ネイルシンカーをネジで代用できないか実験

ネコリグのシンカーをネジで代用

サッカー男子日本代表が、ワールドカップ出場を決めましたね!「最終予選の初戦で敗れたチームの予選突破は困難」というジンクスを打ち破っての快挙です。やっぱりホームゲームでの予選突破は嬉しいモノですね(^o^)

・・・で、そんな嬉しいニュースとは全く関係ないですが、今回のテーマは、これです!!

「ネイルシンカーの節約」

環境負荷を考えるほどの余裕のないド素人ホリデーアングラーの低レベルな実験ですが、ネコリグのネイルシンカーの消耗に悩んでおられる方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

ネイルシンカーとは??

ネイルシンカーとは、ワームに差し込んで使用するためのシンカーです。

ネイルシンカーの用途

ネイルシンカーの用途としては、ワームやスイムベイト等のソフトルアーに挿入し、重量の調節に使用します。ワームやスイムベイトをもう少し深い層で快適に扱うために挿入することが多いですが、アクション時に左右へ傾いてしまうスイムベイトの姿勢を整えるために挿入する場合もあります!

こんな感じですね(^o^)

ネイルシンカーの効果

ワームをノーシンカーで使用しているときに、「あれ?水深が思ったより深くて探り辛い・・・(^_^;)」って時や、スイムベイトが「ん??何だか真っ直ぐ泳いでない・・・」って時に、リグを変えずに重量やバランスを整えることが出来る便利なシンカーです。

バレットシンカーを付けようと思うと、一旦結び直さなきゃいけないですもんね(^_^;)

管理人が普段使用しているネイルシンカー

管理人が普段使用しているネイルシンカーは、ダイワ バサーズワームシンカーTGです。

プロパックだと、容量も多く、値段的にもお得です(^o^)

で、何故管理人がこのバサーズワームシンカーTGのネイルシンカーを選んでいるかというと、

「抜けにくいから」です。

この抜けにくいネイルシンカーに対して、管理人は更に、

100均で売っている瞬間接着剤を一滴垂らしてワームに挿入しています!

ネコリグでの釣果を伸ばすこだわりという記事もございますm(_ _)m

スキッピングを多用しても、ネイルシンカーがほぼ抜けません!

 

・・・ただ、消耗品であることには変わりないんですよね・・・(T_T)そこで、このネイルシンカーをネジで代用できないか実験してみることにしました。

ネジは、ホームセンターに売っているネジを使用しますから、大まかに言ってネイルシンカーの10分の1の単価です。

そのネジでネイルシンカーとほぼ同じ釣果なら・・・ホリデーアングラーの管理人は、ネジに頼ってしまうかも知れません・・・(^^;)

 

スポンサーリンク

 

ネジで代用できるか??

ここからが今回の記事の本題です・・・ということで、早速ホームセンターでネジを購入してきました!

実験に使用するネジ

実験に使用したネジは、この種類です。

ドリルビスの「鍋頭」タイプです。サイズは3.5×16,20,25の三種類です。

ちなみに、3.5×16というサイズ表記ですが・・・、最初の数字(今回では3.5)は頭の大きさで、後ろの数字(今回は16・20・25)という数字はネジ部分の長さのようです(^o^)〔ホームセンターのネジ売り場で店員のおばちゃんが教えてくれました〕

 

ネイルシンカーの代用としてこのネジの種類を選んだ理由

ネコリグやファットイカにセットしたときに、着底する部分となるのが、このネジの「頭の部分」です。ワームの大きさを超えない範囲で、少しでも広い方が良いんじゃないかな・・・という狙いです。

ネイルシンカーの代用として使用するネジの重さ

ネジって、一本当りの「重さ」を書いてくれていないんですよね・・・(^^;)用途が違うのですから当然と言えば当然なのですが・・・(^_^;)

なので、量ってみました!

長さ20ミリの方は・・・79本で104グラム・・・一本約1.3グラム

長さ25ミリの方は・・・67本で101グラム・・・一本約1.5グラム

長さ16ミリの方は・・・15本で15グラム・・・一本約1グラム

普段のネイルシンカーよりも若干軽いですが、これ以上の重さを求めると、サイズが大きくなりすぎるので、断念しました・・・(T_T)

やっぱりタングステンの比重の重さって、圧倒的なんですね・・・(^_^;)

実際にネコリグに使用してみた

実際にネコリグにセッティングしてみました。

マグナムスワンプクローラーへセットしてみました(^_^;)

セット自体は、ネジをグリグリ回してセットするだけなので、超簡単です。

ただ、前回の記事「ネコリグでの釣果を伸ばす一工夫」でもご紹介しましたが、管理人のネコリグ用のワームはこんな感じで事前に下穴が空いているので、余計にスムーズだったのかも(^_^;)

一方で、見た目的には・・・うーん・・・やはりネジの頭の直径は3.5が限界のようですね・・・。

そして、着底後の感触は・・・正直「まぁまぁ」という感じです。ハードボトムであれば、手元感度に不都合はない・・・かな?という印象です。

逆に考えると、手元感覚がゼロという訳ではないので、普通に使えそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サイズ選びさえ間違えなければ、ネジでもある程度代用はききそうです(^_^;)特に5インチ程度以上のワームに1~1.5グラムの重量を足すことが目的な場合には、ほぼネジでオッケーなのでは??という感じです(^_^;)

気になるのはネコリグならぬネジリグ釣果ですが・・・、

カワイイ・・(T_T)

 

アベレージサイズの釣果が出ましたら、また報告させて頂きます!

今回の記事がネイルシンカーの消耗に悩む陸っぱりアングラーの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

注意

ネジリグは、タングステンと比較すれば環境への影響は少ないとは言えません。もちろん、これはルアーフィッシングに全般に言えることだとは思いますが、フィールドにゴミを残さないように、ワームキーパーや太めのラインでラインブレイクを防ぐ等の配慮が出来る場合は、その方が望ましいと思いますm(_ _)m

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA