男前な釣り

「男前」の語源は、歌舞伎だそうです。

同じく歌舞伎を語源とする言葉で自己紹介させて頂きます。

どうも、「三枚目」の管理人です。

 

今日のテーマは、

男前な釣り

 

でお送り致します。

 

スポンサーリンク

 

男前な釣りと聞くと想像するのが、

 

荒波をモノともせず船を出す!

とか、

タンクトップで荒々しく見えるが、魚には超優しい。

とか、アングラー側の様相を想像してしまいますよね。

 

今日は、魚側のお話です。

 

今日、久々に出会ったこの魚、男前です。

 

 

はい。

 

ブルーギルですね。

 

バス釣りをしている方からすると、「外道」です。

 

近年のギル系ワームやギル系ルアーの注目振りからも、

バスのベイトであろう魚です。

(余談ですが、ギル系ワームは、

〇〇の子が居るフィールドとタイミングで爆釣なのでは?

と感じていますので、また後日記事にしたいと思っています。(^_^;))

 

またいつもの通り話が逸れました。

 

このブルーギルですが、

かなり「男前」です。

 

何が??

 

ってなりますよね??

 

アプローチされたら無視しない。

 

例えそれが、恐らくは自分の口に入らなそうなサイズであっても。

 

もう一回写真をご覧下さい。

 

親指ギリギリです。

もう、このサイズで食せるバス用ルアーなんて、

3.5インチカットテール位のサイズまでだと思うのですが、

ハードプラグでも平気で食いかかってきます。

スポンサーリンク

小さなサイズのワームを使っている際の、

小さくてしつこいバイトは、子バス君達か、この男前達です。

 

しかも、バスよりしっかりとした歯がある印象です。

なので、この男前達からのアプローチを巧く躱さないと、

二~三投でワームのテールは無くなります。

カットテールを投げているつもりが、ノーテールです。

 

・・・はい。

 

この夏の時期、この男前達はかなりの確立でシェードに浮いています。

浅瀬でたむろしています。

 

チョーチン釣りで真っ先に寄っていくのも、

ポッパーを食い切れないまでも水中に引きずり込むのも、

サーフェスクランクにバスより早くバイトしてくるのも、

大抵は、この男前達です。

 

 

夏の時期の水面や水面直下は、

男前達がたむろしているので、十分にお気を付け下さい。

 

 

トレブルフックでも、安心は出来ません。

3本のフックは入らなくても、一本だけ口に入れてきます。

マス針を使ったリグは、格好の餌食です。

オフセットフックでのグラビンバズなら避けれるかしら・・・(^_^;)

 

普段はファットイカがメインなのであまり気にならなかったのですが、

マスバリでのノーシンカーワッキーが裏目に出ました。

 

どうしても釣りたい。

そんな時に、安易にライトリグを選んだ管理人の負けです。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA