複数のタックルのラインやルアーを絡ませずに運搬する小技

森永のパルムって、何でこんなに美味しいんでしょうか・・・(?_?)心までなめらかになりそうです。

あ、これはきっと複数のタックルを持ってポイントを移動する際のトラブルが減ったせいもあるんでしょうね。

・・・・。

自分でも恥ずかしくなるほどに下手くそな導入でしたが、今回のテーマは「複数のタックルを持ち歩く際のトラブルを減らせる小技」です。

パルムに癒されながらの執筆です。

 

スポンサーリンク

複数のタックルを持ち歩く際のトラブル

陸っぱりでのバスフィッシングでのお困りごとの一つに「ロッドの運搬」がありますよね。岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人も、車からポイントまでは複数のタックルを持ち運ぶことがほとんどです。

で、ポイントに着いて、いざキャストしようと思うと・・・・。

ルアーが他のタックルのラインに絡んでる!!!(T_T)

ってことがあったんです。

そこで、何か良い工夫は無いかな・・・と探してみると、有りました!!

それが、「ロッドにクルクル」です。

バスプロを初めとするアングラーの方々の動画でこんなシーン見たことないですか?

・回収したルアーをリールやガイドに掛けた後、ロッドをクルクル回す。

・キャストする直前、ロッドの周りでルアーをクルクル回す。

そうです・・・これが「ロッドにクルクル」です。この「ロッドにクルクル」は非常に単純な動作ながら、複数タックルの運搬時には絶大な効果を発揮していたのです。

 

スポンサーリンク

ロッドにクルクルでトラブル激減

それでは、トラブルを激減させてくれる「ロッドにクルクル」の方法をご紹介致します。

ロッドにクルクルのやり方

まずは、キャストしたルアーを回収します。

1、回収したルアーをルアーキーパーか第一ガイドの足に掛けます。

リールに掛けても出来ますが、ライン放出部分に傷が付くのがイヤな管理人は、第一ガイドの足かルアーキーパーに掛けています(^_^;)

2,第一ガイドと第二ガイドの間に有る、ライン同士の間に手を差し込みます。

3,ロッドを二回ほどクルクルし、ルアー側ラインを第二ガイドに引っ掛けます。

ほらね、簡単です。

動画を撮ってみました(^_^;)

ロッドからラインが浮くことも有りませんし、ラインが緩むことでルアーが外れて暴れ回る可能性も低減できます。

ロッドにクルクルはリールにとっても優しい

「ロッドにクルクル」はトラブルを激減させてくれるだけでは無いんです。

一日の釣行の最後に「ロッドにクルクル」をした後は、リールのドラグをユルユルに緩めて下さい。

リールを保管する際にドラグを緩めることは大切なことですが、ロッドに装着したまま普通にドラグだけ緩めてしまうと、ラインのテンションが抜けてしまい、ルアーが大暴れです。

この「ロッドにクルクル」を行って頂くことによって、ラインは緩みにくくなっている状態ですから、安心してリールのドラグを緩めて保管できます。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

ロッドにクルクルすることで、ロッドを持ったままの移動時のトラブルを防げるだけで無く、ドラグを緩めて保管できるので、リールにも優しくなります。

しかも、「こなれ感」まで出せるというおまけ付・・・(^_^;)

今回の記事が、ロッドの運搬時のトラブルに悩む方やバス釣り初心者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA