おかっぱりでは必須のラバージグのセッティング

やっと天気の良い週末を過ごすことが出来ました。岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です(^o^)

今回のテーマは「ラバージグのガードのセッティング」です。

おかっぱりでラバージグを投げてみたいとき、ちょっと思い出してみて貰えたら幸せです。

 

スポンサーリンク

 

ラバージグはおかっぱりでは根掛かり多くない??

管理人の大好きなルアーの一つであるラバージグやスモールラバージグ。

それと、チャターベイト(ブレーデットジグ)です。

ただ、困ったことがひとつ・・・。

根掛る日は、それはもう・・・地球しか釣れない!!!

おすすめのガードのセッティング方法

地球ばかりフッキングする・・・そんな日々に辟易した管理人が辿り着いたガードのセッティングは・・・。

V字開き & 接着剤

です(@_@)

はい。画像を載せてみましたが、ほぼ分からないですね(^_^;)

フック側から見て、フックポイントを避けるようにV字に開きます。

上から見ると、このようなイメージです。

更に、このカタチにガードを開いた上で、ガードの根元に接着剤を垂らして・・・固定します。

・・・フックポイントを避けて・・・大丈夫か??

そう心配になりそうですが、フックポイントを敢えて避けることで、フッキングの妨げにならないように工夫しています。

 

根掛かりでリズム崩れる・・・そんな格好いい表現は使えませんが、根掛かりで大切なルアーを無くしてしまうのは精神的にキツいじゃないですか(T_T)

ちょっとした工夫で根掛かりが減らせるなら・・・試してみて頂けましたら幸いです(*^_^*)

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA