リールを増やすか、スプールを増やすか、それが問題だ。

バスフィッシングには最高のシーズンなのに、

仕事の合間に行くには汗かきすぎで後の仕事に支障が出るし・・・(^_^;)

かと言って夕方はどこのフィールドもアングラーが多い・・・。

この時期はソワソワが止まらない管理人です(@_@)

今日のテーマは、

リールとスプールは、どちらを追加すべき??

でお送り致します。

 

スポンサーリンク

陸っぱりアングラーの永遠のテーマ

陸っぱりアングラーの気になるテーマと言えば、

「飛距離」と「機動力」だと思います。

・・・本稿では、そうさせて下さい(T_T)

 

飛距離

陸っぱりからバスフィッシングをするとなると、

足場の立地が限定されるということになります。

ボートのように、

ポイントに対するベストな立位置

ポイントまでのベストな距離感

の確保が容易ではありません。

 

・・・もちろん、

立位置の工夫の面白さは、陸っぱりの面白さの一つですし、

飛距離だって15メートルも飛べば十分魚は釣れるでしょう。

 

でも、でも・・・飛ばないより、飛んだ方が、

楽しいじゃないですか!!!(^^)!

ということで、「飛距離」は重要テーマです。・・・にさせて下さい。

 

機動力

ルアーに対するベストなタックルセッティングは、もちろん有ると思います。

なので、巻物用とかワーミング用とか、理解できます。

ただ、陸っぱり専門アングラーは、持てて2タックルです。

(・・・5本以上持ち歩いている方を見かけたことは有りますが・・・。)

 

で、その2タックルの選択にめっちゃ苦慮します。

さらに、可能で有れば、1タックルで臨みたいのです。

 

で、辿り着いたのが、

「1本のメインロッドにリールを2つ用意して付け替えれば良いじゃん!」

という短絡的思考です。

スポンサーリンク

リールを増やすメリット

ルアー重量で使い分けられる

リールによって、使用するルアーを分けるということが出来ます。

例えば、管理人の場合だと、ロッドはMHパワーのもの1本で、

ネコリグやスモラバ、軽量プラグはSSAIR

テキサスや高比重系ワームとプラグはジリオンSVTW

というような感じです。

 

ルアー重量で自分にとって扱いやすいリールを変えるイメージです。

 

・・・ところが、ここで問題が出てきます。

 

重量だけでは分類できない場合が・・・。

はい。

トップウォータープラグとワーミングです。

・・・どういうことかと言いますと、

トップウォータープラグは、PEかナイロンで使いたい。

訳ですが、

ワーミングはフロロの方が気持ちいい。

・・・こんな欲求が湧いてきます・・・(=_=)

 

こうなると、ルアー重量のみでは分類できなくなります。

スプールを増やすメリット

・・・ということで、そんな我が儘アングラーの選択肢は、

「スプールの追加」ということになるのです。

これで、ルアー重量と種類による使い分けが出来ます。

 

・・・・(@_@)!!

 

・・・ちょっと待って下さい。落ち着きます・・・(´д`)

管理人と同じような

「リールを増やしただけでは飽き足らない我が儘アングラー」の視点

ばかりで書いていました。

 

リールかスプールなら、どっち増やす方が便利??

 

この視点を完全に放置していました。

 

えっと・・・。

スプールのみを追加購入するメリットは、

  • 荷物がかさばらない
  • リール自体の購入より安価な場合が多い

ということですよね。

スプールを交換すると、従来の性能が大きく変わることもあります。

例えば、

ジリオンSVTWをフィネス寄りで使うことも、まぁまぁ快適に出来ます。

その辺りのインプレは別記事をご覧下さい。

 

・・・ただ、SSAIRと同じくらい快適か?と問われれば、

全力で「NO!!!」です。

 

7グラム以上のルアーやリグをメインで使うけど、

ほんのちょっとだけ軽量ルアーも扱いたい。

割合は9.8:0.2だ。

 

位の方でなければ、SSAIRをオススメします(^_^;)

「快適さ」がやっぱり違いますから。

 

 

まとめ

管理人も、正直まだまだ試行錯誤中です。

写真のように、スプールの追加購入も試してみましたが、

「十分扱える」と「快適に扱える」との間には、

めちゃくちゃ大きな壁があるように思います。

・使用するルアー重量の幅が狭い

ラインの種類が問題なので「スプール追加」一択かと。

・使用するルアー種類の幅が狭い

キャスト性能の違いが問題なので「リール追加」がベストかと。

 

こんな感じでベストセッティングを探すのも、

陸っぱりアングラーの楽しみだと受け容れて、楽しんで悩みたいと思います!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA