シャッドが苦手な人にオススメ フローシャッド ジャクソン

ベイトフィネスでフローシャッド

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

今回のテーマは、

シャッドが苦手な人にオススメ フローシャッド ジャクソン

です。

 

シャッドと言えば、良く釣れるルアーの1つですが、

スピニング&ライトラインで投げるイメージです。

 

デカいバスが来たら捕れるか不安(@_@)

根掛かりしたら回収はほぼ不可能・・・。

 

管理人はこのイメージのせいでシャッドを敬遠していたわけですが・・・。

 

やっと「投げ続けることの出来るシャッド」に辿り着いたのでご紹介します。

 

おかっぱりでのシャッドのデメリット

まずは、おかっぱりでのシャッドのメリットから。

 

・・・メリットではありません。デメリットです。

デメリットが大きいルアーはいくら釣れるとしてもストレスですもんね(^_^;)

 

シャッドから管理人を遠ざけていた要素・・・。

 

それは、

ライトラインで扱う&根掛かりしたらアウト

というイメージです。

 

おかっぱりでキャストしてリーリングすると、

足元に近づくにつれ基本的には浅くなってきます。

 

ということで、狙いたいポイントに潜行深度を合わせると、

足元ではボトムにリップが常時着いている状態です。

 

土煙を出しながら巻く・・・

それはそれで釣れるのだと思いますが、

限度ってものが有るわけです(・ω・)

 

クランクベイトのように太糸で扱うならまだしも、

フロロ4ポンド~6ポンドって・・・。

 

おかっぱりから使うと、

届かない場所での根掛かりは、恐怖でしかないわけで・・・。

 

それでもシャッドを使いたくて探し続けた管理人。

やっと出会えたのがこのシャッドでした。

 

ジャクソン フローシャッド

まずはジャクソン フローシャッドについて。

 

本当に狙うべきスポットを狙う為に、
従来のシャッドにおいてスタンダードであったサスペンドウェイトではなく
フローティングウェイトを採用。
フローティング専用設計にする事でカバーヒット時の回避能力を高め、
難攻不落なカバーの奥に潜むバスへアピールする事を可能に。
また、高浮力ルアーにありがちなカバーヒット時の「跳ね」を無くす為に、
極限まで削られた薄く広いリップが
水噛みの良いウルトラハイピッチアクションを生み出し「跳ね」を抑え、
根掛りを回避しながらもカバーに食らい付いていく、
カバーシャッディングアクションを実現!!
市村のこだわりをとことん詰め込んだ完全実戦仕様のシャッド...
それが!FLOW SHADなのです!!

引用元:https://jackson.jp/lure/flow-shad/

 

いかがでしょうか。

そうです!ポイントは

フローティングタイプ

だというところです!!

 

いやいや!シャッドはサスペンドでしょ!

 

でもね・・・、

厳寒期に止めて使いたい訳でもなく、

いわば弱いクランクベイトとして

巻いて使うならほとんど一緒ですよ。

 

なら、障害物を浮いて躱してくれるフローティングタイプは、

根掛かりの危険性が格段に下がる

というメリットしか管理人に提供しないわけです。

 

フローシャッドのタックルとアクション方法

続いて、フローシャッドのタックルセッティングと

フローシャッドのアクション方法をご紹介します。

フローシャッドのタックル

ベイトフィネスでフローシャッド

オカドバ管理人は、ミディアム(M)パワーのロッドに10ポンドを合わせ、

ベイトタックルで扱っています。

 

フローシャッドは約5グラムですから、キャストも余裕ですし、

ファストテーパーのウェアウルフでも問題なく良く泳いでくれています。

 

8ポンドと比較すると、気持ちよく投げられるのは8ポンドですが、

飛距離は3メートルも変わりません。

 

バスからの反応は10ポンドにしてもあまり落ちる印象はありません。

 

・・・であれば、10ポンドで投げたいですよね(^^)

OSP パワーダンク 57Fとの比較

ベイトタックルで投げることが出来て、

フローティングタイプのシャッドと言えば、

フローシャッド以外にも、

OSPのパワーダンクがあります。

 

管理人が、パワーダンクではなくフローシャッドを選んでいる理由は、

7.5グラム

という重量です。

 

ここまでウエイトがあると、

管理人の中では、

クランクベイトとの強さのメリハリが自分の中で付けにくいんです(^^;)

 

細かな使い分けをするのも、もちろんアリですが、

持ち歩くルアーを制限するなら、クランクベイトとの差を大きくしたい管理人です。

 

フローシャッドのアクションの注意点

オカドバ管理人はフローシャッドを巻くときは、

ラインとロッドを直角にしない

ということを気をつけて巻いています。

 

ラインを垂らし、ラインを張らないような速度で巻く

 

これだけです。

 

これだけで、ワームで釣れない時でもバスを連れてきてくれています(^^)

 

シャッドを使いたい。

でも・・・苦手だなぁ(^^;)

 

そんな方にこそ、一度試してみて頂きたいフローシャッドのご紹介でした(*^_^*)

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

岸際(Shore)やおかっぱりを愛する全ての人へ

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

そして、

俺はシャローの釣りが好きだぜ!

 

そんな気持ちを静かに自己主張するアイテムがコチラです。

 

ショア好きのための

シャロー好きのための

水辺好きのためのブランド

 

Shore2『ショア-スクエアード』です。

 

ブラック/シルバー

ブラック/ダークグレー

 

各アイテムは全て少量生産品です。


Shore2 -Shore squared2-   オリジナルショップ

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA