サスペンドのジャークベイトを投げない理由

ジャークベイト

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

今回のテーマは、

ジャークベイトを投げ倒して、やっと気付けたこと

です。

 

「ジャーク後のポーズでバイト!!」

この言葉を鵜呑みに、ジャークベイトを投げまくってみました。

 

使用しているジャークベイト

スポンサーリンク

 

ミノーフラット 110SP

ヴィジョンワンテン

阿修羅

ビーフリーズ

 

上記は全てサスペンドモデルです。

 

実は、サスペンドタイプは、昨年初めて採り入れました。

理由は、「サスペンドモデルって、根掛かりそうで怖い」から。

 

ハードプラグの根掛かりって、一発でテンション下がります。

根掛かり回収機も用意していますが、回収できないことも多いし・・・。

 

何より、回収できなかった場合、

針の付いた固形物を水中や木に放置することになり、危険ですし・・・。

 

自然を使って遊ばせて貰う以上、そこは気になります。

なので、ハードプラグを使う場合は、

トップか、私の技術でも根掛かりを回避しやすいフローティングタイプ

を選んでいました。

 

フローティングタイプだと、

動かさなければ浮き上がりますから障害物を回避できます。

 

スポンサーリンク

 

余談ですが、フローティングタイプのお気に入りはコレです。

DSC_0556

サイドステップ 95 です。

中でも、信頼しているのは「ボーンモデル」!

リップの色が違いますね。

下が通常モデルで、上が浮力の高いボーンモデルです。

 

ふわ~っと浮き上がっている最中に、トゥイッチを入れると、

ピュンッピュンッと横に飛びます。

この瞬間にバスが飛びついてくるのが見えることも多く、

興奮しますよー!!

 

サスペンドタイプのタックル

 

話を戻しますと・・・。

いつもながら、メディア情報に勝手にテンションを上げた私は、

サスペンドジャークベイトで釣ってみたくなったので、投げ倒してみました。

ちなみに、タックルは、

ロッドはM、ラインはナイロン12ld.とフロロ10ld.でした。

 

  • キャストして、着水したら、

私の場合は、まずは、ラインを軽く張り、二回ほどジャークし、

  • 一回、ちゃんと潜らせます

 

  • ここから、2ジャーク+数秒ポーズを繰り返しました。

 

初めは、時折「ゴンッ」と来る感触に、「おーっ!!」と興奮し、

何度か「障害物」に本気アワセをしてしまうほど、未知のルアーでした。

 

それでも、意地になって投げ倒しました。

・・・で、釣果はこちら。

 

 

ボラ?? ニゴイ??

 

3ヶ月ほど投げ倒して、キャッチはこれのみ!!

 

バスも掛けたのですが、足元でフックアウト・・・(T_T)

自分の下手くそ加減に笑えてきます。

 

サスペンドタイプで釣れない理由

 

私の結論は・・・、

障害物や変化についている魚であるブラックバスを狙っているのに、

「根掛かりにビビりながら投げてる時点で、釣れない」

です。

 

根掛かりが気にならないような状況

根掛かりに対する準備を万端にすること

 

これが完備できない以上、

「狙って攻めることが出来ない」

という結論に至りました。

 

何匹か掛けることが出来たバスも、

無心にジャークしていて、不意にバイトしてきたバスです。

 

「釣った」ではなく、「釣れた」感が満載です。

 

・・・ということで、

サスペンドタイプ、辞めます!!

 

肌に合うかどうか、確かめることが出来て、良かったです。

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA