ブレイゾン6102MHはファットイカに心地良い。

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

 

先日の釣具屋での奇行から一転!

 

DAIWAブレイゾン 6102MHがメインタックルとなりました(*^_^*)

・・・ので、今日はインプレ的な記事になりそうです。

(ド素人のインプレですから、温かい目で見守って下さい。)

 

スポンサーリンク

 

まずは、管理人のメインタックルの写真です。

 

 

先端がモノレール状態となったバスXから、

ブレイゾンになりました。

 

破損したロッドは、662MLBです。

662MLB + SSAIR

662MB + ジリオンSVTW

 

というメインタックルから、

 

ダイワ バスX662MB + SSAIR

ダイワ ブレイゾン6102MHB + ジリオンSVTW

 

になりました。

 

買い直す際に、MLより固い竿にした理由は、

3.5グラム以上のスモラバなら、Mで十分扱える(^o^)

って感じたからです。

(3.5グラムのスモラバが管理人の現状の通常使用の下限です。)

 

話が逸れましたが、

RCSスプールのゴールド系の色味とマッチしている気がしてます。

完全に個人的な趣味です。

 

続きまして、

 

ロッドのスペックです。

 

キャスト可能ルアー重量は、1/4~3/4oz(約7~21グラム)です。

ラインセレクトの幅は、上限が20ld.に上がりました!

バスX662MBの上限は16ld.です。

 

ただ・・・。

使いたいルアーが変わらない

使いたいラインも変わらない

 

ということなので、

上記の点は、管理人レベルの実釣において正直バスXと大差はない気がします。

 

むしろ、とにかく一本しかロッドを持ち歩きたくないっ!!となり、

 

この部分に差を見出したい場合は、ファイアウルフ買います!!

(・・・というか、欲しいですよ。そりゃあ。(´д`))

余談ですが、

ファイアウルフの下限は確か1/8oz(約3.5グラム)です。

本当に「一本で何でも出来る」という感じがします・・・(>_<)

 

 

・・・話が逸れました。

 

バスX662Mと同じセッティングで使えそうなのは、

管理人にとっては、良いことでした。

リールやライン、ルアーをそのまま使えますもんね☆

 

 

スポンサーリンク

で、実釣です!

 

場所は、バスXのロッドティップが折れた池の、近隣の野池です。

 

先日のスキッピング練習した野池と同じです。

 

今回は、遠投性も試してみたかったので、

割とオープンな場所にキャストしていました。

 

バスX662MBは66ですから、

人差し指一本分くらい、長くなりました。

 

ガイドの配置や個数も違うんです!

6102MHの方が、個数が少なかったのは、驚きました(‥;)

 

キャストした感じは?

投げてみると、思ったより、リリースのポイントが掴みにくかったです。

グリップ形状の違いなんかも影響してそうです。

バスXはセパレートですが、ブレイゾンは一体型。

(・・・だからと言って、どちらが使いやすいとかは感じなかったです。)

 

鋭角に入水してしまうことが多くて・・・。

突き刺さるような着水・・・下手くそです(´д`)

 

オーバーヘッドキャストより、

スリークウォーターの方が投げやすい。

 

まだ慣れていないのか、そんな印象です。

・・・というより、

リリースポイントを間違えたなー。

と感じるオーバーヘッドキャストでも、

前のロッドと同じ距離は余裕で飛んでいる気がしますので、

 

ロッドは固くて長い方が距離は飛ばしやすい!

 

って考えても良さそうです。

 

ロッド全長が長くなると感覚が変わりそうで心配でしたが、

ピッチングやスキッピングも、問題なしですね(*^_^*)

むしろ、キャストしやすかった気がします。

 

・・・そして、4投目!

 

 

入魂完了です!!

 

今回は、丸呑みです(^o^)

 

 

バーブレスなので、スムーズにフックも外せました。

 

ファイト中の感想

 

安心感ってこういうことなんですね(^_^;)

サイズの割に、アワセた後に、下にドンドン潜るトルクのあるバスでしたが、

ロッドを少し立てて耐えていると、ラクに寄せれる感じです。

 

 

ブレイゾンって、エントリーロッドであるバスXの上位機種ですが、

ダイワの他のバスロッドからすると、まだまだ下位のロッドです。

 

なのに、この安心感・・・(^_^;)

 

もともとバスXで何の不満もなくバスフィッシングを楽しめておりましたので、

ブレイゾンですら、感動してしまう管理人です。

 

まとめると・・・。

 

足元でもバスは釣れます。

が、遠投できるにこしたことはないです。

 

Mのロッドでも、ファイトは困りませんでした。

が、MHになると、安心感を感じてしまいました。

 

ガイドがトップ以外がダブルフットであることや、

素材が異なるという部分は、正直管理人程度では、

差を感じ取れませんでした。

ただ、シャキッと感ブレイゾンの方が感じられます。

 

・・・ということで、

 

ブレイゾンがイイかどうかは、正直分かりません。

(と言いますのも、バスXの6102MHも所有していれば比較できますが、

管理人には比較できないのです。)

 

・・・が、

メインとして66のMパワーを使用している陸っぱりメインの管理人にとっては、

610のMHは、感動的でした。

 

特に、ファットイカがめちゃくちゃ扱いやすくなりました!!

スプール交換によって、

フロロの時は、ファットイカ専用のタックルとして。

ナイロンのスプールに変えて、ハードプラグ。

 

こんな感じで使い込んでいく予定です(^_^;)

 

大切にガシガシ使い込んでいきたいと思います!!

 

バスフィッシング初心者の皆様の参考になれば幸いです!(^^)!

 

ブレイゾン、モデルチェンジして赤色メインのロッドになっちゃいましたね(^_^;)

 

(2018年現在、ブラックレーベル6101MHFBがメインロッドになっています。)

 

 

スポンサーリンク

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

 

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

バス釣りが好きすぎるLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA