スポンサードリンク

真冬のバス釣りでもファットイカが結局イイ仕事をする理由

真冬のファットイカ

オカドバの今回のテーマは、

真冬のバス釣りでファットイカを投げるメリット

でお送りしたいと思います。

 

寒風吹きすさぶ中、
水辺に立つだけで最早修行の域に達する過酷さですが、

こんな季節でもブラックバスに触りたい僕たちは、
きっと、どうかしてるんだと思います(^_^;)

 

でも・・・真冬でもブラックバスを釣りたい!!

釣りたいんです!!

 

そこで、今回は真冬の修行釣行で気付いた
ファットイカのメリットを紹介したいと思います。

 

まずは、ファットイカでの一匹に繋がった、
真冬のオーソドックスなルアー達についてまとめます。

真冬のバス釣りの代表的なルアー&リグ

真冬のバス釣りの代表的なルアーやリグと言えば、

メタルバイブなどの鉄板系ルアーとダウンショットリグですよね(^^)

メタルバイブが有効と感じる場合

メタルバイブ

まずは、メタルバイブについて。

最近便利に使っているのが、

PEラインを使用したスピニングタックルでのリフト&フォールです。

 

池や河川のど真ん中まで遠投して、

プルプルッ・・ストン!

を繰り返す釣りです。

 

はい。

・・・確かに、釣れるんですが、サイズがね・・・。

 

・・・いや、そんなに数が釣れてる訳ではないので、

偉そうに言うのは恥ずかしいのですが、

20センチそこそこって感じの子が多く釣れる印象です。

・・・で、オカドバ管理人が感じる印象としては、

初冬のタダ巻きで使うメタルバイブ

とは違って

ド遠投してのリフト&フォールは、

最深部付近で動けなくなっている感じのバスが集まる場所を探していく釣り。

なんです。

 

もちろん、バスが動き回らない季節ですから、それが狙いなんですが、

やっぱりここに居たー!!

とか、

この辺でゴンッて喰ってくるはず!!

って感じの、釣った感が少なく感じてしまうわけで・・・。

 

かと言って、釣った感のためにゴチャゴチャした場所を攻めると、

結構な確率でトラブルになる・・・。

しかも、ボトム付近を細かく探るので、

場所によっては、根掛かりが半端ない訳です(^_^;)

 

ダウンショットリグが有効と感じる場合

メタルバイブではダブルフックだとしても根掛かりそうでイヤな場所や
いくら細かくリフトしても、同じ場所を長く攻められない。

と言うことで、ダウンショットリグの出番になって来ます。

 

でも、その前提条件は、

・・・バスの居る場所が分かっているなら・・・ですよね(^_^;)

 

居場所を掴んだ上で、
長い時間粘って誘えるのは確かにメリットですが、

バスを探す能力や、アクションの付け方がオカドバ管理人レベルでは、
真冬のおかっぱりでは、やり切れないわけです(T_T)

・・・で、結局メタルバイブを投げ続けていた管理人ですが、

他のアングラーの方とお会いすると、だいたい皆さんメタルバイブです。

たまーに、ヘビキャロ。

狙っているのは、最深部であろう場所・・・(^_^;)

 

これ・・・バスがそこに居たとしても、見飽きてるんじゃない??

そして、結局この思いに辿り着きます。

 

めっちゃ寒い状態にも関わらず、
目の前で動きにくくなっている様な小魚じゃなく、
微かな期待を持って、
デカいエサを探しにゴチャゴチャした場所に来ている、
僕たちみたいな「どうかしている」バス・・・。

コイツを釣った方が面白いに決まってる!!

・・・もう完全に血迷っています(^_^;)

真冬のシャローで釣れるバスはデカイ

この言葉を頼りにする・・・というよりは、

結局シャローの分かりやすいゴチャゴチャした釣りが好きな管理人です。

で、登板させるのは、もちろんこのコです。

真冬のファットイカ

 

ファットイカは最近は二色しか使わなくなっている管理人ですが、

そのうちの一色がこの、シナモン/グリーンフレーク #206 です。

 

水温が下がると、どんどん水色が綺麗になる中で、
この透け感が堪らなくイイだろうとの選択なのですが・・・。

真冬のファットイカ

大成功です!!

 

自重があるので、キャストもラクなのに、

ノーシンカーでふんわり誘えます。

サイズにボリューム感が有るので、デカいエサとして認識してくれそうですし、

オフセットフックなので、ゴチャゴチャした場所でも楽勝です!!

 

鉄板を投げ倒しても全然釣れない・・・(=_=)

 

そんな時は、真冬なのにハイシーズンのいつもの場所に居る、
「どうかしているバス」を狙ってみるのも面白いと思います。

 

ファットイカ以外だと?

今回はオカドバ管理人のお気に入りルアーであるファットイカを使用しましたが、

自重だけで考えると、TKツイスターの方が重いですから、
TKツイスターもアリな気もします。

ふんわり誘うのであれば、ラバージグもアリな気もします。

気をつけたいのは、
フットボールタイプを選ばないって部分です。

ゴチャゴチャした場所でふんわり誘いたいってのが一番の目的なので、

トレーラーも大きめにして抵抗を増やしたいところです。

可能な限り根掛かりを回避したい管理人です(^^)

 

今回の記事が、真冬のバスをシャローで釣りたい方の参考になれば幸いです。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

岸際(Shore)やおかっぱりを愛する全ての人へ

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

そして、

俺はシャローの釣りが好きだぜ!

 

そんな気持ちを静かに自己主張するアイテムがコチラです。

 

ショア好きのための

シャロー好きのための

水辺好きのためのブランド

 

Shore2『ショア-スクエアード』です。

 

ブラック/シルバー

ブラック/ダークグレー

 

各アイテムは全て少量生産品です。


Shore2 -Shore squared2-   オリジナルショップ

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメント

  1. ひでたろう より:

    冬なのにすごいですね。自分は超減水した小さな池でしか冬バスがつれません。ある意味小さな釣り堀みたいなもので全く釣った感がありません。とはいえ倉敷川や高梁川に行ってもかすりもせず。冬に強いと言われる六間川でもボウズで恥ずかしいです。管理人さんはランガン派?それともここぞというポイントで粘る派ですか?

    1. オカドバ管理人 より:

      ひでたろうさん
      コメントありがとうございます!
      完全にファットイカのルアーパワーです(^_^;)

      私は完全に「粘る派」です!
      ただ・・・「ここぞというポイント」の見極めは出来ないので、
      何の根拠も無いネバリストです(@_@)笑
      今後ともオカドバを何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA