ブラストビーツ(BBC-73MH)の本当の許容ルアーウェイトは??

今年のバスフィッシングのハイシーズンもあと数ヶ月・・・。

そんなタイミングにも関わらず、とあるロッドが欲しくて堪らなくなっている管理人です。

ジャクソンのブラストビーツ。

中でも、73MHという7フィート3インチ、MHのロッドが気になり続けています。

 

陸っぱりバスフィッシングを楽しむ管理人ですが、

どこまでいっても「ロッド一本」で全て快適に扱いたい欲求を抑えられません。

今回の記事は、スモラバからヘビキャロまでを一本で

カバーできるかも知れないブラストビーツ(BBC-73MH)のご紹介です。

 

ブラストビーツ73MHのご紹介

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人がイメージする

「ベイトロッド1本での陸っぱり」を叶えてくれるのでは??と期待しているロッド。

ジャクソンから発売されているロッド、BBC-73MHをご紹介させて頂きます。

ブラストビーツとは??

トリックスター、バスタードと、低価格でありながらもハイエンドに迫るロッドアクションで、ビギナーからトーナメンターまでを納得させる究極のスタンダードロッドを輩出してきたクオンから、新たに登場するNEWバスロッドシリーズ。

究極のスタンダードロッドであること。それはロープライスでありながらも細かく設定された多様なラインナップと進化したブランクスにある。

ブランクスはモデルごとに異なるマテリアルを使用。繊細なフィネスロッドには、感度に優れる36tカーボンマテリアルをベースとしており、適度な粘りを求める巻き系のロッドには24t~30t、そして強靭なパワーを必要とするヘビー系のロッドには40tカーボンマテリアルも使用した。モデルごとに細分化し複数種類の異なる弾性のマテリアルを組み合わせることによって、エッジの効いたロッドアクションを出すことに成功。

更に強度UPを計るため一方向(0°)のみならず90°方向にもシートを巻き、45°方向にカーボンテープで締め上げた。この多軸構造により捩じれと潰れの剛性が飛躍的に向上した。

装備するガイドは、耐久性に優れる富士工業社製のステンレスフレームSiCガイド。

しかしただのSiCリングではなく、新規格の薄型リングである「SiC-S」を採用。今までのSi Cリングと比較しても軽く持ち重りの軽減による感度UPと、リング内径も広くなったことから飛距離の向上にも一役買っている。ベイトモデルのリールシートは、富士工業社製のNEWリールシートのマイクロトリガーシートを採用。無駄の無い必要最小限のトリガーで握りやすく操作性に優れる。

グリップにはEVAを使用。耐久性に優れ雨の日や濡れた手でも滑らない仕様となっている。クオンで培った技術とアドヴァンスドなパーツの融合で、誰もが気軽にバスフィッシングの本質を楽しめる、正に進化した究極のスタンダードロッドである。

当項目における上記画像及び文章はメーカーHPからの拝借です。

発売されてから数ヶ月以上経ちますが、当初は雑誌広告や、HPの文章を見ても、

ド素人である管理人には、正直なところ魅力は伝わってこなかったんです。

 

ただ、ふと目にしたロッドスペックに目を奪われました

で、その瞬間から、

「これって、ベイトロッド一本の陸っぱり」に最適なんじゃないの??

と思い始めてしまうのです・・・(^_^;)

73MHがベイトロッド1本の陸っぱりに最適だと思っていた理由

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人が

「ブラストビーツ73MHがベイトロッド1本での陸っぱりに最適だと思っていた理由」

をご紹介致します。

理由 ブラストビーツ73MHのかつての許容ルアーウェイトの範囲がとんでもない

まずは、このブラストビーツ73MHの許容ルアーウェイトがとんでもないことになっています。

(今は、「なっていました。」と表現せざるを得ません。)

 

3/8オンス~1-1/2オンス

・・・・え??

3/8オンス??

 

書いていて自分でビックリしました・・・。

何だかルアーウェイトの表記がサイトによって混乱していますね・・・。

 

発売当初から最近までは

1/8オンス(3.5グラム)が下限ウェイトだったはず・・・(=_=)

 

ですが、今記事を書きながらHPを見てみると・・・

3/8オンスが下限として表記されています・・・(@_@)!!

今まで何度もHP見たから間違っていないはずなのですが・・・。

昔の雑誌を引っ張り出してみたところ、

ルアーマガジン2017年7月号のP.181でも1/8オンスが下限として表記されています。

アマゾンの商品説明文は、2017.9.30(本記事作成時点)でも1/8オンスが下限となっています。

ついついプリントスクリーンしちゃいました(@_@)

2017.10.3追記 4ヶ月後のルアーマガジン2017年11月号巻頭広告では3/8オンスとの表記になっていました。

 

う~ん。困りました。

3/8オンスは10.5グラムですから、BBC-73MHの許容ルアーウェイトは、

10.5グラム~42グラムってことになりそうです。

 

(・・・愛竿ブレイゾンを購入するきっかけとなった過去の記事

1/8オンスという表記を信じ切ったままで書いちゃってますね・・(T_T))

 

それでもルアー重量の範囲は広いと思います。・・・

思いますが・・・。

何だかとってもMHっぽいロッドになってしまった印象で、

いわゆるベイトタックルの釣りにはガッチリはまるのでしょうが、

「ロッド一本での陸っぱりに最適」と表現するのには力業感がありますね(^_^;)

(もちろん、メーカーさんは「ロッド一本で・・・なんて言っていません。)

 

というのも、10.5グラムが下限であれば、

通常のキャスト技術であればスモラバはもとより、

5インチのネコリグすらルアー重量としては微妙ですよね?

さらに、上限だけ「1-1/2オンス(42グラム)」と広くても、

現時点では1オンス(28グラム)以上のリグを投げる予定のない管理人にとっては、

そこに魅力を感じにくいですね・・・(T_T)

 

どうしよう・・・。

1/8オンス(3.5グラム)が下限のMHロッドなんて最高じゃないか!!

1/8オンスを下限として表記できたってことは、相当に自信があるはず!

スモラバからヘビキャロまで投げ倒せるし、

何よりファットイカがメインルアーのオカドバ管理人にとって最高のロッドなのでは??

これはもう、使ってみるしかないでしょ!!

そして、使用感のインプレ

 

・・・という流れの記事を書こうとして進めていた矢先の発覚・・・。

 

これは、もう、欲しがっているだけではなくて、

情報不安なまま購入し、実際に使ってみるしかない状況なのかしら・・・(^_^;)

 

正確な情報と使用感が分かり次第、改めてご紹介記事を書いてみようと思います。

 

 

追伸

結局、「おかっぱり一本」を明確に謳っている

スティーズ ファイアウルフを購入しました(・ω・)

スティーズ ファイアウルフの率直なインプレ記事はコチラです。

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

釣り好きのためのLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA