ボウズになった日、デコった日の夜の過ごし方

バスフィッシングを趣味とする私達が、年に数日、

避けて通れない日があります。

一日中キャスト練習をしただけになってしまった日。

地球しか釣れなかった日。

 

ボウズ嫌い・ノーフィッシュ反対・デコり撲滅

 

本日は、このテーマでお送りしたいと思います。

 

ボウズになってしまった日に、

このような過ごし方をすることで、

次の釣行ではバスに触れる。

そして、次のノーフィッシュデーを先送りできるものと信じています。

 

まずは、落ち着く

これが、一番ですね。

言い換えると、凹まないってことです。

 

レジャーフィッシングは「自然との遊び」です。

毎回釣れる方が、むしろ「自然」です。

釣れなかった理由はシンプル

釣れなかった日は、釣れた日と必ず何かが違うはずなのです。

「魚がそこに居なかった」から釣れない。

「そこに居てもルアーに反応しなかった」から釣れない。

大きく分けると、この二つしか「釣れなかった理由」は無いのです。

 

そこに居なかった理由を考えてみる

バス釣りの上手い人達は、

バスを探すのが上手い人達だと思っています。

 

前回の釣行で釣れた場所へ様々なルアーをキャストしているのに、

今日は釣れない・・・。

 

そんな時は、移動するしかないのです。

そして、前回の釣行との差異を探します。

 

前回よりも気温が低い・高い。

前回よりも流れが弱い・強い。

前回よりも水の色が済んでいる・濁っている。

虫が飛び回っている・いない。

 

これらの変化が、きっと有るはずです。

ルアーに反応しない理由を考えてみる

そこら中でバスが泳ぎ回っているのに釣れない・・・。

 

そんな時は、

自分の投げたルアーが合っていない可能性があります。

 

試していないルアーローテーションは無かったか、考えてみます。

(ルアーローテーションの記事は別記事でも細かく書いております(*^_^*))

 

バスの居る層が違うのでは?

(ワームじゃ無反応でも、トップにはガンガン出ることも有りました(^_^;))

 

今日は縦の動き・横の動きが好きなのでは??

(リフト&フォールでは無反応なのに、タダ巻きだとヒットすることも多いです。)

 

カラーが見えにくい・派手すぎるのでは??

(ウォーターメロンからチャートに変えて爆釣って場合や、その逆も有りました。)

 

アクションが速すぎるのでは??

(いわゆる「ほっとけメソッド」の方が効く日も少なくありません。)

 

サイズが大きすぎる・小さすぎるのでは??

(6.5インチから2.9インチにワームを変更すると、

いきなりバスのサイズがアップしたことや、

5.5インチではノーバイトだったのに、

4インチに変えると立て続けにバイトが得られたことが多くあります。(*^_^*))

 

コンフィデンスルアーで勝負したか?

最後に持ってきてしまいましたが、

管理人の中では、これが最大の反省点です。

 

それは、「自分の釣り」を出来たのかどうか・・・

ということです。

 

自分が最も信頼できるルアーを投入して釣れなかった場合だと、

「今日は俺が釣るべき魚は居なかった」

という気持ちになれます。

 

まとめ

休日に、やっとバス釣りに行けるのですから、

どうしてもバスに触りたい気持ちは皆同じです。

 

釣れなかった日は、次はバスに触れるように、

可能性を高めていきましょう!

 

一方で、バスフィッシングのゲーム性の高さは、

アングラーの自由度の高さだと思っています。

 

今日は野池では釣らない。

今日はライトリグは使わない。

トップウォーターオンリー!

 

自分のスタイル万歳です。

 

釣り方を縛ると、なかなか釣れないからこそ、

釣れたときの興奮が病み付きです。

 

自分自身のスタイルを持って、

自然に遊んで貰いましょう(*^_^*)

 

そして、釣れた日も、釣れなかった日も、

フィールドを綺麗にして、フィールドを残していきましょう(^o^)

 

追伸

 

当記事はブログ開設間もない頃の記事と言うことも有り、

 

拙い文章です(^_^;)

 

段々と慣れてきておりますので、よろしければ下のリンクから記事集をご覧下さい。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA