バイブレーションを一つだけ持っている理由

おはようございます。ボウズより根掛かりロストが大嫌い。岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回のテーマは「オカドバ管理人がバイブレーションを一つだけ持っている理由」です。

最初に断っておきたいのですが、超オススメのバイブレーションプラグをご紹介するという主旨の記事ではございません(^_^;)

 

スポンサーリンク

バイブレーションプラグとは?

バイブレーションプラグとは遠投性ピカイチのハードプラグです。

はい。こんな感じのルアーです。

着水後は水に沈むシンキングタイプが多いですが、シンキング以外のタイプも存在していたりします。キャストして、狙った層を巻いてくる。ある意味でシンプルで奥深いルアーです。

遠投性能とそのサーチ力から、おかっぱりでは重宝するルアーなのです(>_<)

・・・なのですが、陸っぱり専門のオカドバ管理人は一つも持っていません!!

・・・持っていませんでした!!

その理由は・・・(^_^;)

タダ巻きって難しくないですか??

オカドバ管理人はタダ巻きが苦手なのです(T_T)一定速度でリーリングすることが苦手で苦手で・・・(T_T)

根掛かりの回避方法が思い浮かばない

水中の障害物に絡ませながらも根掛かりを回避する。そんな相反するような操作をしたい訳なのですが・・・フローティングタイプのルアー、例えばクランクベイトなどはその動作をイメージしやすいのです(^_^;)

リーリングを止めれば、浮き上がりますもんね。

でも・・・シンキングタイプのルアーって、止めたら最後・・・沈んじゃうじゃないですか(@_@)!!

今は手元に無いプロップベイトを思い出しながら遠い目になります。

・・・根掛かりを嫌って焦ってリーリングする・・・そして釣れない。

15年前にこの無限ループに嵌まってしまった結果、バイブレーションからは距離を置いていたのです・・・(T_T)

バイブレーションプラグを一つだけ持っている理由

15年間の沈黙を破り、とうとうバイブレーションプラグを保有するに至りました・・・。

理由としては、「付いてきたから」です。

強いラインを使う副産物

管理人は、ベイトタックルにPEラインを巻いてライトリグを投げています。

この日も、ネコリグでボトムを探っていたのですが・・・、

気のせいか手元にじんわりと重みが・・・(@_@)

 

この感じ・・・!イイサイズなんじゃない??

 

一呼吸置いて、フルフッキング!!

・・・一瞬竿先に重みが乗りましたが、ブルブルっとネコリグが振動するような感触を残し、テンションがほぼ抜けました。

・・・・フッキングミスったー(T_T)

そう思いながら回収してくると、ワームに何か付いています。

・・・うぉ!!ギルのスレ掛かり??

暗い時間帯ですから、ワームに小ギルがスレ掛かりしたように見えたのですが・・・。

 

・・・ん??

 

・・・・・んん??

レベルバイブ(?_?)??

これって、有名なバイブレーションじゃない??

 

 

はい。何度も雑誌や釣具屋で目にしたハードプラグです。

しかも、新しい・・・。

つい最近どなたかがロストしたルアーだと思われます。

 

PEラインの直線強度の強さが生んだ思わぬ副産物ですね。

思えば、少々太めのラインを巻いていることが多いため、今年だけでも4つ??だったかな・・・根掛かりルアーの回収は目珍しくない管理人です(^_^;)

PEラインを組んだタックルであれば、ネコリグですら根掛かりルアーごと回収出来ることもあるようです(^_^;)

 

以上、お付き合い下さいましてありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA