セブンイレブンの一斉改装・・・おかっぱりアングラーの疑問

おはようございます。岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回のテーマは、おかっぱりアングラーのみならず

共感して頂ける方も多いのではないかと思います。

 

余談ですが、管理人は、自分でも意外なほど知らない方達から話しかけられます。

釣り場でも大抵の人からは話しかけて貰えますし、

通っているジムのサウナでも知らないオジさん達がニコニコ話しかけてくれます。

 

・・・で、今回のテーマは、

管理人がコンビニで買い物している時にレジ担当だったオーナーさんから聞いたお話なのです。

 

「セブンイレブンの改装は、利用者にとって便利になっているのかしら?」

コンビニエンスストアは、おかっぱりアングラーのみならず、

早朝から出発するアングラー達の救世主です。

現場で急に必要になるカイロや防寒グッズ、カッパ等の雨具や接着剤等の文具まで

一つのお店で揃うことはありがたい限りです(>_<)

釣行前や休憩中の軽食

(管理人は釣行前は「特製豚まん」若しくは「シュークリーム」が鉄板です!)

はもちろん、時にはお手洗いだってお借りしています。

(セブンイレブンのお手洗いってシャワートイレ率が高いんです!これって地味に高ポイントです!)

 

そんなコンビニエンスストアの中でも、

管理人がよくお世話になっている「セブンイレブン」。

大好きなコンビニ「セブンイレブン」に今大きな変化が訪れています。

半強制的改装による店内レイアウト変更が絶妙に不便

現在、岡山県のセブンイレブンでは店内レイアウトを変更するために

数年内に改装をするように本部から求められているようです。

管理人も最初のうちはそのことを知らず、

「何だか最近セブンイレブンの改装が多いなぁ・・・」と思っていたのですが、

とある店舗で会計中にオーナーらしき方が不安そうに(不満そうに?)教えてくれました。

 

なんでも、数年以内に県内のほぼ全ての店舗が改装を行うようです。

で、この改装によってどのようなレイアウトになるかと言いますと・・・。

 

・入り口の真反対側にレジカウンターを設置する。

・弁当と飲み物を店舗の両サイドに配置する。

 

簡単に表現すると、こんな感じです。

要は・・・、お客様、店内をしっかり歩いてねってことですよね??

 

この改装って、誰が得するの??

もうね・・・これしか感想がないですよ(>_<)

このレイアウト変更って、誰が得するのでしょうか??

コンビニで「ゆっくり買い物したい」というニーズって高いんですかね??

それとも、買う気は無かったのに、

歩いている最中に見つけて、ついつい買っちゃった!が狙いなんでしょうか?

 

真冬のメタルバイブのリアクションバイト的な感じと理解すれば、

分からないわけでもないと感じてしまう自分の釣りキチ感がイヤですね・・・(>_<)

 

・・・脱線しました。

 

タバコやコーヒー、肉まん買いたいだけなのに、

店内の奥まで歩かないとダメ。

 

おにぎりとお茶買いたいだけなのに、

店内を横断しなきゃダメ。

 

そして、縁起でも無いですが

増加した陳列棚による見通しの悪さが万引きを助長しそうです。

 

滞在時間が長ければ購入額が増えそうだというのは、

理論上は理解できますが、

 

万引きも同時に増えたら、

お店の利益は大丈夫なんでしょうかね・・・(>_<)

 

管理人が心配することでは無いですけど・・・。

 

購入額が増える分はお店も本部もプラス。

 

万引きやお客様のイライラが増える分は

お店だけマイナスなんじゃないの??

 

要らないお世話でしょうが、そんなことまで心配になります。

 

アウトレットモールや大量陳列が売りの店舗じゃないんだから、

回遊率なんて・・・と感じるのが正直なところです。

 

何の数値的根拠もなくド素人が考えているだけです。

最大手のセブンイレブンです。

きちんとしたデータ分析の基で実施される改装だとは思いますが、

利用者としては、非常に不便になっています。

 

仕事の合間にも、釣りの合間にも、

セブンイレブンには本当にお世話になっています。

これからもきっとお世話になり続けると思います。

 

管理人の通う釣り場の近くにはやはりセブンイレブンが多いですし、

釣行前の特製豚まんやシュークリームは管理人のエネルギー源です(^_^;)

 

オーナーさん達がこれからも長くセブンイレブンを経営し続けて頂けることを祈ります。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA