ロッドホルダーを使わずワンピースロッドを車に収納してみた

2018年、絶賛ノーフィッシュの岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回は、まだまだ付き合いの浅いブラックレーベル742MHFSの運搬方法について

管理人の中で一応決着したのでご紹介させて頂きます。

 

ワンピースのロングロッドを購入したけれど、

運搬方法に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

ブラックレーベル742MHFSの長さ

ロッドの表記はメーカーごとに方法が違うので、

一応ご紹介させて下さい。

DAIWAのロッド表記は、

長さ+ジョイント数を数字で表した後に、アクションと種類を英字で表現します。

(メジャークラフトも同様の表記方法ですね。)

ブラックレーベル742MHFS

 

・・・ということで、ブラックレーベル742MHFSを例にとって見ていきますと・・・。

742という数字部分は、7フィート4インチの2ピースですよという表現です。

 

MHFSという英字部分は、

MHアクション、(F)ファーストテーパーの(S)スピニングロッドですよということになります。

 

で、このブラックレーベル742MHFSは、

「2ピース」といっても、ロッドの真ん中付近で2つに分割できるわけでは無く、

「バットジョイント」という竿の根元の持ち手部分だけが外れるタイプのロッドです。

 

・・・はい。

簡単に言うと、「ほぼほぼ長さは変わらないですよ」ということです(-_-;)

 

コンパクトカーでも載せられるという点では、

この「バットジョイント」の恩恵は凄まじいものだと思います。

 

・・・でも・・・。

管理人は、自覚していますが、かなり変な考え方をしておりまして(T_T)

 

ロッドは通常は車に積んでおきたい。

しかも、邪魔にならないように積んでおきたい。

さらに、欲を言えばリグッたまま運搬したい。

でも、ロッドホルダーは装着したくない。

 

・・・こーいうことを考える我が儘な男なわけです。

なので、過去にはこういった積み方をしていました。

 

6フィート10インチまでなら、このように積めるわけです。

 

・・・運搬の安全性や、ラインへの干渉の可能性、後部座席が一部常用不能

ということも考えれば、素直にロッドホルダー買えよ・・・という話なのですが(^_^;)

 

ロッドホルダーを使いたくない理由

それでもロッドホルダーを使いたくない理由があったのです(-_-;)

 

どうしてもロッドホルダーを使いたくない理由はコチラの記事をご覧頂けると嬉しいです。

・・・もはや、ただの意地です。

 

そして辿り着いた着地点

・・・そんな意地っ張り男ですから、

試行錯誤してみるのですが、どうも上手くいきません。

 

マジックテープとスポンジで自作しようかと考えましたが・・・

それならロッドホルダー買えよ!!

と自分でツッコミ入れて却下・・・。

 

諦め掛けていたその時です。

 

後部座席のアシストグリップに・・・挟めそうだと気づきました(@_@)

 

 

写真では、グリップを外して車に装着していますが、

グリップを装着したままでも余裕で車に装着できました(*^_^*)

 

・・・内装の柔らかい部分でロッド全体をカバーできるので、

今のところ問題は無さそうです!!

 

しかも、窓枠よりも下側にロッドが来ないため、

頭上付近でロッドが邪魔になることもありません。

 

さらに、アシストグリップにピッタリ沿うので、

かなりスッキリ収納できていると思います。

 

ロッドホルダーを購入することが、

絶対にベストな運搬方法であることは間違いないと思います。

 

ただ、もし万が一、管理人と同じような理由でロッドホルダーに抵抗がある方は、

ロッド破損は自己責任で、一度検討してみるのも面白いと思います。

 

個人的にはかなり気に入っていますので、恥を承知でご紹介致しました(@_@)

 

そんな管理人が満足できる一風変わったニーズ対応なロッドホルダー・・・

出てこないかなぁ・・・。

 

追伸

 

当記事はブログ開設間もない頃の記事と言うことも有り、

 

拙い文章です(^_^;)

 

段々と慣れてきておりますので、よろしければ下のリンクから記事集をご覧下さい。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA