おかっぱりでのダウンショットリグを快適にするアイテム

ベイトリールでPEラインを快適に使いたい。そして、「ベイトリールにPEライン」というタックルセッティングだからこそ活きてくるリグが、「ダウンショットリグ」や「ネコリグ」です(^^)/~~~

そこで今回は、ベイトリールにPEラインというセッティングの方には特にオススメのダウンショットリグを快適にするアイテムをご紹介致します。

もちろん、「ベイトリールにPEライン」というセッティングの方ですら便利なのですから、ナイロンラインやフロロカーボンラインを巻いたおかっぱりアングラーの方にもオススメです!

スポンサーリンク

ダウンショットリグは釣れる・・・けど。

今更ですが、ダウンショットリグって釣れますよね。ネコリグ投げても、ダウンショットリグ投げても釣れない・・・そんな時は「ここにバス居ないんじゃないの??」とすら思えてきます。

ただ・・・ダウンショットリグって、リグるのが面倒なんですよね(-_-;)

専用タックルなんて持ち歩けない

ダウンショットリグの専用タックルを用意して持ち歩くことが出来れば良いのですが・・・おかっぱりで??と感じてしまいます。

ただでさえ持ち歩くタックル数を減らしたいのに・・・。いくら釣れるといえど、専用タックルを持ち歩くほどダウンショットリグを愛してはいません(^_^;)笑

ダウンショットリグのためにラインを細くしたくない

そして・・・ダウンショットリグを快適に扱いたいがためにメインラインを細くしてしまうと、他のルアーが快適に扱えなくなってしまいます(-_-;)

これじゃあ、専用タックルの方がマシですよね。

・・・ということで、便利アイテムを探し求めていた結果がコレです。

リングオフセットがめちゃくちゃ便利

 

モーリス(MORRIS) NEW HMリングオフセットです。

これが、どのように便利かと言いますと、

これが本体です。オフセットフックに、リングを介してスイベルが連結されています。

このリング部分に、ダウンショットのリーダー部分を作成して繋ぎます。(理想は釣行前にここまでしておくと、現場でめちゃくちゃスムーズです。)

大切なのは、「リング部分に繋ぐ」って部分です。理由は後程(^o^)

はい。スイベル部分にはメインラインを連結します。リーダー部分をリングに連結したのは、これが理由です。

スイベルによって、糸ヨレが解消されます(^^)/~~~

こんな感じですね。

あとは、ワームをセットして・・・、

PEラインを巻いたベイトリールにMHのロッドでも快適にキャスト出来ます。

スピニング並に飛距離は出ますし、感度はPEラインなので最高です!

リングオフセットが便利なポイント

リングオフセットを使用することで、

メインラインの種類や太さに左右されずダウンショットリグを扱える

スイベル付なのでヘビダンの際の糸ヨレも気にならない

ルアーチェンジの際は、スイベル部分より下はそのまま保管できる

個人的には、相当に気に入っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の便利グッズを使用することで、ダウンショットリグへの結び替えの手間を大きく削減することが出来ます。

特に、PEラインを巻いたベイトタックルでヘビーダウンショットリグを投げる際には、リーダーを多く消費してしまうことが心理的な抵抗にもなり得ます(^_^;)

面倒だからダウンショットリグはやめておこうかな・・・。

オカドバ管理人自身、そんな気持ちを感じていたので、探していた便利グッズでした。

今回の記事が、おかっぱりというロッド本数の限られた状況で、もっと快適にダウンショットリグを扱いたいと考える方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA