岡山・倉敷野池での陸っぱりバス釣りタックル論

【2017.12.12追記】

新品のラインを購入して数投したものの、やっぱり合わない・・・。

そんなアホ行動を繰り返した結果、

家には中途半端に消費したラインが散乱している管理人です・・・(^_^;)

 

そんな、「好奇心は強いが、好き嫌いも激しい」ド素人アングラーの管理人ですが、

地元岡山・倉敷の野池での釣行にオススメのタックルが纏まりつつありますので、纏めてみたいと思います。

もちろん、初心者向けの記事ですので、ご自身のスタイルを確立されておられる方には、全くお役に立てない自信があります(@_@)

それでは、書いてみます。

岡山・倉敷野池での陸っぱりバス釣りタックル

 

スポンサーリンク

岡山・倉敷野池の特徴

まずは、岡山・倉敷野池の特長を管理人なりの目線で纏めてみたいと思います。

岡山・倉敷野池の立地

岡山・倉敷の河川や野池は、そのほとんどが数個の野池が纏まって立地しています。

例えば・・・、

倉敷IC付近の野池群

玉島IC付近の野池群

粒江付近の野池群

箕島付近の野池群

という様に、野池群から別の野池群までの距離はありますが、纏まって存在している状態です。

ただ、嬉しいことに、これらの野池群は、高速道路のインターチェンジ付近や幹線道路沿いに多く立地しており、アクセスは非常に良く、便利に釣り歩くことは可能です。

ただ・・・これは車で移動できるアングラーに限りますね(^_^;)

岡山・倉敷のバスフィールドの足場環境

陸っぱりで最も重要なのは、釣果もそうですが、何より「足場環境」です。

どの野池も足場環境は整っていると言っても良い状況ですが、

彼女やお子さんとバス釣りに行っても困らない足場環境をお探しの場合は、下記の場所が便利だと思いますよ(*^_^*)

高梁川【特に船穂橋付近】

足守川【特に総社IC付近】

倉敷川

吉岡川

増原池【夏期の減水時限定】

一尺谷上池・中池・下池【上池・下池はお子さんは危ないかも】

 

足場が良いということは、地域の方々のおかげだと言うことです。

迷惑駐車やゴミ、挨拶は最重要項目です(*^_^*)

駐車場からフィールドまでの距離

岡山・倉敷の野池や河川は、その多くがフィールドのすぐ近くまで車で近づけます。

これは何かと安心ですよね。

岡山・倉敷野池での陸っぱりバス釣りタックル

やっと本題です。

岡山・倉敷野池でのオススメタックルは・・・・。

 

「倉敷市からの高梁川陸っぱり釣行」以外なら、どのようなタックルやリグでも楽しめます!

はい・・・高梁川のおかっぱりは、ライトリグのみでは厳しい印象です。

 

・・・といいますのも、岡山・倉敷市はバス釣りの楽しめる小~中規模フィールドが多い一方で、高梁川の陸っぱりではサーチ力がモノを言う感じです・・・。

高梁川での50UP

タイミングさえ合えば、ピンスポット攻略も可能な高梁川ですが、やはりサーチ力は欲しいですね(^_^;)

 

ただ、岡山県のバスフィールドは「駐車できる場所」がフィールドと近い場合が多いので、

プラグ用のタックルで一通りチェックした後、車に戻り、スピニングに持ち替え、再度、有力場所をネチネチ探る。

こんなことが特にストレス無く出来てしまうフィールドが多いのです。

スポンサーリンク

管理人のオススメのタックルは・・・?

 

「自由でOK」が一番困りますよね・・・(^_^;)

そこで、管理人のオススメのタックルをご紹介致します。

基本は、MかMHのロッドのベイトタックル

ラインはナイロン、フロロカーボン共に12~14ポンドが便利ですね!

と言いますのも、岡山・倉敷野池での陸っぱりでは特にゴチャゴチャしたストラクチャーもない上に、ライトリグでしか釣れないなんてフィールドはありません。有名な倉敷川でもPOP MAX等のトップウォーターでガンガン出ます。(今時ポッパー投げてる管理人が珍しいんだと言われて妙に納得しました(^_^;)・・・一周回って珍しいルアーになっているのでしょうか)

で、「何故、ナイロンラインも選択肢に入るのか?」ってことですよね??

もちろん、「フロロカーボン」でも良いのですが、トップウォーターでも楽しく釣れるので、どうせならナイロン巻いてトップも投げましょうよ!・・・という意味です(^o^)

上記のタックルで許容ルアー重量さえ守れば一通りのことは全て出来ます。

上記のタックルで反応してくれるバスを探せなかった時には、

MLのロッドにPE0.6号のスピニングタックル

若しくは、

PE1~1.5号のベイトタックル

これらのタックルでダウンショットリグやネコリグ等のライトリグで探る釣りにシフトします。

 

・・・岡山・倉敷のフィールドでライトリグ投げた時点で、ほぼボウズは回避できます。

激スレと言われる倉敷川でも、ライトリグを投げる覚悟さえ出来れば、ボウズは回避できます。

オカドバ管理人は、何の躊躇も無くライトリグ投げてます(^_^;)

 

 

月に多いときには20日間ほど釣行しているド素人管理人ですが、

バスに触れない釣行の方が珍しい位です。(・・・秋口に急に魚の反応がなくなる期間があります・・・ターンオーバーってやつですかね(^_^;))・・・それでも、岡山県は恵まれたフィールドですね。

 

他県からお越しの際や、初心者の方が、

岡山・倉敷の池での陸っぱりバス釣りをされる際の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA