陸っぱりバス釣りにはナイロンラインが最適?を考察

毎年夏の時期になると、お客様から「うちわ」を頂きます。

はい。手に持ってパタパタする「団扇」です。

・・・団扇をパタパタすることで高まる運動による体温が、

団扇によって生まれる涼風で冷やされる体温とが

ほぼほぼイコールな気がしてしまい、個人的にあまり団扇を使用しないので、

綺麗な団扇がどんどん溜まっていきます。

今年も、夏が終わりそうですね。

 

バスフィッシングのハイシーズンはまだまだ続く中で、

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人が気になるのは

「陸っぱりに最適なラインって、色々な観点が有るだろうけど、僕にピッタリなのは??」

ということです。

 

・・・ということで、

今回のテーマは、

「ナイロンライン」

です。

 

本当は自分はナイロンラインが扱いやすいはずなのに、

何故か雰囲気でフロロカーボンラインを購入してしまう方や、

そもそもラインセッティングが決められない方、

バス釣り初心者の方の参考になれば幸いです。

 

今回の記事は、ナイロンラインチャレンジの経緯と設定がメインです。

ナイロンラインチャレンジの結果は、後日別記事にて掲載予定ですので、

結果だけ気になるという方は、そちらの記事をご覧下さいませm(_ _)m

 

陸っぱりにナイロンラインが最適とされている理由

陸っぱりでのバスフィッシングには「ナイロンラインが最適」

という情報をよく見聞きします。

 

恐らく、「初心屋は・一般人は」という枕詞が付くように思います(^_^;)

 

ナイロンラインの特徴をまとめてみますと、以下の感じです。

ナイロンラインは伸びる

ナイロンラインの特徴は「伸びる」ってことです。

もちろん、”同号数のフロロカーボンやPEラインと比較”した場合です。

 

この「伸びる」って言葉が

ナイロンライン=初心者ライン

っていう「なんとなくなイメージ」に繋がっている気がするのです・・・(^_^;)

(で、この「伸びる」ってのは細くなるとフロロもナイロンとほぼ同様に「伸びている感じが分かる」くらい伸びますよね(^_^;))

 

オカドバ管理人のイメージでは「柔軟性が有る」です。

 

キャストのし易さについて、

圧倒的にナイロンが上だと感じるのも、

この「柔軟性」に依るモノだと思います。

 

軽さなどの条件よりも、

この「キャストのし易さ」という安心感が

「遠投性」に繋がっているのだと理解しています。

ナイロンラインは水に浮く

 

この「水に浮く」というのも、ナイロンラインの重要な特徴です。

PEラインも水に浮きますが、

PEラインの場合は「沈みにくい」って表現が正しいイメージです。

 

各種ラインの特性は、ペンシルベイトを投げてみると違いがよく分かります。

ナイロンラインとPEラインは動きのキビキビ加減が異なる程度ですが、

フロロカーボンラインは、

通常のフローティングタイプのペンシルベイトを遠投して引いてくると、

途中の区間で「ダイビングペンシル」になる区間が出てきます。

ラインが沈もうとするので、ペンシルが水中に潜ってしまい易くなるんですよね(^^;)

 

ナイロンラインは「ゆっくり沈む」

フロロカーボンラインは「どんどん沈む」

PEラインは「沈ませないと沈もうとしない」

 

これがオカドバ管理人の各種ラインの水に対するイメージです。

ナイロンライン感度が良い

ナイロンラインは感度が良いらしいのです・・・

ナイロンラインは「ラインを張っていない状況での伝達が素晴らしい」

とのことなのです・・・(@_@)

 

が、オカドバ管理人は実感できていません・・・(^_^;)

というのも、オカドバ管理人の中で

「底を取れているかどうか」

という基準が、

「ボトムのタッチ感を感じられているかどうか」

という基準だったからなのです・・・。

 

なので、コツコツ・ゴツゴツ感=感度みたいなイメージが定着していました。

 

そういう基準だと、「ナイロンラインは感度が良い」と言われても、

「うんうん、そうだよね(^o^)」とはなりづらく・・・。

 

よく、フロロカーボンラインについて、

「魚のアタリじゃなくて、底の石や障害物にこすれているだけだ。」

「ラインもすぐ傷むぞ」

と言われても、手元にゴツゴツ来る感触が無いと不安なモノですから、

「結局フロロで良いんじゃない??」という選択を続けてきたのです。

 

オカドバ管理人が試してみました

これはもう、試して見た方が良い気がする。

もしオカドバ管理人の感覚にとってナイロンラインが最適だった場合、

今のようにトップウォーター以外でナイロンラインを多用しない釣りを続けることは、

長期的にはめちゃくちゃ勿体ないことになる!!

ということで、

先入観を取り払った一定期間のナイロンラインチャレンジを行ってみました。

ナイロンチャレンジでの使用タックル

使用タックルは、コレです。

上の画像はRCS1000スプールにフロロを巻いている時の画像です。

ロッド:ブレイゾン6102MH

リール:ジリオンSVTW

オカドバ管理人のメインタックルです(^o^)

ほぼ毎釣行投げるファットイカから、ラバージグやテキサスリグ、

ネコリグまでこのタックルでやっていますから、

このタックルでナイロンラインを使用して使いにくいのなら、

オカドバ管理人的には、

「ナイロンラインは自分は使いにくい」という結論で良いのだと思います。

ナイロンチャレンジで使用したリグ

ファットイカ(NS 又は 1.8グラムか2.2グラムのネイルシンカー)

「リグ」って言っておきながら固有ルアー名称を入れてしまう自分に引いていますが・・・

オカドバ管理人の中では、ファットイカは「ファットイカリグ」です。

ネコリグ(1.8グラムネイルシンカー)

テキサスリグ(5グラムシンカー)

ラバージグ(5~10グラム+トレーラー)

 

使用ナイロンライン

今回は使用するラインを二種類用意してみました。

太さは12ld.です。

 

少し細い気もしますが、12ld.から試してみようと思います。

通常使用を想定したナイロンライン

画像はサンライン様のHPからの拝借です。・・・丁度画像も12ld.

サンライン マシンガンキャスト

これは、オカドバ管理人がトップウォーター等のハードプラグの釣りで使用しているラインです。選択基準は・・・「色」と「表面のツルツル感」です(^_^;)

コストパフォーマンス重視のナイロンライン

L-3004-B

画像はラインシステム様のHPからの拝借です。

ラインシステム ALL BASS

ボビン巻きのナイロンラインですが、「平行巻」を採用しているそうです。この「平行巻」ですが、残念ながらオカドバ管理人は、今のところその違いを感じることの出来るアングラーではないようで・・・(^_^;)

ガンガン巻き替えて、安心して投げ倒そう!!という選択基準で選びました!

まとめ

実釣を交えたナイロンラインチャレンジの結果は、また後日まとめさせて頂きますが、

個人的にはとても楽しみです。

 

やっぱりフロロカーボンのままでいいな。

となるのか、

ナイロンライン、めっちゃイイじゃん!

と感じるのか。

 

後日の記事もご覧頂けましたら幸いですm(_ _)m

 

追伸

 

当記事はブログ開設間もない頃の記事と言うことも有り、

 

拙い文章です(^_^;)

 

段々と慣れてきておりますので、よろしければ下のリンクから記事集をご覧下さい。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA