スポンサードリンク

クランクベイトを浮上中のアクションに拘って選んでみた。

LC MTO

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

岡山・倉敷陸っぱり専門バサーのオカドバ管理人です。

 

今回のテーマは

「浮き上がりのアクションで選んだクランクベイト」

です。

 

管理人にとって、

巻いているときのアクションと同じくらい気になるのが、

リトリーブを止めたときの浮き上がりのアクションです。

 

そこで

浮き上がり時の姿勢が特に気に入って

使用しているクランクベイトを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

根掛かり嫌いの管理人がクランクベイトに期待すること

 

オカドバ管理人は、クランクベイトが好きです。

だって、「潜る」し「浮いて」くれるんですもん。

 

・・・何言ってんだ?ってなりますよね。

 

水面が大きく波気立っていたり、結構強めな濁りが入ると、

トップやスイムベイトじゃ弱いかも・・・ってなりますが、

トレブルフックの付いたルアーを水中でアクションさせることは、

どうしたって根掛かりのリスクが高く、

ビビってしまうことも多いわけです。

 

陸っぱり専門の管理人にとって、

回収機が届かない場所へのキャストは

「根掛かり=ロスト」なのです。

 

 

そこで、リップの付いたクランクベイトの登場です。

 

 

リップで進行方向の障害物とフックの接触を防いでくれる上に、

リーリングを止めれば、シンキングタイプで無い限り、

水面まで浮上します。

 

潜って、浮いて、潜って、浮いて・・・

 

と操作すれば、ジグザグにではありますが障害物があっても

ほとんどの層を攻めることが出来るわけです。

(・・・少なくともイメージでは・・・(^_^;))

 

根掛かりを回避できる可能性が高い

これが、陸っぱり専門のオカドバ管理人が

クランクベイトを好きな理由なのです。

 

(・・・と言っても、

グラスロッドを用意するほどの気合いは持ち合わせていません。

何とも中途半端な愛情ですね(^^ゞ)

 

 

前置きが長くなりましたが、

管理人がクランクベイトを使用していて

未だに実感出来ないことがあるんです。

それが、

「浮上中のバイト」

です。

 

クランクベイトを使っていて今まで実感できなかったこと

 

雑誌やDVDでは

「障害物にコンタクトして浮上中に喰わせたっ!」

とか見るんですけど・・・。

 

巻き始めや巻いている最中のヒットしか

管理人は経験がありません。

 

浮かせている最中にドキドキしながら待っていますが、

ヒットはいつもリーリング中。

 

・・・うーん。

気になります。

 

で、他力本願の管理人の思考は

「浮上中のアクションが大事なんじゃないの?」

に至るわけです。

 

狙っているポイントやリーリングの速度等の

アングラー側の原因ではなく、

まずルアー側に要求するあたりが、自分でも悲しい男です。

 

クランクベイトを足元で止めて気付いたこと

 

こうなったら

浮上中のアクションでクランクベイトを選んでみよう。

ということで、

足元で巻いて浮かせてを繰り返します。

 

で、分かったのが、

「らせん状に回転しながら浮上してくる」

というアクロバティックな技を披露している子が居たんです。

 

・・・スパイラルフォールは聞いたことありましたが、

スパイラル上昇ってのは初めてです。

 

少し悩みましたが、どうも釣れる動きとは思えません。

 

ラインの種類や太さを変えることで調整できるのでしょうけど、

それじゃあ、ダメなんですよね・・・。

 

普段はファットイカが扱いやすいことが

管理人にとっての正解ですから、

このままちょっとクランク投げてみよう

って場合に上手くマッチしてくれないとダメなんです。

 

・・・ということで、

今のセッティングできちんと浮上してくれるクランクを探しました。

 

スポンサーリンク

 

ラッキークラフト LC MTO シリーズ

 

見つけたのが、このクランクベイトです。

 

 

ラッキークラフトのLC MTOシリーズです。

LCMTOシリーズの特徴はメーカーさんのHPから引用させて頂きますね。

引用:http://www.luckycraft.co.jp/product/signature/LCMTO.html

 

春のシャロークランキング、その大本命の一角を担う、

障害物回避特化型スクエアビルクランクベイトがこの【LC MTO1.5】。

軽量樹脂で成型されたボディから得られる高浮力、

そして前後に小さめの#6フックを搭載し、

完全なトラブルフリーセッティングを施している。

またカバーへのコンタクトから

リトリーブストップ後のフロートアクションにも注目頂きたい。

ボディを揺さぶりながら、浮き上がるので、

リトリーブを止めても常時アクションを刻む。

フルコンタクト系クランクベイトにして、

フルタイムアピール系クランクベイト、

それが【LC MTO1.5】の正体だ。

 

なるほど・・・。

早速足元で浮上アクションのチェックです。

 

このLC MTOの浮上はプリプリ横揺れアクションです。

 

よーーーっし!合格!!

 

ド素人管理人が定めた謎の合格ラインを易々と突破です。

 

次はリトリーブ中のアクションのチェックです。

 

プリリリリリリ・・・

 

うお・・・・めちゃくちゃカワイイ!!

 

ボディを必死で大きくバタバタくねらせてくれます。

 

このLCMTOは「1.5」というサイズを選択していたのですが、

 

 

手元感度では、

愛用のLC RTO2.0(旧RC2)と同じくらいのブルブル感です。

 

 

まだまだ購入したばかりで使い込んではいませんが、

「浮上中にドカン」

を初体験できそうな浮上アクションに期待している管理人です。

 

スポンサーリンク

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

バス釣りが好きすぎるLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA