ブラックレーベル742mhfsでのパワーフィネスの2つの注意点

パワーフィネス

数週間のノーフィッシュにより「寒波なんて大嫌い」と感じている岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今日のテーマは「ブラックレーベル742MHFSを使う際に注意していること」でお送りしたいと思います。

ブラックレーベル742MHFSは、MHというパワーを持つファーストテーパーのスピニングロッドですから、バス用のスピニングロッドの中ではかなり異質な存在です。

使っているうちに、パワーフィネス用のロッドだから「強い竿だから、安心して魚とやり取りできる・・・」というのは、「使い方」によるのだろうと気付きましたので共有させて頂きたいと思います。

スピニング・ベイト問わず、MHパワーでファーストテーパーのロッドを検討されて居る方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

ファーストテーパーとは?

テーパーとは、ロッドの曲がり方のことですよね。

ド素人管理人は、「竿のどの辺りが曲がる」という程度の理解です。

・・・で、その「テーパー」の種類の中でも「ファースト」は「先端が曲がる」という理解です。

ザックリ過ぎて恥ずかしいですが・・・。

ファーストテーパー

また下手くそな絵を描いてみました(^_^;)

このようにロッドの先端が繊細に扱えることで、細かなアクションに適しているのだろうと捉えています。

レギュラーテーパー

続いて比較のために描いてみたのですが、これが「レギュラーテーパー」です。

ロッドの中程まで曲がるので、ラインの負荷をロッドの長い範囲で受け止めているイメージです。

ファーストテーパー レギュラーテーパー

再掲です。少し極端ですが、テーパーの種類の違いはこのようなイメージです。

・・・これに加わってくる要素が、パワーとかアクションとか表現される要素です。

 

MHパワーでファーストテーパー・・・ということは?

ブラックレーベル742MHFSは、その型番のとおり、MHパワーファーストテーパーです。

・・・となると、ライトラインの使用にはほとんど向いていないという印象ですよね(^_^;)

だって、アクションの際にはファーストテーパーですから、繊細に扱うことは出来ても、いざ魚を掛ける際や掛かった後のやり取りの際にはMHパワーを使っていくわけです・・・。

なかなかロッドが曲がらないということは、ラインにも相応の負担が掛かるということになります。

バス用のスピニングロッドでありながら、適合ラインは8ポンド~20ポンドというあたり・・・納得です(@_@)

 

スポンサーリンク

 

ブラックレーベル742MHFSを扱う際に気をつけていること

そんなMHパワーでファーストテーパーのスピニングロッドを扱う際に岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人が気をつけていることをまとめてみました。

・・・やっと本題です。

 

PE1号+フロロカーボン14ポンド

ラインセレクトは、当然PEラインです。

・・・むしろ、BASSXでPEライン使ってスピニングの釣りをしていた管理人ですから、「PEラインの使用を前提に」というHPでの紹介文は、『欲しかったのはコレよ!!(*^_^*)』という感じです。

で、問題なのは号数の範囲です。

購入後、0.6号~1.2号までは試してみましたが、PE0.8号で試していた際にまさかのアワセ切れです・・・(@_@)

もちろん管理人のアワセ方が下手くそだったというのもあります。瞬間的な力にはラインは弱いですし・・・(T_T)ですが、それ以来1号に落ち着いている下手くそ管理人です。

ロッドの角度

もう一つが、ロッドの角度です。

これは少しお伝えしにくいのですが、ロッドに角度を付けないように気をつけています。

上図のように、ロッドを立ててラインテンションを掛けると、ロッドのパワーを上手く使えない気がするのです・・・(^_^;)

ちなみに図の赤い線がロッドに負荷が掛かっている部分です。

ド素人のイメージですから、間違っているかも知れません(>_<)

ですが、このようにロッドの角度を浅く保ったままの方が、ロッドのパワーを上手く使える気がするのです。

・・・ロッドの先端も守れそうですし(^_^;)

ですので、アワセる際も、ロッドをブワッと立てると言うよりも、手首をそのまま斜め後ろに引き上げるイメージで行っているのです。(・・・PE0.8号で合アワセ切れした時は、冬のアタリということもあり、テンションも急に上がりますし、前まで使用していたロッドと同じように腰ごと横に回してアワセてしまいました・・・(T_T))

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ド素人管理人なりにMHパワーでファーストテーパーというブラックレーベル742MHFSを使いこなそうと試行錯誤しています。

今回の記事が、MHパワーでファーストテーパーのロッドについて悩まれている方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA