??

 

自分ではあまり気にしていなかったのですが、

結構日焼けをしている模様。

 

子供は日焼けして真っ黒が健康的でしょ。

 

そう言われた時代は既に遠い過去の模様です。

そもそも、管理人はイイ大人です(^_^;)

 

顔全体が真っ黒に日焼けするのは構わないのですが、

偏光グラスのカタがクッキリ

ってのは、普段の生活ではアクティブ感が出過ぎます。

管理人は仕事中はスーツを着用しているのですが、

偏光グラスのカタとスーツって、絶妙に似合わない(´д`)

 

・・・ということで、対策を取ろうと思います。

 

ネックゲーターを選ばない理由

日焼け対策はしたいですが、

面倒なものはイヤなのです。

そして、

「日焼け対策してます」感が出すぎるのもちょっとイヤなのです。

 

・・・実に面倒な男です。

 

釣りの最中の日焼け対策として

パッと思い付いたのが

顔のほぼ全体を覆うマスクみたいなやつ・・・。

OSP様のHPより画像を拝借しております。

 

ネックゲーター

っていう名前らしいです。

 

うーん。

 

確かに夏の釣り人の風貌として定着している感はあります。

日光で体力を奪われるのを防ぐ効果もあるらしいですし、

合理的なのは良く分かります。

 

 

なので、他のアングラーの方が着けていても、

特に違和感は無いのですが、

自分が着けると、

銀行強盗感が半端ない

って感じてしまうのです。

 

出来れば、もう少しサラッと対策したいのです。

 

結局、日焼け止めがベストなのでは?

 

そこで、簡単に出来て継続できる日焼け対策を探してみました。

釣りの際の日焼け止めに求める要素

 

オカドバ管理人が日焼け止めに求める要素は3つです。

ベタベタしない

塗った跡が白くならない

可能であればテカリも抑えたい

これだけです。

 

で、辿り着いたのがこの日焼け止めです。

男のための日焼け止め

ZIGEN UVクリームジェル

オトコの為の日焼け止め「ZIGEN」

自分でも自覚するほど単純な男です(^_^;)

 

「オトコのための」が目に入った時点でほぼほぼ決めてますもん。

でも、

・洗顔で普通に落とせる

→男はクレンジングとか持ってませんもんね。

・紫外線吸着剤を使っていない

→普通の日焼け止めには使われている成分ですが、

肌にとっては結構な負担になる成分のようです。

 

って部分も何気にイイ感じです。

 

昨年、夏にバス釣りを楽しみすぎたせいか、

目の横や頬骨の辺りにシミ的なものが・・・(@_@)

 

日焼けで逆パンダ状態は恥ずかしいし、

老け顔に見られるのもイヤです。

 

今年から、真面目に対策しようと思います。

ZIGEN UVクリームジェル

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

 

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

管理人の率直なインプレ記事集

 

バス釣りが好きすぎるLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA