音のイメージで掴む。釣れるテキサスリグのアクション

真夏真っ盛りですね。

真冬と同じく、バス釣りも忍耐勝負の側面が強くなってきました・・・(^^;)

朝マズメや夕マズメのトップウォーターゲームとは裏腹に、

バスが水深の深めの位置に居着くことが多くなっています。

そこで、今回のテーマは、ボトムでコンコン♪テキサスリグでお送り致します。

スポンサーリンク

初心者にお勧めのテキサスリグのリグり方

「テキサスリグ」は、ストレートフックやオフセットフックのノーシンカーリグに「バレットシンカー」を追加したリグです。

比較的フォールスピードが速く、リアクションの要素も採り入れながら、ボトム感知力も高く、広範囲を探りやすいリグです(*^_^*)

ただ・・・初心者の方にとっては、取っつきにくいリグでもありますよね。

それは・・・・「根掛かりしやすい」から(T_T)

 

テキサスリグをテキサスリグたらしめる「バレットシンカー」が諸刃の剣なのです。

ネコリグと同じように、ワームの先端にシンカーがあることで、

ボトム感知力は高まっているのですが、そのウェイトより、下手なズル引きは根掛かりのオンパレードになります。

そこで、敬遠しがちなテキサスリグですが、あるポイントを押さえると非常に使いやすくなります(*^_^*)

そのポイントを順番に押さえていきますね!

 

タックル

テキサスリグ使用時のオススメタックルは、

ベイトリールに6.6フィート以上の長さのM~MHパワーのロッド

です(*^_^*)

ロッドがある程度長くて固いことで、ラインの入水角を確保出来ることでボトムの障害物を乗り越えやすく、ボトムでのスタックが減るのでオススメです。

ライン

ナイロンなら14ポンド以上、フロロなら10ポンド以上をオススメします。

ある程度太めのラインでアワセた際のラインの伸びを少なくすることが狙いです。

(管理人の良く行く野池や河川の陸っぱりでは、いわゆるゴージャスなカバーはありませんので、これ位のラインセッティングで十分ですが、少し込み入ったカバーにテキサスを入れ込むのなら、細すぎると思います・・・(^^;))

ワーム

初心者にお勧めなのは、圧倒的に「フォールで動くタイプ」のルアーです。

管理人のオススメは、エバーグリーンのダブルモーションです。

フォールでも、スイミングでも、とにかくピロピロ動きまくります。

スポンサーリンク

初心者にお勧めのテキサスリグのアクション

初心者にお勧めの、テキサスリグのアクションは、

「リフト&フォール」です!!

しかも、高さ50㎝程度のリフト&フォールの繰り返しです!!

初心者にお勧めのアクション

なぜ、初心者にリフト&フォールをお勧めするのかというと・・・、

ワームのピロピロ感もさることながら、

何より、音でイメージを掴みやすいからです。

ロッドの捌き方

①キャスト

②着水から着底まではラインフリーで落とします。

③着底したらロッドを水面に向けて糸フケを取ります。

④3秒待って

⑤8時~11時のイメージで、ロッドを一気に縦に捌きます。

⑥ピロピロとフォールさせます。

⑦④~⑥の繰り返しです。

アクションを音で現すと・・・。

 

フワッ・・・ピロピロピロ~コンッ・・・フワッ・・・ピロピロ~コンッ

これの繰り返しです。

この、ピロピロ~コンッの後に「ゴンッ!!」と来るのが大半です(^^)/~~~

 

まとめ

少し固めのロッドを使って、

フォールでしっかり動くタイプのワームを使って、

フワッ・・・ピロピロピロ~コンッ・・・フワッ・・・ピロピロ~コンッ

この「・・・」を大事にして下さいね(*^_^*)

真夏でも、元気なバスに会えますよ☆

 

今回の記事が、バス釣り初心者の方や、これからバス釣りを始めようとする方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA