ベイトフィネスでのダウンショットやヘビダンの糸ヨレ対策

ベイトフィネスでのダウンショットやヘビダンの糸ヨレ対策

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

今回のテーマは、

ベイトフィネスでのダウンショットやヘビダンの糸ヨレ対策

です。

 

キャストして、フォールさせて・・・・。

ラインテンションを張らずに竿先を上げると・・・。

・・・ん??

 

ティップ付近にまとわりつくライン(@_@)

 

最近思う様に釣れない原因は管理人が下手くそなだけですが、

釣果を「ラインのヨレ」のせいにして、進めてみたいと思います!

 

特にベイトフィネスでの釣行時のラインのヨレが気になる方

お読み頂けましたら幸いです。

 

ベイトタックルでの釣行時に気になる糸ヨレ

管理人が気にしている「糸ヨレ」ですが、

釣りをしていれば基本的には生じてくる症状です。

 

特に、同じラインを長く使用していると、

だんだん糸ヨレもひどくなっていきます。

 

長期間の使用後であれば、ラインを巻き替えるので、良いんです(・ω・)

「絶対に糸ヨレが起きないラインが欲しい!」

なんて我が儘なお願いをしている訳じゃないんです。

 

ただ、とある状況に限っては、開始数時間で結構な糸ヨレが発生します。

 

ネコリグとダウンショットリグですね(^^;)

回収時に、ワームやシンカーが水の抵抗でクルクル回ることによって、

結構な速度でラインのヨレが蓄積されてきます。

 

こうなると、結構管理人は気になるわけです。

 

で、このラインのヨレを解消する手段としては次の2つが挙げられます。

 

2つの糸ヨレの解消方法

糸ヨレを解消する方法は大きく分けて2つだと考えています。

1,スイベル付きシンカーの大遠投で糸ヨレを直す

まずは、糸ヨレを「直す」方法ですね。

スイベル付きのシンカーを遠投して巻いてきます。

 

この時のポイントは、

・スイベル付きのシンカーを使用すること

・面倒くさがらず、ワームは外してキャストすること

・一回ではなく、数回繰り返すこと

だと思っています。

 

管理人は、三ツ又式ヘビキャロ用にスイベル付きシンカーを携帯していますので、

糸ヨレを直すときにキャストするのもこのようなシンカーです。

 

2,初めからスイベル付きのルアーやリグを使用する

もう一つの方法は、糸ヨレを「予防」する方法です。

はい。

初めからスイベルを付けてルアーをキャストしてしまえば良いわけです(^^)

 

ネコリグを使用するときには9割以上の割合で、このフックです(・ω・)

スイベル部分に若干水草が絡む頻度が増えますが、

それはガード付きマス針でも同じこと・・・と割り切っています。

 

これは、超有名アイテムですよね。

 

ただ・・・問題はダウンショットリグの時なのですよ・・・(^_^;)

 

ダウンショットやヘビダンで糸ヨレを防ぐ2つの方法

ダウンショットリグで糸ヨレを防ぐ方法も2つあると思っています。

1,フックよりロッド側にスイベルを付ける

ダウンショットリグをリグる時に、フックを結ぶ前に一手間加えるわけです。

・・・分かりにくいですよね・・・。

仕方がありません・・・。

画伯を呼ぶしか無さそうですね・・・(@_@)!!

 

 

はい。

どこからどう見ても、ダウンショットリグです。

異論は受け付けません。

・・・もう許して下さい(T_T)

 

こうすることで、糸ヨレが生じるのを未然にいくらか防いでくれるはずなのです。

 

ただ、スイベルを結ぶ箇所によっては、

キャスト時のトップガイドとの接触が気になるのです!!

小心者の管理人にとっては、このストレスは是非解消したいところです。

 

・・・で、辿り着いたのが、次の方法です。

2,スイベル付きフックを使用する

スイベルとフックが一緒になったものを使おう(*^_^*)

何とも単純な男です。

 

オフセットフックを使用したダウンショットリグの場合は、

以前ご紹介したフックで対応できます。

ダウンショットリグを快適にするフックをご紹介した記事

 

で、問題なのが、マス針を使用したダウンショットリグの場合ですが・・・。

専門のフックが販売されていました(^_^;)

釣具屋のフックコーナーの下の方で光ってましたよ!

ベイトフィネスでのダウンショットやヘビダンの糸ヨレ対策

DECOY/デコイ DS HOOK/ダウンショットフック 

マスバリ/ワーム123 下野流

 

フック周りに異物が・・・とか気にしていたのですが、

フック自体がそもそも異物ですし、

ラインがヨレヨレの状態よりは、イイでしょ!

 

という気持ちで使っています。

 

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

人生を一生楽しめる趣味は見つけた。あとは・・・。

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で趣味の資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)


「返金保証」が出来るレベルのアラートツールを見てみる。

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA