場所によって、やたらと効くカラーがあると実感した話

野池や河川陸っぱりでのバス釣りをしていて感じるのですが、

やっぱり「当たりカラー」ってありますね。

 

スポンサーリンク

 

地元岡山は微妙な色味のフィールドが多い気がしています。

透明では無いけれども、濁っているとも言えない日が多い。

霞ヶ浦のようにカフェオレ色の日もあれば、

池の岸沿いがアオコだらけの日もあります。

 

「クリアならこの色!曇りならこの色!」というような情報は、

雑誌や他メディアでもよく目にしますし、

それを鵜呑みに、ソリッドの赤や黒、ナチュラルプロブルーを買い揃えたり、

万能色と言われるグリーンパンプキンやウォーターメロンを常備してみたり・・・。

 

本当に様々な色味を購入してみました。

 

・・・が、ある日とうとう発見してしまいました。

 

DSC_0084

No.344 シナモンブルーシャッドです。

 

スポンサーリンク

 

ある日、たまたま購入して投げてみると、よく釣れる。

初めはカットテールの4インチでしたが、

5インチ等のサイズや、リグの種類を変えて投げても、

よく釣れる。

 

水色が綺麗な日でも、アオコだらけの日でも、無関係です。

 

特定の野池で、天候に関わらず、

どんな状況でも反応が得られるカラーのようです。

 

 

「コレを投げて、反応無いなら、諦める」

 

この基準が一つでも持てると、楽しいですね。

 

「アオコは表面だけで、水中はいつもと同じだから」

「特定のエサに酷似しているから」

「比較的最近のカラーだからスレていないから」

 

理由はいくつか浮かびますが、

「ブラックバスは色味も気にしている」ということと、

「当たりカラーはある」ということは言えそうです。

 

いつまで当たりカラーが継続するのか、

当たらない状況は、どんな状況なのか。

 

ケース分けしながら楽しめるのが、

バスフィッシングの面白いところですよね。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

開設以来の人気記事はコチラ(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA