スポンサードリンク

コスパ最強 バーサタイルなおかっぱりのライン CN500

おかっぱりのバーサタイルなラインです。

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

岡山・倉敷陸っぱり専門バサーのオカドバ管理人です。

 

今回は、

「コスパが異常に高い『デュエルCN500』はおかっぱりに便利なラインなのでは?」

というテーマで使用感等を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

CN500とは?

まずは、CN500についてご紹介してみたいと思います。

 

あの新素材カーボナイロンに
お得に使えるボビンタイプ登場!!

フロロカーボン×ナイロン=カーボナイロン®

ナイロンの操作性と遠投性能、直線・結節強度、
これにフロロカーボンの低伸度性と高感度性能を兼ね備えた
ハイブリッドライン。

ビギナーから上級者まで、すべてのアングラーにおススメ!!

デュエル様のHP【http://www.duel.co.jp/products/cn500】から引用させて頂きました。

 

陸っぱり専門のオカドバ管理人としては、

「遠投性能」とか「高感度性能」って言葉に異常に弱いわけです・・・(^_^;)

 

加えて、管理人はMHのスピニングロッドにPEラインを巻いているのですが、

フッキング技術を補うために、

リーダーをナイロンにすることのメリットを感じていまして、

管理人の中でナイロンの株が急上昇しているのも事実。

 

おかっぱりのバーサタイルなラインです。

・・・ということで、購入してみました。

CN500を購入する際に気になったこと

購入した後で書くのも変な話ですが、購入前に結構気になる点があったんですよね。

 

それは、

店頭での扱いが雑

ってことなんです。

 

棚の一番下に若干ほこり被って陳列されています(^_^;)

安いですし、他の高級ラインと同じような陳列は無理でも、

もう少し売り物っぽく扱ってあげて欲しいものです。

・・・あまり動かない商品なのかなぁ・・・(・ω・)

 

CN500は1メートル1円という高コスパ

CN500は、500メートルでだいたい500円です。

・・・・1メートルあたり、1円ですよ??

安いのは嬉しいですが、若干怖くなります(^_^;)

 

いや、本当に店頭で迷いましたもん。

買って良いものかどうか・・・。

 

でも、直径0.285ミリという12ポンドラインの規格で、13ポンドという記載です。

これって、

12ポンドの細さで、13ポンドの強さがある

ってことですよね??

 

 

・・・ほほう。

そんなに自身を主張されたら、試さないわけにはいきません。

 

フロロマイスターと比較すると?

で、いつも使用しているフロロカーボンライン、

フロロマイスターと比較してみることにしました。

 

飛距離に差は無いけれど投げやすい

フロロマイスターと比較して、飛距離が伸びるという感じではありません。

ただ、CN500はナイロン寄りのキャストし易さがあるので、

結果的にキャストはし易いですね!

 

感度にも大きな差は感じない

フロロマイスターとCN500を比較して様々なルアーを投げてみました。

フロロマイスターで感じることが出来て、CN500では感じることが出来ない

というようなことはありませんでした。

 

・・・厳密に言えば、CN500はナイロン寄りの感度ではあります。

障害物にスタックしそうになったときにも、ラインが伸びているのが分かります。

ですが、障害物の存在はきちんと伝わってきていますから、

必要十分な感度だと感じました。

 

・・・フロロとナイロンの差と同じような使用感の差です(^_^;)

 

強さ

強さに関しても同じくらいです。

・・・・が、CN500はナイロンよりも伸びません!

これって重要で、ナイロンのようなアワセ方をすると失敗するんですよね。

 

魚が手前に走ってきていて、スラックが多くなった状態でアワセると、

アワセ切れが起こります。

 

ナイロンラインはこの辺りの懐の広さがあるのですが、

CN500については、

遠方で掛けた場合は、フロロと同じように水面と平行気味のロッド捌きが安心かなと。

 

そして、気になったのが「吸水」について。

やはりナイロン寄りだと感じる程度に、まぁまぁ吸水します(^_^;)

 

かと言って、急速に強度が落ちていく感じもしないので、

ナイロンよりは巻き替えの頻度は少なく済みそうです。

 

・・・1メートル1円ですから、

気になる場合は、ガンガン巻き替えても良さそうですね(^^)

 

CN500に向いているアングラーとは?

 

CN500に向いているアングラーは、

ワームもトップもクランクも1タックルで投げたいんだよ!

というアングラーだと思います(^^)

 

フロロのようにダイレクトな感度ではありませんし、

ナイロンのような懐の深さはありません。

 

それでも、

キャストはし易いですし、

強さも低いわけでは無い。

トップウォータープラグも沈まずにアクションさせることが出来ます。

 

M~MHのベイトロッドで12ポンドを組んでしまえば、

1タックルで大体のことは出来てしまうのではないかと感じました。

 

まさに、バーサタイルです。

 

「色々投げられる」という状況に価値を見いだせるのであれば、

使ってみて損はないですね(>_<)

 

 

 

ベイトフィネス用に、2号でも試してみましたが、

8ポンドの太さで、9ポンドの強度

これは、意外と嬉しい機能かな・・・という感じです(>_<)

 

とは言え、トップやプラグを投げないなら、

ベイトフィネスはフロロの方がやりやすいと感じました。

 

スポンサーリンク

 

コスパ最強 バーサタイルなおかっぱりのライン CN500 まとめ

 

1メートルあたり1円の最強コスパラインCN500は、

プラグもワームも投げたいおかっぱりアングラーにはオススメかなと思います。

 

おかっぱりでのナイロンラインのメリットは数多くありますから、

そこに若干フロロの要素もプラスされたCN500を試してみるのも面白いと思いました。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

バス釣りが好きすぎるLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

本日ご紹介したラインはこちらです(・ω・)

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA