スポンサードリンク

ファイアウルフとウェアウルフ 一本だけ買うならどっち?

スティーズウェアウルフ

オカドバにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

岡山・倉敷陸っぱり専門バサーのオカドバ管理人です。

 

今回のテーマは、

「ファイアウルフとウェアウルフ、一本だけ買うならどっち?」

でお送りしてみたいと思います。

 

「一本だけ?それならファイアウルフでしょ。」

「そもそも一本だけで釣り歩くためのロッドなんだから!」

 

・・・オカドバ管理人もそう思っていたのですが(^_^;)

 

 

スポンサーリンク

 

 

スティーズ ウェアウルフとはどんなロッドなのか

まずは、今回初登場のロッド、スティーズ ウェアウルフについて。

管理人のインプレの前に、ダイワさんのHPから説明文を拝借します。

 

■661MFB-SV 【WEREWOLF(ウェアウルフ)】

SVF COMPILE-Xを採用したヘビダン対応超攻撃的センシティブロッド。

6’6″のミディアムパワーロッドにしながら、想像を絶する繊細さと感度を持ち、

低活性時においてストラクチャーにタイトに付く奴らに嫌が応にも口を使わせるテクニックに最も必要不可欠なアイテム。

1/4oz.程度のヘビダンを狙ったポイントにアプローチ。

そして底に着いてからのボトム探知能力と喰わせのタイミングの察知能力。

どれにおいてもスペシャルな感覚を必要とされるこの釣りにおいて絶大な信頼を集めている。

スピニングロッドの柔らかいティップで行うアクションとは明らかに異なる動きを演出できる能力の高さはこのモデルの必要性を確固たるものとしてくれた。

 

ということで、ド素人のオカドバ管理人には正直豚に真珠なロッドです(^_^;)

そもそも、エントリーロッドのBASSXで満足していた男ですから、

「スペシャルな感覚」を持ち合わせているか些か不安なところです(^^;)

 

でも・・・。

 

どうしてもファイアウルフと比べてみたかったんですもん!!

 

スティーズ ウェアウルフの率直なインプレ

ということで、ウェアウルフを入手して使ってみました。

リールは、SSAIRをセットして・・・・。

道具に頼り切る気がほとばしっていますね(^^;)

スティーズウェアウルフ

で、第一投目から・・・・、

というより、持った瞬間からビビります。

 

軽いっ!!!

 

もうね、ショックですよ。

今までBASSXを重いと感じたこと無かったですし、

イグジスト並に軽いというセオリーを購入した際にも感動が無かった管理人です。

セオリー購入のインプレ記事はコチラです(・ω・))

 

持った瞬間ビビるほど軽いんですよ・・・。

これだけ軽いと、キャストも楽ですし、感度もビンビンです。

 

これはリールの力だと思いますが、

カットテール3.5インチのノーシンカーまで普通に投げちゃいましたもん(^^;)

 

で、個人的に一番扱いやすかったのが、

ドライブシャッド3.5インチのノーシンカー

2.4グラムのスモラバ

この辺の重量の扱いやすさが際立ちます。

 

ネコリグとか、キャストも操作も超気持ちいいです(^^;)

 

で、肝心なフッキングやファイト時には、しっかり曲がるのに、耐えてくれる感じです。

 

困った・・・使用感に対する文句が金額以外に見当たらない感じです。

 

デザインが若干チープに感じますが、これは好みの問題ですもんね(^^;)

 

スポンサーリンク

 

スティーズ ファイアウルフとの使い分け

さて・・・困りました。

ウェアウルフの印象が思いの外良く、

管理人の中でファイアウルフの存在感が薄れています。

 

ファイアウルフのインプレ記事はコチラです(^^)

というのも、今更ながらに気付いたのですが、

 

ファイアウルフとウェアウルフを比べること自体がナンセンスだったのでは・・・?

 

ファイアウルフは、守備範囲を異常に広げた竿。

ウェアウルフは、いわゆるライトバーサタイルなリグに標準を絞った竿。

 

普段使うリグやルアーがライトバーサタイルなリグやルアー中心なら、

ウェアウルフが勝って当然なわけです(@_@)

 

 

両方のロッドを購入する前に気付け!俺っ!!

完全に釣り具貧乏に陥った今・・・後の祭りです。

 

 

・・・(・o・)!!

そうでした!!

オカドバ管理人にはウェアウルフだけではダメな理由があったのです。

 

ファイアウルフを購入する方が満足度が高い場合

ウェアウルフとファイアウルフ。

どちらか一本だけ購入したい。

 

そんな時にファイアウルフをオススメする条件とは・・・。

 

そうです!

オカドバ管理人の相棒、ファットイカです。

 

ウェアウルフでは、ファットイカの良さを十分に活かしきれません。

 

具体的には10グラム以上のリグやルアーを主戦力とするならば、

ファイアウルフの方が気持ちいいです。

 

もちろん、

ファイアウルフとウェアウルフのどちらか一本

という条件を覆し、

ファットイカだけを気持ちよく扱いたいなら、

MとMHの融合であるファイアウルフではなく、

もっと硬いロッドの方が快適なのは確かです。

 

ファットイカも扱えるのに、巻きモノもある程度扱えて、

ネコリグも問題ない。

 

この専門性が全くないという要素こそがファイアウルフのコンセプトですね(^^)

 

 

ということで、オカドバ管理人の現時点の結論としては、

ライト寄りのリグをメインで投げるならウェアウルフ。

ファットイカもネコリグもジョイクロ148も投げたいならファイアウルフ。

ファットイカがほぼメインなら、どちらでもなくMHのロッド。

 

という実感です。

なかなか釣りに行けていない上に、

比較のために同じリグを2つのタックルで投げ比べてみたり・・・。

自分のアホさ加減に目眩がしてきますが、

自分で実感してみないと気が済まないので、仕方ありません(^_^;)

 

今後は、

最近頼りにしているワームの話や、

食わず嫌い的な避け方をしていたビックベイトに手を出した話等々を、

記事にしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

オカドバ管理人の率直なインプレ記事集

 

おかっぱりでしかバス釣りをしていない管理人が、

ロッドやリール、ラインやルアーの

率直なインプレ記事を書いています。

 

よろしければ、下記画像からインプレ記事集をご覧下さい。

 

↓↓管理人の率直なインプレ記事集(内部リンク)↓↓

 

 

バス釣りが好きすぎるLINEスタンプ

 

バス釣りが好きすぎてLINEスタンプを作ってしまいました。

 

おかっぱりバス釣りブログのランキングに参加してみました(^^)

お手透きでしたらクリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

オカドバ管理人でした。

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメント

  1. ひでたろう より:

    このブログのインプレは本当に参考になります。リールやラインの記事も購入時の判断材料になりましたよ。
    釣行も楽しみにしています!
    出来たら私の苦手な倉敷川や吉岡川も攻略して記事にしてもらえると嬉しいですw
    先日倉敷川で橋下にトップ、テキサス、ライトリグ投げても駄目で諦めたら、直後に他の人がそこにシャッドテール投げて釣り上げました。
    もう敗北感でいっぱいです

    1. オカドバ管理人 より:

      ひでたろうさん、いつもコメントありがとうございます。

      ひでたろうさんに先日の大雨での被害が無ければ良いのですが。

      素人感満載のインプレですので、お恥ずかしい限りですが、
      率直に書いていけたらと思っています(>_<) 倉敷川と吉岡川の釣行記事のリクエストを頂きましてありがとうございます! 友人宅などの復旧が一段落次第、 攻略記事と言うよりは、奮闘記事になるかと思いますが、取り組んでみたいと思います(^^) 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

CAPTCHA