快適なベイトPEのためのPEラインの選び方

キャスト切れなんて絶対イヤ!!修復不可能なバックラッシュもイヤ!!

今回のテーマは、そんな方にお届けしたい内容です。

ベイトPEで使うPEラインの選び方です。

岡山・倉敷おかっぱり専門のオカドバ管理人程度のド素人が使用しても

快適なPEラインのセッティング方法のご紹介をさせて頂きます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

4本編み?8本編み? それが問題だ。

PEラインは、細い糸を撚り合わせて一本のラインにしています。

その一本のラインを何本の糸を撚っているか

・・・というのが、「〇本撚り」ということなのです。

 

本数が増えれば増えるほど、

表面が滑らかな形状になります。

 

例えば、4本撚りと8本撚りでは、

その抵抗加減はガイドへの擦れ感などで実感できる程の差は生じてきます。

 

そして、基本的にPEラインは、

「細く」・「撚り本数が多い」ほど高価なラインと言うことになります。

 

で、そのような条件を踏まえた上でのオカドバ管理人の結論は・・・、

 

シーガー R18 完全シーバス ステルスグレー

 

コレです(^^)/~~~

以前は、ラパラ ラピノヴァ マルチゲームを使用して居たこともありましたし、

トップウォータープラグを投げ倒す時期には、

今でもバス スーパーPEを使用しています。

 

 

これらのラインはどちらも4本撚りなんですよね。

 

オカドバ管理人の使用感としては、

 

4本撚りの方が圧倒的にキャストしやすい。

 

とは思います。

 

・・・・ん?

じゃあ、何故8本撚りのPEラインを選択しているの??

 

ってなりますよね(^_^;)

 

4本撚りのPEラインは、

良い意味でのライン放出時の抵抗感が残ります。

 

だからこそ、

キャスト時のサミングが感覚的にし易いということもあり、

ベイトPEを導入した頃なんかは特に助けられました。

 

・・・ですが、PEラインを巻いたバイトタックルでのキャストになれてしまうと、

4本撚りのPEラインのガイドへの擦れ音が気になり出しますし、

今度は8本撚りのPEラインによる滑らかさで飛距離を稼ぎたくなってくるのです。

 

体感的には10メートル変わるかどうか・・・

程度の差ですが、

擦れ音はかなり違います。

 

あと、完全シーバスを選んだ決定的な理由は・・・・、

 

色!!

 

このシルバーグレーというか、

シルバーというか、グレーというか・・・。

とにかく色味が格好いいじゃないですか!!

 

何色のラインであっても、どうせ魚には見えています。

(・・・と思います。)

 

だったら、自分の気持ちが高まる色のラインを巻きたいのです。

 

スポンサーリンク

ベイトタックルでのPEラインの太さは?

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人は、

ベイトタックルには1.5号より細いPEラインは巻いていません。

その理由をご紹介致します。

 

細くすると、ナイロンやフロロより弱くなるから

これが一番の理由です。

現在巻いているPEラインは、1.5号で27ポンド相当です。

 

これより細くすると・・・例えば0.6号だと11ポンド相当です。

 

・・・それならフロロかナイロン巻きますよね。

 

PEラインのトラブル性を受け容れて臨むベイトPEなのですから、

圧倒的な強さは欲しいわけです。

 

ナイロン30ポンドを巻いて釣りやすい状況なら、

わざわざPE1.5号なんて巻きません。

 

フロロカーボン14ポンドで行っている釣りを、

PE1.5号で行うことに意味がある・・・。

 

オカドバ管理人はそう考えています。

糸同士の「糸噛み」を減らしたいから

スプールに残ったライン同士が、強い力で食い込み合うと・・・

バックラッシュやキャスト切れのオンパレードです。

 

個人的な感想ですが、ベイトリールで扱う際には、

1.5号がその食い込みを防げる下限かな・・・と。

ベイトタックルでのPEライン使用時に必須の一手間

ベイトタックルでPEラインを使用する際にオススメしたい一手間は、

「下巻き」です。

 

オカドバ管理人は、

極太PEライン(TORAY INTERNATIONAL(東レインターナショナル) ソラローム ルアーPE 75mの88ポンド)でスプールの半分程度まで下巻きを施してから、

メインのPEラインを巻いています。

 

極太PEラインで下巻きするメリットをご紹介した記事はこちらです。

 

この下巻きを施すことで、

軽いリグやルアーのキャスティング性能が向上するだけでなく、

万一のトラブルの際にも、PEラインの消費が少なくて済みます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベイトタックルでのPEラインは、デメリットが大きすぎるように思いますが、

スピニングよりもキャスト精度を保ちやすいことが何よりのメリットです。

 

今回の記事がベイトタックルでのPEラインの導入を悩まれている方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

 

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

バス釣りが好きすぎるLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

【2017.10.20初投稿 2018.3.24、4.23追加】

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA