クランクベイトで「釣れるロッド」と「釣れないロッド」の差

秋のバスフィッシングを満喫しようということで、

巻物ルアーのド定番「クランクベイト」を投げ倒してみました。

 

ということで、今回のテーマは

「クランクベイトで釣りやすいセッティング」

です。

バイトが有って、ノセることが出来た時と、

バイトは有ってもノラなかったときとの違いを

自分的に理解できたのでご紹介します。

スポンサーリンク

千差万別のタックルセッティング

クランクベイトと言えば、

アングラーごとに千差万別のタックルセッティングがあるルアーだと思います。

ロッド×ライン素材×太さ という分類

クランクベイトを投げる際のロッドの種類は、

大きく分類して「グラス」と「カーボン」の2種類があります。

 

で、ロッドにはアクションのパワーがそれぞれあります。

 

そして、ラインの種類も一般的には

「ナイロン」と「フロロカーボン」と「PE」で3種類あります。

 

で、このラインにはそれぞれ

「太さ」という要素が絡み合ってきます(^_^;)

 

俺は、グラスのロッドでナイロンの14!!

とか・・・、

俺は、カーボンでナイロン12!!

とか・・・、

カーボンでフロロの12!!

・・・(-_-;)

 

もう、何が正解かを探せるのは自分次第ってことになります。

管理人がクランクを気持ちよく扱えたタックル

最早、どう使おうが自由と言ってしまいそうになりますが、

管理人が気持ちよく扱えたセッティングの中で、2種類をご紹介させて頂きますね。

 

あ、投げていたクランクベイトは、こちらです(^^)/~~~

ラッキークラフト RC2です。

(現行ではLC RTO 2.0になると思います。)

ナイロンラインの場合

ロッド:BASS X  6102MB

ライン:東レ Bawo スーパーハード ポリアミドプラス 14ld.

リール:ジリオンSVTW (ギア比5.5:1)

(ナイロンラインでのクランクベイトは、ノーマルなギア比が心地良いですね(^o^))

 

フロロカーボンラインの場合

ロッド:ブレイゾン 6102MHB

ライン:フロロマイスター 12ld.

リール:ジリオンSVTW XXH(ギア比9.1:1)

(硬めのロッドでフロロの12ポンドを使うときは、ハイギアでゆっくり巻くのが気持ちいいです。)

 

上記のセッティングが気持ちよく扱える感じでした。

で、投げてみて気付いたことをご紹介させて頂きます。

ラインの種類とロッドの硬さでの釣果の違い

上でご紹介したタックルセッティングのポイントは、

「気持ちよく投げて巻けるか否か」でした。

そういった観点では、どちらも快適なのですが、

釣果に差が出てしまったので、紹介させてください。

バイトを弾きまくるMHロッドにナイロンを使わない理由

管理人がクランクベイトで釣れる時って、いつも同じなのですが、

タダ巻きで順調に巻いてきている途中で、「ゴ・・・」とルアーを止められて、

その直後に「ゴン!」と急にルアーを持って行かれる感じです。

 

ブレイゾン6102MHBを使っていると、

最初の「ゴ・・・」の後に、「ゴン!」まで続かないこと

が本当に多かったんです。

 

酷い日は1時間に9回のバイトを全て弾くという失態・・・(^_^;)。

何度もアタックしてくれる岡山・倉敷の野池のバスは優しいですね。

 

ロッドの硬さをラインで軟化させてバランスを取ろうと思い、

ナイロンラインにすると

今度はタダ巻き最中の感度が何となく気持ち悪い感じです・・・(-_-;)

 

巻き感が気持ち悪い状態では、釣れても、嬉しくないですよね(T_T)

なので、何度バイトを弾こうが、

ブレイゾン6102MHBでクランクベイト巻くなら、

フロロカーボンラインじゃないと続かないんです。

巻いている最中の感度が適度でないと続かない

クランクベイトで釣れる時って、

巻いている最中から「釣れる」感度が伝わってくると思います。

・・・何だか表現しづらいですが、

「今、めっちゃイイ動きしてる!」って分かる巻き感ってありますよね?

その巻き感の時って、不思議なもので、

「ゴ・・・」というアタリが来ることが事前に何だか分かっているんです。

なので、管理人の中では、

その巻き感が伝わって来やすいセッティングが一番なんです(^o^)

 

何が言いたいかといいますと・・・、

 

グラスロッドで巻けば、クランクベイトがもっと良く泳いでくれて、

もっと釣れるかも知れない

けど・・・イヤなんです(-_-;)

 

自分が「釣れると信じられる巻き感」

を感じられるタックルセッティングで投げること。

 

これが、

クランクベイトを投げるときの自分ルール

です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は、岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人は、

今年まで・・・というか中学生以来、ほんの2週間位前まで、

クランクベイトは封印していました。

だって・・・釣れるんですもん!!

(ただ、久し振りに投げてみると、中学生時代の方が釣れていましたから、

やっぱり釣りにくくはなってきていると思います。)

 

クランクベイトの巻き感は、アングラーによって様々だと思います。

自分自身が「釣れる」と信じることの出来る「巻き感」を見つけ出すことが出来れば、

それがカーボンロッドだっていいじゃないですか(^o^)

 

今回のタックルセッティングが参考になれば幸いです。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA