陸っぱりでベイトフィネス導入に対する最も大切な視点・観点

暑いからといって半袖で釣りをしていましたが、

薄手の長袖を着用して釣りをすると疲労感が恐ろしく軽い

ということに気付いた管理人です。

 

日光の力、恐るべしです・・・(@_@)

 

今回のテーマは、ベイトフィネスです。

いやぁ・・・ド素人のくせに我ながら壮大なテーマを選択してしまいました。

というのも、

ベイトフィネスが要るか、要らないか、

スピニングで十分だとか、足りないとか・・・

 

そんなことを考えながら釣りをしていたのですが、

現時点である結論に至ったので、ご紹介させて頂こうと思った次第です。

スポンサーリンク

ベイトフィネスと捉えるから、悩むのでは?

はい。いきなり核心に触れてしまいましたが、これが結論です。

そもそも「ベイトフィネス」って分類が、

悩みの源泉ですよ・・・(^_^;)

太糸が巻けるのがベイトの強みと言いますが・・・

これ、8ポンドを「太糸」と捉えられるかどうかってことだと思うのです。

 

すごくシンプルに表現すると、

「8ポンドフロロでライトリグを扱いたい人」

「ライトリグは4ポンドが太さのMAX」って人は、

同じブラックバスを狙ってライトリグを投げていても、

している釣りが違うのです。

 

もちろん、どっちが正解とか、どっちがレベル高いとか、

そういう問題ではなさそうです。

 

なので、「したい釣り」や「快適な釣り」が違うのだから、

話のモノサシが合うはずが無いのです。

 

「フロロ4ポンドが太さのMAX」っていう人に、

「太糸が使えるから」というベイトリールのメリットを語るのは・・・・(^_^;)

ですし、「ライトリグをフロロ8ポンドで投げたい」って人に、

ナイロンラインならスピニングでも太糸巻けるって議論は・・・(^_^;)

という感じです。

やってるのは、「違う釣り」だと捉える

 

これが大切だと思うのです。

重視しているポイントが違うのですから(^_^;)

 

例えば、ダウンショットリグを投げていても、

アングラーによって重視するポイントが違うはずなのです。

 

あるアングラーは、シェイクがメイン。

別のアングラーは、ズル引きがメイン。

とあるアングラーは、とにかく遠投して、ワームを中層に留めたいだけ。

 

こんな感じです。

重視しているポイントが違えば、

タックルセッティングは違って当然だと思うのです・・・(^_^;)

車選びに似ていますね・・・。

 

ワーミングでのPEラインも、

手元でアタリを取るって部分にフォーカスすればめちゃくちゃ意義がありました。

 

フォールでのアタリが減るとか、フロロやナイロンに比べて魚にバレやすいとか、

関係ないんですよね(^_^;)

 

そこを重視してないんですから(@_@)

 

他のラインではアタリが取れなかった過去の経験や、

遠投した先にバスが居るんじゃ無いかという希望的妄想に基づく選択なのだと思うのです。

 

話がPEラインにそれてしまいましたが、

言いたかったのは、各人のモノサシは違うんだから、

違う釣りだと思うしか無いってことです(^_^;)

管理人がSSAIRを使う理由

ベイトフィネスがしたいというよりは、

5グラムから12グラムのリグを「出来るだけ遠くに飛ばしたいから」

という理由だけで選んでいます。

(「スピニングで扱う重量のリグに8ポンドフロロラインが使える」って部分は、

管理人にとってはあまり響きません(=_=)

・・・管理人が普段釣るサイズのバスであれば、

8ポンドって、普通に強いんですけど、

絶対ラインブレイクしないって安心できるほどの強さじゃない気がするんですよね・・・。)

 

オープンエリアでの遠投は、

管理人の精神面にとって重要な要素です。

 

とことん軽いリグを投げられるということより、

「そこそこの重量のモノを遠投出来る」

というSSAIRの性能が、管理人の要求とマッチしたのです。

 

ですので、ロッドも現在はMパワーのロッドです(^_^;)

【折れる前はMLでしたけど・・・(T_T)】

 

MパワーのロッドにSSAIR、

フロロ10ポンドのファットイカのノーシンカー、

カッ飛びますよ!!

 

ラインキャパが少ないのは当然ですが、

50メートル飛ばせればイイ場所なら、こんなに楽なリールはありません(^_^;)

(・・・そもそも50メートルが遠投かどうかは置いておきます。)

 

もちろん、ジリオンSVTWでもファットイカなら余裕で同程度飛ばせます。

こう書くと、一見、飛距離のメリットは無いように思えるかも知れませんが、

 

その日使いたいルアーの最大重量がファットイカのノーシンカーで、

かつ、

ネコリグもそこそこ遠投したいという場合は、

圧倒的にSSAIRが便利です。

 

「遠投したいならスピニングが一番でしょ」って思った時期もありましたが、

スピニングに4ポンドでファットイカを全力で投げ続けるのは「怖い」ですし、

ファットイカ投げるために5ポンドにするなら

スピニングで本来使うしか無いライトリグへの対応力は下がる気がします。

・・・ライトリグの下限がマグナムスワンプだって場合は、

フロロ5ポンドに上げてファットイカ投げるのが飛距離的には良いのかも知れません(^^)

 

・・・ということで、

管理人が普段使用するルアー重量の下限は

スピニングでしか快適に扱えない範囲では無いので、

基本的にはベイトリールでの扱いがし易いことから、

ベイトリールを使う。

 

 

ベイトリールの中でも、比較的軽いモノを遠投したいときがあるので、

SSAIRを使う日がある。

 

これだけの理由です(^^)

 

そもそもファットイカがメインな時点で、

いわゆる「ベイトフィネス」の一般的なイメージからは離れそうです(^_^;)

 

スポンサーリンク

まとめ

ベイトフィネスの定義に迷いまくっていた管理人の結論は、

「気持ちいいタックル」で良いんじゃ無いか?・・・です(^_^;)

 

フィネスって「小さくて軽いモノを扱うこと」って意味では無く、

「繊細に」って意味だったように記憶していますので、

 

ベイトフィネス≒自分の扱いたい重量のルアーを快適に、繊細に扱えるタックル

として捉えています。

 

陸っぱりでそこそこの重量のモノラクに遠投もしたいから

ベイトフィネス機も使う。

 

これが、岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人の

現時点での結論です(^o^)

 

今回の記事は、あくまでも管理人の主観です。

ベイトフィネス導入に悩んでおられる方やバス釣り初心者の方の参考になれば幸いです。

 

追伸

 

当記事はブログ開設間もない頃の記事と言うことも有り、

 

拙い文章です(^_^;)

 

段々と慣れてきておりますので、よろしければ下のリンクから記事集をご覧下さい。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

 

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA