スポンサードリンク

ブルフラットやギル系ワームで釣れない理由はコレかも

就寝中のエアコンって、諸刃の剣ですよね。

点けなきゃ寝られないけど、朝まで点けると怠さが残ります。

ドラクエみたいに、大して強くない武器なら、使わないのに・・・。

悩んだ振りして、朝までエアコンを点ける管理人です。

 

今日のテーマは、

ギル系ワーム

 

でお送り致します。

 

遠賀川での「艇王」や「陸王」で、

金森隆志さんや青木大介プロのメインルアーにもなり、

気にはなっていたのですが・・・。

 

スポンサーリンク

イマカツ ジャバギル

一誠 ギルフラット(執筆時点プロト)

のような、「見るからにギル」というような見た目と動きのルアーから、

 

ハイドアップ スタッガーワイド

ノリーズ フリップギル

デプス ブルフラット

 

のように、「ギルと言われてるからギル」というような種類のものまで。

最近は、ギル系のルアーが爆釣しているという情報をよく見聞きします。

 

先日の記事でも書いていたのですが、

ギル系ワームって、ギルだと思ってないんじゃない??寧ろ・・・。

 

という記事を書こうと思っていたのですが、

上記ギル系ルアーの作者の方々も、

既に同じことをおっしゃっておられるんですね(^_^;)

 

バスもギルだと思っていない説

 

例えば、

ブルフラットの生みの親の奥村和正さんは、

「ギルと言うより、何か平らな生き物と考えればエエと思う」

 

村上晴彦さんは、

「ギルやっていう意識で食ってくるとは思ってへん」

 

とも仰っています。【参考:ルアーマガジン2017.8他】

 

ギルが居るからギルワームが釣れる説

 

でも、一方で、

 

パターンフィッシングと言えばの田辺哲男さんは、

ギルが視認できないエリアでは、

この手のワームの威力は極端に下がる。

 

とも言われていますし、

その他のギル系ワームの作者の方も、

「ギルが見えたら、これでしょ!」

 

という感じのスタンスに感じます。

 

・・・ここで、ド素人の管理人の考察です。

 

プロや巧い人が「イイ」って言ってるんだから、良いのは間違いない。

 

ただ、

ド素人の僕に使えるのか??

 

これを知りたいが為の考察です。

スポンサーリンク

 

ギル系ワームを購入して思ったこと

 

・・・で、買ってみました。

 

・・・で、思ったのですが、

 

これって、カメじゃない??

 

ブラックバスがカメを食べるのかどうかは、分かりません。

ただ、釣りしてると、よく見ません??

カメさん。

寧ろ、釣れちゃったりします。

 

で、このカメの子供が産まれているはずなんです。

 

この赤ちゃんカメ達のサイズ感や動きって・・・・。

 

これに近しいモノがあるのでは・・・??

 

そんなことを感じたのです。

 

・・・というのも、このギル系ワーム、

 

水中では、

底面に対して平行な形が常なのではないかと。

 

垂直で泳ぐタイプは別として、

底面に対して平行に泳いでいるギルを、管理人は見たことが無いのです。

 

もちろん、

スパイラルフォールがイイ

という話とは別モノだと理解しています。

 

その上で、底面と平行だとすれば、

ギルよりカメじゃない??

 

そう思った次第です。

 

ギルが居れば、ギルをイミテートしやすく、

ギルが居なくても、カメっぽい。

両方居ないなら、単に動きが興味深い。

 

だから、ギル系ワームは釣れるのではないでしょうか??

 

そもそも、実際の生物に酷似しなくともバスは食ってくるので、

(淡水にイカなんていませんしね・・・(^_^;))

好奇心等、この議論を超えた理由はあると思いますが、

 

 

ギル系ワームが釣れている理由について、

管理人としては、納得です。

 

カメだらけの池で、ギル系ワームが爆釣した!!

 

そんな情報が出たら、誰彼構わず、

「ねっ!!ねっ!!」って言ってしまいそうです。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA