ボウズになった日、デコった日の夜の過ごし方

バスフィッシングを趣味とする私達が、年に数日、避けて通れない日があります。

一日中キャスト練習をしただけになってしまった日。

地球しか釣れなかった日。

ボウズ嫌い・ノーフィッシュ反対・デコり撲滅

本日は、このテーマでお送りしたいと思います。

 

ボウズになってしまった日に、このような過ごし方をすることで、次の釣行ではバスに触れる、そして、次のノーフィッシュデーを先送りできるものと信じています。

スポンサーリンク

まずは、落ち着く

これが、一番ですね。言い換えると、凹まないってことです。

レジャーフィッシングは「自然との遊び」です。

毎回釣れる方が、むしろ「自然」です。

釣れなかった理由はシンプル

釣れなかった日は、釣れた日と必ず何かが違うはずなのです。

「魚がそこに居なかった」から釣れない。

「そこに居てもルアーに反応しなかった」から釣れない。

大きく分けると、この二つしか「釣れなかった理由」は無いのです。

 

そこに居なかった理由を考えてみる

バス釣りの上手い人達は、バスを探すのが上手い人達だと思っています。

前回の釣行で釣れた場所へ様々なルアーをキャストしているのに、今日は釣れない・・・。

そんな時は、移動するしかないのです。

そして、前回の釣行との差異を探します。

前回よりも気温が低い・高い。

前回よりも流れが弱い・強い。

前回よりも水の色が済んでいる・濁っている。

虫が飛び回っている・いない。

これらの変化が、きっと有るはずです。

ルアーに反応しない理由を考えてみる

そこら中でバスが泳ぎ回っているのに釣れない・・・。

そんな時は、自分の投げたルアーが合っていない可能性があります。

試していないルアーローテーションは無かったか、考えてみます。

(ルアーローテーションの記事は別記事でも細かく書いております(*^_^*))

 

バスの居る層が違うのでは?

(ワームじゃ無反応でも、トップにはガンガン出ることも有りました(^_^;))

今日は縦の動き・横の動きが好きなのでは??

(リフト&フォールでは無反応なのに、タダ巻きだとヒットすることも多いです。)

カラーが見えにくい・派手すぎるのでは??

(ウォーターメロンからチャートに変えて爆釣って場合や、その逆も有りました。)

アクションが速すぎるのでは??

(いわゆる「ほっとけメソッド」の方が効く日も少なくありません。)

サイズが大きすぎる・小さすぎるのでは??

(6.5インチから2.9インチにワームを変更すると、いきなりバスのサイズがアップしたことや、5.5インチではノーバイトだったのに、4インチに変えると立て続けにバイトが得られたことが多くあります。(*^_^*))

スポンサーリンク

コンフィデンスルアーで勝負したか?

最後に持ってきてしまいましたが、管理人の中では、これが最大の反省点です。

それは、「自分の釣り」を出来たのかどうか・・・ということです。

自分が最も信頼できるルアーを投入して釣れなかった場合だと、

「今日は俺が釣るべき魚は居なかった」

という気持ちになれます。

 

まとめ

休日に、やっとバス釣りに行けるのですから、どうしてもバスに触りたい気持ちは皆同じです。

釣れなかった日は、次はバスに触れるように、可能性を高めていきましょう!

 

一方で、バスフィッシングのゲーム性の高さは、アングラーの自由度の高さだと思っています。

 

今日は野池では釣らない。

今日はライトリグは使わない。

トップウォーターオンリー!

自分のスタイル万歳です。

 

釣り方を縛ると、なかなか釣れないからこそ、釣れたときの興奮が病み付きです。

自分自身のスタイルを持って、自然に遊んで貰いましょう(*^_^*)

そして、釣れた日も、釣れなかった日も、

フィールドを綺麗にして、フィールドを残していきましょう(^o^)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA