ジリオンSVTWを持っていてもメタニウムDCが欲しい理由

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

ブログ投稿を日課としていたので、数日更新しないと何だかモヤモヤしておりました。

習慣って怖いモノですね(^_^;)

 

今回のテーマも「モヤモヤ」繋がりで、

「メタニウムDCを購入しようか本気で悩んでいます」

でお送りさせて頂きます。

 

同じような悩みの方がきっと居られると思うのです。

おかっぱりド素人の、着地点の無い記事ですが、よろしければ読んでやって下さい。

 

スポンサーリンク

 

メタニウムDCとは?

まずは、メタニウムDCの画像です。

見た目は、ガンダムのザクに見えてしまう管理人です。

・・・いや、だから良いとか悪いという訳ではないんです(@_@)

レベルワインド周辺のイメージですかね・・・

ぱっと見のイメージがザクっぽいなと感じてしまっています。

メタニウムDCの何に惹かれているのか

 

ここからが本題なのですが、

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人が

「メタニウムDCを購入検討している理由」

を書いてみようと思います。

オカドバ管理人ってダイワ派じゃなかったっけ?

オカドバ管理人のスタメンは、ジリオンSVTWとセオリーです。

・・・どちらもDAIWAなんですよね。

 

ですが、

実は・・・というか・・・

特にDAIWA製品に拘っている訳じゃないんです。

 

「ダイワ派」とか「シマノ派」とかあると思うのですが、

オカドバ管理人は「何派でもない」のです。(・・・どうでも良い情報ですね(^_^;))

オカドバ管理人はDCに惹かれているのか?

そう自問自答してみたのですが、

結果、DCブレーキによって、

「バックラッシュが防げる」という点についてはあまり魅力を感じていないのです・・・。

 

というのも、オカドバ管理人は現時点で

飛距離やライントラブルに悩まされていません。

 

完全にSVスプールのおかげです。

 

そうなると、DCブレーキについては特に惹かれないはずなんですよね・・・(-_-;)

でも・・・欲しいんですよ・・・メタニウムDC・・・。

メタニウムDCの見た目に惹かれているのか?

 

DCブレーキに魅力を感じている訳じゃないのなら、じゃあ、「見た目」か??

そう自問自答してみたのですが・・・これも特には・・・(-_-;)

見た目でいうと・・・実はカルカッタみたいな丸形リールが好きです。

・・・ということで、メタニウムDCの購入を悩む理由は

「見た目」でもなさそうです。

メタニウムDCが欲しい理由は「好奇心」

これなんだと思うのです。

結局、「好奇心」ですよ・・・(-_-;)

ジリオンSVTWの飛距離に不満がある訳ではない。

ジリオンSVTWのトラブルレス性能に不満がある訳でもない。

ジリオンSVTWの巻き心地に不満がある訳でもない。

でも、メタニウムDCが気になる。

 

これって、

メタニウムDC買うと、飛距離が伸びるかも知れない。

メタニウムDC買うと、さらにトラブルレスかも知れない。

メタニウムDC買うと、さらに気持ちいい巻き感かも知れない。

 

この「かも知れない」って部分を確かめたくて、

メタニウムDCが欲しいんだと思うのです。

 

他人のインプレは、参考になりますけど、

自分自身が使わないと、結局のところ分かりません。

 

今感じている「何か」を解決したくてメタニウムDCを購入したいのだとすれば、

それは「好奇心」でしかないなと(^_^;)

 

日没も早く、釣行時間が短くなってくると、

こういったモヤモヤに割く時間が増えていきます。

 

次のハイシーズンまでに

メタニウムDCとジリオンSVTWの比較記事を書いている

そんな自分を想像して若干恐ろしいです。

 

 

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

そんな言葉もあるように、それだけ引き込まれる「釣り」・・・。

今年購入した釣り道具の金額を足し合わせると恐ろしい金額になりそうです。

・・・・趣味とは恐ろしいモノです。

 

・・・ということで、

メタニウムDCを購入して、SVスプールと比較しておりますので、

よろしければご覧下さい(^_^;)

メタニウムDC

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

 

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA