ロッドホルダーを使わずワンピースロッドを車に収納してみた

2018年、絶賛ノーフィッシュの岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回は、まだまだ付き合いの浅いブラックレーベル742MHFSの運搬方法について管理人の中で一応決着したのでご紹介させて頂きます。

ワンピースのロングロッドを購入したけれど、運搬方法に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

ブラックレーベル742MHFSの長さ

ロッドの表記はメーカーごとに方法が違うので、一応ご紹介させて下さい。

DAIWAのロッド表記は、長さ+ジョイント数を数字で表した後に、アクションと種類を英字で表現します。(メジャークラフトも同様の表記方法ですね。)

ブラックレーベル742MHFS

・・・ということで、ブラックレーベル742MHFSを例にとって見ていきますと・・・。

742という数字部分は、7フィート4インチの2ピースですよという表現です。

MHFSという英字部分は、MHアクション、(F)ファーストテーパーの(S)スピニングロッドですよということになります。

 

で、このブラックレーベル742MHFSは、「2ピース」といっても、ロッドの真ん中付近で2つに分割できるわけでは無く、「バットジョイント」という竿の根元の持ち手部分だけが外れるタイプのロッドです。

・・・はい。

簡単に言うと、「ほぼほぼ長さは変わらないですよ」ということです(-_-;)

 

コンパクトカーでも載せられるという点では、この「バットジョイント」の恩恵は凄まじいものだと思います。

 

・・・でも・・・。

管理人は、自覚していますが、かなり変な考え方をしておりまして(T_T)

ロッドは通常は車に積んでおきたい。

しかも、邪魔にならないように積んでおきたい。

さらに、欲を言えばリグッたまま運搬したい。

でも、ロッドホルダーは装着したくない。

・・・こーいうことを考える我が儘な男なわけです。

なので、過去にはこういった積み方をしていました。

6フィート10インチまでなら、このように積めるわけです。

・・・運搬の安全性や、ラインへの干渉の可能性、後部座席が一部常用不能ということも考えれば、素直にロッドホルダー買えよ・・・という話なのですが(^_^;)

 

ロッドホルダーを使いたくない理由

それでもロッドホルダーを使いたくない理由があったのです(-_-;)

どうしてもロッドホルダーを使いたくない理由はコチラの記事をご覧頂けると嬉しいです。

・・・もはや、ただの意地です。

 

そして辿り着いた着地点

・・・そんな意地っ張り男ですから、試行錯誤してみるのですが、どうも上手くいきません。

マジックテープとスポンジで自作しようかと考えましたが・・・それならロッドホルダー買えよ!!と自分でツッコミ入れて却下・・・。

諦め掛けていたその時です。

後部座席のアシストグリップに・・・挟めそうだと気づきました(@_@)

 

 

写真では、グリップを外して車に装着していますが、グリップを装着したままでも余裕で車に装着できました(*^_^*)

 

・・・内装の柔らかい部分でロッド全体をカバーできるので、今のところ問題は無さそうです!!

しかも、窓枠よりも下側にロッドが来ないため、頭上付近でロッドが邪魔になることもありません。

さらに、アシストグリップにピッタリ沿うので、かなりスッキリ収納できていると思います。

 

ロッドホルダーを購入することが、絶対にベストな運搬方法であることは間違いないと思います。

ただ、もし万が一、管理人と同じような理由でロッドホルダーに抵抗がある方は、ロッド破損は自己責任で、一度検討してみるのも面白いと思います。

個人的にはかなり気に入っていますので、恥を承知でご紹介致しました(@_@)

 

そんな管理人が満足できる一風変わったニーズ対応なロッドホルダー・・・出てこないかなぁ・・・。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA