スティーズAIRのおかっぱり専門での使用感を率直にインプレ

オカドバにお越し頂きまして
誠にありがとうございます。

2月はNFNBに終わりました。
オカドバ管理人です。

オフシーズンに開幕する
新製品販売のラッシュ。

メンタル折れ気味の管理人は、
日本の叡智に手を伸ばします。

道具に頼れば
良いじゃないかー!!

ということで、
購入しましたスティーズエアー。
スティーズairです(^^)/~~~

おかっぱり専門バサーの目線から、
率直にインプレッション
していこうと思います。

自腹を切っての購入ですから、
誰に遠慮も要りません(@_@)

スティーズ AIR TWの
購入を迷われている方に
是非読んで頂きたい内容です(^^)

スティーズAIRのスペック

スティーズAIRのスペックについては、
ダイワさんのHP
各種動画に出ている内容の方が
詳しいし分かりやすいですね。

 

問題は、

そこに書いてある内容や
絶賛されている使用感を、
ド素人バサーが
享受できるのかどうか

ですよ!!

カッコエエけども・・・(@_@)

・・・ということで、
早速使ってみます。

スティーズAIRの使用感

ここからは、
実際に水辺に立ち、
スティーズAIRを使ってみた感想
を書いていきます。

持ってみた感想

うーん。
確かに軽い。

室内でラインを巻いている段階で

軽っっ!!

って気付くくらい。

上記の写真はSSAIRですが、
SSAIRと比べても明らかに軽い

で、コンパクト(・ω・)

 

今まであまり気にしていなかった
「パーミングが大事」
この意味が実感できました。

 

それくらい軽いし、
何より、持ちやすい!!

 

パーミングカップ部分の
肉抜きについては、
見た目は個人的にダサイと思いますが、
持っているときに気になる
なんてことは無いですね(^^)

キャスト~リトリーブ

スティーズAIRを購入して、
一番期待しているのがこの部分。

スピニング
要らなくなるんじゃないのー(・∀・)

小口径スプールに
TWS搭載って
考えただけでもスゴそう!

巻き感もスティーズだし、
期待できそう!!

ってことですよね。

 

期待通り。

スモラバ、DS、シャッド

今まで使用していたものは、
全く問題なく使用できます。

ラインを7ポンド程度にすると、
超気持ちよく飛んでいきます。

飛距離は文句なし。

 

小径スプールだから
極端に飛距離が落ちる
ってことはなさそうです。

 

以上。

 

・・・・・(^_^;)

真面目にインプレしろよ!

ってお思いの方、
申し訳ございません。

ただ・・・。

泣きたいのは管理人です。

誤解を恐れずに言えば、

もうね、オカッパリにおいては

SSAIRとほとんど変わらない。

これが正直な感想です。

 

俺は、
感動を求めてたんだよっ!!!

 

ほほー。
不満無く使えるわー。

 

こんなレベルじゃ、
テンションが上がりきらないんですよ。

スティーズAIRの率直な感想

 

スティーズAIRについて気になる部分
について、
1つずつ回答していきます。

キャスト出来る下限は?

確かに、
より軽いモノが投げられる感
はあります。

ただ・・・、
当然ながら
タックルセッティングは必須です。

7~10ポンドを使いたい場合は、
SSAIRと大差ない印象です。


同じ日に投げ比べているので、
間違いありません。

写真ではラインの種類が異なりますが、
スティーズAIRにフロロライン
のセッティングでも試しました(^^)

むしろ、
総重量が4グラム程度になってくると、
SSAIRの方が飛距離は出る印象です。

スプール径の差が出てくる感じですね(^_^;)

 

今までの
ベイトフィネスのラインの範囲内
7~10ポンドで使うと、
そこそこの重量のリグは、
SSAIRと飛距離がほとんど変わらない。

 

更に、重量が増えてくれば、
SSAIRの方が飛ぶ。

 

じゃあ、ってことで
ラインを6ポンド以下に落とすと、
スティーズAIRの方が飛ぶ。

・・・でも、

6ポンド以下のライン使うなら、
スピニングで良い可能性が高い。

 

・・・これはもうPEか!!

ということで、PEラインを試しました。

 

PEが使用できるメリット

スティーズAIRは
PEラインの使用が
公に認められています。

今までのダイワさんの
ベイトフィネスリールでは、
フロロ推奨だったので、
この部分については
管理人も期待していたところ。

期待してPEのラインを
使用してみたのですが、
キャスト感などは
SSAIRと大差有りません。

TWSの効果を実感できる程、
遠投も出来ません。

唯一のメリットは、
メーカー公認のスプール強度
というところ。

 

でもね、

 

安心してスパスパ投げられる分、
フロロの方が
結果的に遠投できる印象です。

小口径スプールのデメリット
として言われる
ラインの巻き癖については、
今のところ感じていません。

元々6時間程度の釣行で
ライン巻き替えていた管理人ですから、
長時間使用した際には
差が出てくるかも知れません(^_^;)

2020.3.23追記

使用時は特に気になりませんが、
スプールから引き出して
テンション抜くと
グリングリンにはなってますね。

繰り返しますが、
糸癖で飛距離がガクンと下がるとか、
使用感が落ちた印象はありません!

リトリーブ感は?

リトリーブ感は、
SSAIRよりは若干気持ちいい。

オモチャ感というか、
カチャカチャ感が、
SSAIRより少ない。

この程度の差です(´д`)

ノブが小さくなっているので、
巻きにくいのでは??

という部分については、
管理人は特に気になりませんでした!

もともとSSAIRの巻き感に
不満の無かった管理人ですが、
「スティーズ」と冠するからには、
期待するじゃないですか・・・。

そういう意味では、

ちょっとだけ
カチャカチャ感は減ったな。

という印象です。

スティーズAIRのインプレまとめ

ここまで散々なインプレですが、
スティーズAIRが悪い
というわけではありません。

と言うよりは、

SSAIRの時点で、
技術的には既に完成していた
のだと思います。

新製品にも関わらず、
このようなネガティブな
インプレになったこと・・・。

寧ろ、
管理人はダイワ党といって良い程に、
ダイワ製品を使用しています。

そんな管理人であっても
今回のインプレに至った理由としては、

おかっぱり専門バサーであること

が一番の理由です。

10メートル以内のキャスト

がメインであれば、
軽量ルアーの下限が下がったことや、
スキッピングがし易いという差は
出てくると思います。

要は、
適材適所。

 

分かってはいましたが、
淡い期待をしていた自分が居ます。

2.3グラムのダウンショットなら、
SSAIRと大差有りません。

 

数メートル先に、
虫系ルアーを手返し良く投げる。

 

これがメリットになる
そんなスタイルのために、
開発されたリールです。

要は、
ド素人おかっぱりバサー管理人には
使い切れない性能なんですよね(^_^;)

突き抜ける競技仕様

ってダイワさんも書いてます。

 

分かってて購入した管理人ですら、
若干ヘコんでいます。

値段が値段ですからね。

軽さと巻き感度の上昇に重きが無い
SSAIRを所有している方は、
その辺を慎重に考えて購入すると、
気持ちよく使えると思います!!

 

実測の飛距離こそほぼ変わりませんが、
TWSのおかげで、
飛んでいっている
メチャクチャあります。

軽いし、巻き心地も悪くない。

 

まぁ、趣味ですから
「感」が全て
と言ってしまえばそれまでですが(・ω・)

 

SSAIRより勝る部分は確かに有ります。

 

釣りは趣味。

気持ちよさが一番大事です(・ω・)

 

あまりのショックに
取留めの無い記事となりました(^^;)

乗りこなせ、極限アビリティ。

とのことなので、

もう少し使い込んで、
再度インプレしてみたいと思います!!

 

2020.3.23追記

魚を掛けてみましたが、
グイグイ寄せて来られます。

リールがコンパクトになっている分の
非力感は特に感じませんでした(・∀・)

・・可愛いサイズですしね(T_T)

おかっぱりが好きだ!

シャローの釣りが好きだ!

 

そんな気持ちを静かに自己主張するアイテム。

 

ショア好きのための

シャロー好きのための

水辺好きのためのブランド

 

Shore2『ショア-ショア』です。

 

ブラック/シルバー

ブラック/ダークグレー

 

各アイテムは全て少量生産品です。


Shore2 オリジナルショップ

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA