手が悴んで、細かな作業が全く出来なくなるまで釣りをやめようとしない岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回のテーマは「真冬にオススメしたいネコリグやワームへの1つの工夫」です。

「真冬にもバスを釣りたい」そんな気持ちを抑えられない管理人と同じく釣り中毒(褒め言葉だと信じています(^_^;))な方々の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

魚を釣るために必須の条件

真冬であろうが、目の前の水中に魚は居ます。

ただ・・・・管理人のルアーが「届いていない」若しくは「反応しない」だけなのです。

・・・だって、暖かい時期には、その水辺で釣れていたんですもん(T_T)

魚はその水中にいるはずなのです!!

・・・ということで、突き詰めて考えれば、「水中にルアーが存在している」ってことが大切なわけです!!

キャスト回数が大切なのはそういう観点でもあるわけですよね(^_^;)

 

・・・ということで、管理人がおこなっている工夫をご紹介したいと思います。

 

事前にリグっておこう

これです。

事前にリグっておこう

お恥ずかしながら、管理人の現時点のタックルボックスです。

ネコリグ用のワームは、既にフックセットを終えた状態でボックスに収納されています。

ネコリグ

このように、スナッグレスネコリグのように針先が隠れているリグに関しては、事前に全てリグっています(^_^;)

他にも、管理人の大好きなファットイカのようにオフセットフックを使用するリグも全て事前にリグっています。

名付けて・・・「事前リグ」です(@_@)

・・・・何でも無いです。忘れて下さい。

 

スポンサーリンク

 

事前にリグっておくことのメリットと注意点

それでは、事前にリグっておくことのメリットと注意点をご紹介致します。

メリット

メリットは結構多いです。

「キャスト回数が増えること」と「ルアーを水中に入れている時間が増えること」に加えて、「綺麗にリグが作成できる」ということです。

特に真冬の夕方に現地でリグることを想像してみて下さい。

悴む指で、暗い中・・・・もはや修行です。

 

注意点

注意点は、フックが劣化する可能性があるという点です。

特に高比重のワームを事前にリグる場合には、翌日キャストするであろう分だけリグることをオススメします(*^_^*)

真冬にオススメしたいネコリグやワームへの1つの工夫 まとめ

いかがでしたでしょうか?

事前準備は楽しいですし、釣果にも繋がる一工夫だと思います。

是非、楽しんで試して頂けましたら幸いです(*^_^*)

 

スポンサーリンク