ファットイカの陸っぱり最適化カスタム

今年のバスフィッシングのハイシーズンも残り数ヶ月・・・全力で楽しみたい管理人です。

今回のテーマは「ファットイカの陸っぱり最適カスタム方法」です。

岡山・倉敷の陸っぱりからのバスフィッシングを楽しんでいるオカドバ管理人が溺愛するファットイカのカスタム(チューニング)方法をご紹介します。

ただでさえ陸っぱりでの使い勝手は最高と言えるファットイカを、さらに釣れる状態に押し上げる簡単カスタム方法のご紹介です。これで、オールシーズンファットイカ祭りです。

スポンサーリンク

陸っぱりの万能ルアー ファットイカ

ファットイカを溺愛するオカドバ管理人です。以前、「オカドバ的ファットイカの使い方」という記事で簡単に書いてみたことがあるのですが、ファットイカの魅力を端的に表現すると・・・、

キャストし易い&遠投できる

単体で10~12グラム程度ありますから、キャストに余裕が生まれます。

良いところにルアーが入れば・・・ほぼ釣れるという位、キャストが大事だと考えている管理人にとって、キャストのし易さは何よりのメリットです。

キャストし易い→キャストが決まる の好循環にハマれます。

バックスライド出来る

バックスライド「が」・・・ではなくて、「も」というところが最高に気に入っているポイントです。バックスライドに拘らずに、フックサイズを落としてのタダ巻きで十分釣れてしまうルアーパワー・・・完全に頼りっきりです。

止めていてもアピールし続ける

ファットイカのスカートが水流を受けることで、ルアー自体を動かしていなくても、フワフワフワフワ動き続けてくれます。このスカートの動きのおかげで、バスがファットイカのカタチを「毎回異なったカタチ」として認識してくれていることが「釣れ続ける」要因の一つだと考えています。

 

・・・と、書いてみましたが、今回のテーマは、その十分すぎるファットイカの魅力を更に押し上げてくれる(と信じている)チューニング方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

アピール力をアップさせるチューニング

まずは、ファットイカのアピール力をアップさせるチューニングです。

用意するもの

・ハサミ

先が細いモノが望ましいです(^o^)

・シリコンスプレー

はい。出ました。前回の記事「ライントラブルを防ぐスプレー」でご紹介させて頂いたシリコンスプレーです。

このハサミとシリコンスプレーを使って、ファットイカのアピール力をアップ刺せていきます。

方法

手順1

ハサミを使って、ファットイカのスカートの根元部分を裂いていきます。

購入時は、こんな感じで少し根元が繋がっています。成形時の限界なのか、この方が水押し効果が高いのか・・・狙いは管理人には不明ですが、この部分をキレイに裂くと・・・こんな感じになります。

 

 

手順2

バラバラになったスカート部分に、シリコンスプレーを吹いていきます。

実はこのスカート部分、購入時のままだと複数本がくっつきやすい場合があるのですが、シリコンスプレーを吹いておくと、水中でよりキレイにフワフワしてくれるハズです。

 

遠投&バックスライド力をアップさせるチューニング

用意するもの

用意するものは・・・ありません!!!

方法

ファットイカのスカートを半分程度に間引きます!!

キャスト時の空気抵抗とスライドの抵抗になり得る部分を減らすことで、より遠投が可能になる上に、スライド幅も大きくなるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただでさえ釣れるファットイカが、更に陸っぱりからのバスフィッシングに最適化されるチューニングをご紹介致しました。

オールシーズンファットイカ祭り・・・信じて投げてみて下さい(^o^)

今回の記事が、陸っぱりからのバスフィッシングを楽しむ方々の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA