ジリオンSVTWでベイトフィネスをしたい人にオススメしたい方法

ジリオンSVTWでベイトフィネス

そろそろ動画も採り入れてみようかなとアクションカメラを購入したものの、

人目が気になってしまうので、スマートに体に固定する方法に悩み、

結局アクションカメラを持たずに釣行している管理人です。

 

半信半疑なまま注文した海外製軽量スプールが、

とうとう手元に届いたので、インプレしてみたいと思います(^_^;)

・・・と、いうことで、今回のテーマは、

ジリオンSVTWをフィネス寄りで使いたい

でお送り致します。

 

スポンサーリンク

 

何故ジリオンSVTWをフィネス寄りで使いたいのか。

ジリオンSVTWの特徴

ジリオンSVTWの特徴は、何と言っても、「タフ」さと「快適さ」です。

通常使用するルアー重量であれば、ほとんど快適に扱えます。

しかも、初心者である管理人レベルでのお話です。

ジリオンSVTWに感じた不満

ほとんど快適に扱える汎用性の広さは魅力的なのですが、

管理人にとっては、その「汎用性の広さ」がしっくりこない部分もありました。

 

それは・・・、

管理人は、「使いたいルアーが少ない」ということなのでした。

管理人が快適に使いたいルアーは、

 

  • ワンズバグ~シャワーブローズまでの重さのトップウォータープラグ

最小はエバーグリーンのワンズバグですが、ど真ん中がPOP MAXな感じです。

  • ファットイカ
  • 5インチクラスのワーム+1.3グラムのネコリグ
  • 3.5~5グラムのスモラバ

 

という感じです。

ホント・・・統一性が無いですね(^_^;)

 

でも、好きなモノは仕方が無いので、

こんな感じで使い分けをしていました。

 

  • ジリオンSVTW【ナイロン12ポンド純正スプール】

トップウォータープラグ

  • ジリオンSVTW【フロロ10ポンドRCS1000スプール】

ファットイカ

  • SSAIR【フロロ8ポンド】

ネコリグスモラバ

 

ネコリグやスモラバは、ジリオンSVTWにMHのロッドだと、

管理人レベルの技量では、

「気を遣って投げる」という状態になってしまいます。

なので、

ジリオンSVTWをMHのロッドと合わせ予備スプールを持ち歩くことによって、

ファットイカとトップウォーターを守備範囲として1タックル。

ネコリグとスモラバはSSAIRという2タックル体勢を採っていた状況です。

 

・・・ですが、

究極的には、1タックルで臨めたら、楽ちんじゃ無いですか(=_=)

使わない方のタックルを地面に置くのも気になりますし、

ロッドホルダーという手段も有りますが、

やっぱり何だかロッドの存在自体が気になってしまいます。

・・・ということで、

 

スモラバ~ファットイカを快適に扱いたい!!

 

そういう欲求に突き動かされます。

 

スポンサーリンク

 

軽量スプールを購入するまでの経緯

今回の海外製軽量スプール導入までには、試行錯誤がありました。

ロッドの固さや長さで工夫する

ロッドの固さをMやMLで投げてみましたが、こんな印象でした。

 

キャスト:投げやすさはあまり変わりませんし、飛距離もさほど変わりません。

フッキング:柔らかいせいなのかファットイカのフッキングに苦心します。

ファイト:MHの方が断然ラクに寄せられます。

 

・・・ということで、ロッドはMHを使いたい!!ってことに落ち着きました。

ラインの太さや糸巻き量で工夫する

 

次は、ラインとスプールに着目してみました。

 

純正スプール+フロロ10ポンド

純正スプール+フロロ9ポンド

RCSスプール+フロロ10ポンド

RCSスプール+フロロ9ポンド

 

これは、前の記事の結論ですが、

「スプール総重量を軽くしないと、いけないな」に到達します。

海外製軽量スプールにすがる

 

ということで、購入に至りました。

手元に届いた状態は、結構イイ感じでしたよ。【詳細は別記事で】

軽量スプールで実釣

いよいよ実釣

ブレイゾンとは色味の関係で手持ちのRCS1000の方が合いますね。

(ちなみにこの海外製軽量スプールにも、金色の設定はありました。

フィネス=赤でしょ!とAIRスプールもどきの気分で購入したので、

ついつい赤色を選んだ自分のアホさに笑えます。)

 

キャストした感想を率直に表現すると、

「慣れたらめっちゃ扱いやすい!!」です。

ネコリグもスモラバも以前より快適に扱えますし、

ファットイカのキャスト(50メートル程度)も気持ちいい感じで決まります(*^_^*)

 

ただ、

「ブレーキ力が若干弱い」ことと、「巻上げ時の異音」が懸念材料です。

まとめ

結論としては、

「買ってみて後悔するようなものでは無かった」です。

ブレーキ力はダイヤルを1つか2つ強めに設定するだけで、

純正スプールと同じくトラブル無しですし、

実際、慣れてしまえばバックラッシュもほぼ起きませんでした。

ただ・・・「異音」がね・・・(´д`)

これが部品同士が馴染むとかで、いずれ収まってくれることを祈るばかりです。

 

DAIWAさん、ジリオンSVTW向けのAIRスプール作ってくれませんかね・・・(T_T)

 

以上、岡山陸っぱり専門ド素人バサーでした。

タックル数の限られた陸っぱりアングラーや初心者の方、

これからバス釣りを始めようかと思っている方々の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメント

  1. キャロル より:

    はじめまして
    私も最近その海外製のスプール買いました。
    自分はスティーズTWに装着して使っているのですが
    巻き上げ時に同じような症状が出ています。(カチカチ、シュルシュル音)
    キャスト時にも若干の音はしますが、特に抵抗はなく飛んでいくのでスプールの変形等では無いと思っているのですが・・・
    何かベアリング交換等の対策はされているのでしょうか?

    1. バス釣り復帰組kaz より:

      キャロルさん
      コメントを頂きましてありがとうございます。
      キャロルさんが購入されたスプールも異音が生じておられるのですね(@_@)
      確かに、スプールが変形してどこかに接触しているというよりは、ギアとの接合部分からの異音のように感じました。
      私はお恥ずかしながら、ベアリング交換等の積極的な対策は取らず、というより、勇気が湧かず、
      そっと棚で眠らせてしまっております(^_^;)
      代わりに購入したRCS1012スプール(G1)にPE88ポンドを半量まで下巻きした上で、当該スプールとの総重量を近づけて使用しております。
      これがなかなか快適でして・・・そのまま使い続けている次第です。
      この度はコメントを頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

*

CAPTCHA