〔2017.10.4初投稿 2018.1.10タイトル修正及び追記〕

以前に書いた記事ですが、ブラックレーベル742MHFSのインプレ記事でひでたろう様よりコメント頂けたことに感激し、再度掲載させて頂きます。

 

またまたギックリ背中で動けない状態の管理人です。普段の仕事はスーツなので、大げさなコルセットも出来ず・・・悩ましい限りです。

今回のテーマは、高品質なロッドに感じるド素人ホリデーアングラーの不満です。

こういう観点が、バス釣り業界を更に盛り上げると思ってやまない管理人です。

 

スポンサーリンク

高品質なロッドの条件は多いですが・・・。

高品質なロッドの条件は多いですよね。特に、多くの方にとってバスフィッシングは趣味の分野ですから、「感性」「所有感」という面での需要も多くなります。

感度、強度、装飾・・・etc…

ロッドの値段は、そこに掛けられたコストが適正に反映されているとして・・・・ってそんなことを書きたいわけではないのです!!

何故、高品質ロッドから、この条件が外れるのか!!

このことを書きたかったのです。

何故、高品質ロッドは「1ピース」ばかりなのでしょうか??(T_T)

 

・・・いや、もちろん、ロッドとして性能を突き詰めたら「継ぎ目」が無い方がイイに決まってます。

でもね・・・。

100%の性能のうち数%を妥協してマルチピースに出来ないでしょうか??

3つや4つになんて言いません、せめて、2ピースロッドは無理ですか??

 

グリップジョイント程度では、結局持ち運びに不便なのです。

強度に惚れ込みブラックレーベル742MHFSを導入したものの、運搬が地味にストレスです(-_-;)

車にロッドホルダー付けるほどの覚悟がないアングラーも大勢居ますよね??

 

スポンサーリンク

 

この条件で有れば高品質ロッドはもっと売れる。

ダイワであればブラックレーベル等、中堅価格帯のロッドまでは、2ピースを用意して欲しいのです。

これだけで、もっとバスフィッシングは栄えますよ・・・。

1ピースロッドを躊躇無く買えるアングラーは、いずれハイエンドモデルを欲しますよね??

ハイエンドモデルの違いを本当の意味で感じ取れるほどのアングラーは、バスフィッシングに相当に愛情を注いでいるアングラーですから。

 

一方で、オカドバ管理人を初めとする、ド素人陸っぱり専門バサーはと言いますと・・・。

入門モデルと中堅モデルの差程度までしか実際には分からないレベルのアングラーが多いハズなのです・・・!!

そんなアングラーだって、中堅モデル・・・買いたいじゃないですか(T_T)

 

でも・・・でも・・・中堅モデルって、ほぼほぼ1ピースなんですよ(T_T)

 

バスフィッシングは好きだ!!

でも!!

バスフィッシング出来ない時間だって多いんです!!

 

そんなアングラー達だって、意外と購買力、あるんですよ??

 

 

バスフィッシングだけで生活できている人は、プロと言われる人でもごく僅かだと聞きます。

 

初心者やホリデーアングラーを置いてけぼりにしないことが、バスフィッシングの裾野を広げることになると思うんです。

 

偉そうなことを書いてしまいましたが、とっても勿体なく感じていることなので書きました。

 

スポンサーリンク