スティーズ ウェアウルフ売却 ベイトフィネスを辞めた理由

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

今回のテーマは、

スティーズ ウェアウルフを手放した理由

です。

 

スモラバやネコリグなどをベイトタックルで扱う際に非常に便利だったロッド

スティーズウェアウルフですが、悩みに悩んだ結果、手放すことにしました。

 

オカドバ管理人と同じ悩みに陥っている方が居るかも・・・

ということで、その経緯をまとめてみました。

あと・・・手放したことを後悔しないように、
読み返して自分自身を納得させられるように・・・ですね。

 

ウェアウルフの「使いやすかった」部分。

手放しておいて、なんなんですが・・・。

まずは、オカドバ管理人がウェアウルフの何を気に入っていたか

という部分から。

 

ウェアウルフはロッド自体が軽い

 

これに尽きますね。カタログスペックでの重量よりも、

実際に持ってみた時の手感度で「軽い!!」と感じられるレベルでした。

キャスト前に構えた際に、ロッドの重さは全く感じず、

ネコリグのウェイトだけが手元に伝わってくる感じです。

 

特に、リールがSSAIRだということもあり、
シャッドを投げていても気持ちよかったです。

 

ファストテーパーですが、Mパワーのロッドなので、
巻く速度さえ気をつければ、シャッドも気持ちよく泳いでくれますし、
バラシも少なかったです。

 

何故、ウェアウルフを手放したのか

上記のように、特に不満点が見当たらないようなロッドであるにも関わらず、

ド素人のくせに手放そうと思い至った経緯を書いてみたいと思います。

 

ブラックレーベル742MHFSが優秀すぎる

オカドバ管理人の愛竿、ブラックレーベル742MHFSが優秀すぎたのです。

カタログスペックでは、ボートでブッシュを攻めるようなロッドですね・・・。

このブラックレーベル742MHFSをオカドバ管理人は、

スワンプクローラーのノーシンカーワッキーから3/4オンスのヘビキャロまで

オールマイティに使用しています。

 

ラインシステムは、

メインラインをPE1号として、リーダーを8~14ポンドで調整しています。

 

PEラインを使用している理由は、掛けた後の強度重視なわけで、

掛けるまでは、ちょっとコツを覚えるまでは
アタリが減るような時期もあったのですが・・・。

このコツについてはまた別記事で書いてみようと思います。

 

話が逸れましたが、

このブラックレーベル742MHFSとPEラインを組み合わせると、

中近距離の超緊張するような精度を求められるキャスト以外は

使用するのがライトリグであっても、

ベイトフィネスタックルと比較してネガティブ要素が

管理人の中ではほぼゼロになって来たわけです。

 

と言っても、

ちょっとゴチャゴチャした隙間にファットイカを入れ込みたい場合や、

シャワーブローズ等のトレブルフックが沢山付いたプラグを

中距離以上でキャストし続ける場合は、

ベイトタックルで扱う方が扱いやすい訳で・・・。

 

スティーズ ファイアウルフの存在

ここでファイアウルフの存在感が出てきました。

ファットイカ、RTO2.0、シャワーブローズをワンタックルで扱えます。

もちろん、ファットイカだけであれば、もっと硬いロッドの方が気持ちいいですし、

オカドバ管理人は未体験ですが、クランクベイトも巻きモノ専用ロッドがイイのでしょう。

 

それでも、「ちょっと〇〇投げたい」程度の欲求を満たすには十分かなと感じたわけです。

 

ここまで書いてくると、自分でも気付くのですが・・・

要は「オカドバ管理人がベイトフィネスを使いこなせてないだけだろう!」

 

・・・・そうです。

 

正確には、

「ベイトフィネス的な使用方法でウェアウルフじゃなきゃダメだと感じられるほどの技術」

が管理人にはありませんでした(^_^;)

 

BASSX6102MBの存在

上記の2タックルの存在から、

ウェアウルフを手放そうかとほぼほぼ確信していたとき、

 

「ベイトフィネス的なことをしたくなった時に後悔しないか?」

そう考えまして、以前のメインロッドでMパワーのロッド、

エントリーロッドであるBASSXの6102MBに

SSAIRを合わせて再度使用してみたときのことです。

 

ウェアウルフに比べれば重いけど、十分じゃない??

むしろ、シャッドが扱いやすいー!!!

 

オカドバ管理人程度のレベルでは、

ベイトフィネスでは

BASSXのダルさが寧ろ丁度良い

という結論になりました。

 

まとめ

8~10ポンドのフロロじゃなきゃ不安

という理由がメインでベイトフィネスを選択しているなら、

どうしても片手で作業を完結したいということでなければ、

PEラインを組み合わせたスピニングを詰めれば、

解決するかも知れません。

 

ここまで書いておきながらですが・・・

ベイトフィネスじゃないと、獲れない魚は存在していると思います。

今回の決断は、「自分と遊んでくれる魚を絞った」ということだと納得しています。

 

ネコリグやダウンショットだけをするならウェアウルフが気持ちいいです。

ですが、

タックルは絞りたいくせに、色々投げたい、
しかもベイトフィネスを使いこなせない。

 

オカドバ管理人レベルのアングラーの手元に来てしまったウェアウルフに申し訳ない。

 

ベイトフィネスとスピニングの選択で迷っている方の参考になれば幸いです。

 

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

岸際(Shore)やおかっぱりを愛する全ての人へ

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

そして、

俺はシャローの釣りが好きだぜ!

 

そんな気持ちを静かに自己主張するアイテムがコチラです。

 

ショア好きのための

シャロー好きのための

水辺好きのためのブランド

 

Shore2『ショア-スクエアード』です。

 

ブラック/シルバー

ブラック/ダークグレー

 

各アイテムは全て少量生産品です。


Shore2 -Shore squared2-   オリジナルショップ

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA