DAIWAバスXで十分だと感じてしまう。

ご訪問いただきましてありがとうございます。

岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人です。

今回は、バス釣り復帰時点での管理人の愛用ロッドのお話です。

 

 

スポンサーリンク

 

地元岡山県の野池や河川での陸っぱり専門ですし、

休日くらいにしか竿を振れないので、

高級ロッドを買うのは気が引けていました。

しかもブランク15年からの復帰・・・。

いくら大人になったとは言え、

いきなり数万円もするロッドを新調するのは・・・ねぇ。

でも・・・もちろん、欲しいロッドはあります!!

 

バス釣り復帰から一年後に欲しかったロッド

 

ブラストビーツ 73MH

スティーズ ファイアウルフ

は、使ってみたくて仕方有りません。

 

 

・・・・が、どちらもワンピースのロッドなんですよね・・・(^^;)

 

ワンピースのロッドを購入するのに躊躇する理由はコチラです(>_<)

 

 

ロッドを積むには十分な長さの車に乗っているので、

ロッドキャリーを付ければ良いじゃん!

とも思ったのですが、そこまでロッドの本数もないし・・・。

 

ずっと悩んでいました。

(最近、ある方法でロッドキャリー無しでワンピースロッド運搬してます(^_^;))

 

そんな時に先日のロッド破損です。

 

・・・・・これは、チャンスでは・・・(?_?)

 

ダイワ バスXに不都合は感じなかった

 

当時、管理人はダイワ バスXというエントリーロッドを使用していました。

 

(2018年現在はブラックレーベルを使用しています。)

 

ベイトは、MLとMの二本です。

価格の割に、使っていて、特に不都合も感じませんでした。

 

むしろ、カーボン含有率が少ないためにキャストはし易かったりします。

 

(良いものを知らないだけ・・・ということもありますが・・・。)

 

50㎝を超えるバスを掛けた際にも、普通に寄せられましたし(^_^;)

 

ダイワ バスXに少し感じた物足りなさ

 

少し不満が有るとすれば、Mを使用している際に、

シャワーブローズショーティがギリギリじゃない??

という固さに感じたのです。

寧ろ、軽いルアーやリグはMLと変わらないキャスト感覚です。

ちなみに、今回折れたのはMLの方です。

 

・・・・MHが欲しくなりますよね・・・。

 

スポンサーリンク

 

MHはロッドの直径と許容ラインはMより太いものの、

実は許容ルアー重量はMと同じなのです。

 

もし、MHが手に入るようなことがあれば、

Mとの違いなどをインプレしてみたいと思います。

 

バスXの次にブレイゾン6102MHBを導入した際のインプレ記事はコチラです。

 

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

オカドバ管理人でした。

ハイエンド機種は「要らない」?

いつもオカドバをお読み下さり、

本当にありがとうございます(*^_^*)

これからもバス釣り好きな皆様に読んで頂ける記事を、

ド素人なりに正直に書いていこうと思います。

 

1日幸せになりたければ、お酒を呑みなさい。

3日幸せになりたければ、結婚しなさい。

一生幸せになりたければ、釣りをしなさい。

 

幸いにも、僕たちは、

一生幸せに生きるための趣味を見つけることが出来ました。

 

釣りって最高ですよね(^^)

 

趣味で我慢ばかりになるほど辛いことはない

 

釣りは、棒と糸と針さえ在れば楽しむことが出来ます。

ハイエンドのタックルでなくとも、十分楽しめます。

これは、間違いないですね(・ω・)

 

 

でも、お金を掛けることでもっと楽しむことが出来る側面もあります。

消耗品や遠征費用など、釣りには意外とお金が掛かるのも事実です(^_^;)

 

「ハイエンドなんて要らない」

という判断も、ハイエンドを使ってみてから言いたいわけです(T_T)

 

かつての予備校のCMじゃないですが、

「大学なんて、関係ないぜ!」

は東大卒業してから言ってくれ。

 

そういう側面って・・・ありますよね(^_^;)

 

待っているだけでお金が増えるわけがない

 

寝ているだけで稼げる・・・わけがありません。

持っているだけで稼げる・・・わけがありません。

 

汗水垂らさないでお金を得ることは、ほぼ不可能です。

時間を掛けずにお金を得ることも、ほぼ不可能です。

 

趣味である釣りをもっと自分らしく楽しむために、

「本業に全力投球する」に大賛成です。

 

でも、本業以外に収益の柱があると、心強くないですか?

 

隙間時間で釣りに使える資金を増やしませんか?

 

平日の通勤電車の中や

雨で釣りに行けないとき

数十分の空き時間が出来てしまったとき

平日の就寝前

そんな時間を、有効に活用できたら最高じゃないですか?

 

手元の10万円を一年後に1億円にする現実的な方法

 

今、手元にある10万円を1億円にする方法があります。

 

こう言われると、多くの方が「また仮想通貨か・・・」と思うと思います。

 

かなり怪しいICOが頻発したせいで、

悪いイメージの方が大きくなっていますよね(^_^;)

 

持っているだけで誰でも「億り人」になれる

そんな時代はもう終わった

そう言っても良いというくらい、

「ICO割れ」が頻発しています。

 

基軸通貨と言われるビットコインでさえ、

持っているだけで10万円を1億円にするというのはほぼ不可能

だと言うのが正直なところでしょう。

今の価値より、さらに1000倍になる必要がありますから(^^;)

 

ただ、ここに「複利」という考え方が加わると、一気に現実的になります。

 

仮想通貨の価格が何倍にも跳ね上がる必要は全くないのです。

極端に言うと、一日数%価格が変動するだけで十分なのです。

 

10万円をトレードして日利2%を獲得すると、

翌日は10万2千円になります。

 

さらに、10万2千円を日利2%で運用すると、

翌日は10万4千40円になります。

 

これを続けていくと、一年後には1億3千万円です。

 

 

「トレードするタイミングが分からない」という問題

 

ビットコインの価格変動は毎日大きく生じている

一日で数%の利益を出すだけで良い

複利で運用すれば、資金が大きくなることも理解できた

 

それでも、最後に1つだけ問題が生じます。

 

「いつトレードしたら良いか分からない」

 

では、

価格の反転を非常に高確率で的中させるツール

があったら、どうでしょう?

 

しかも、

巷に良くある、

ほぼ当たらない上に、サポートも何も無いツールとは違います。

 

安価な月額課金制なので、売切りでは無く、サポートも続く。

利用者のコミュニティも充実していて、情報交換も活発。

しかも、返金保証まで付いている。

 

賭け事はキライ

自分でコントロール出来ないことはキライ

という人に向いていると思います。

 

取り組むかどうかは別として、

「手段を知らない」ってことは、勿体ないですね(^_^;)

 


ハイエンドは「要らない」に近づくアラートツールを見てみる

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA