HPシャッドテールで岡山・倉敷野池を陸っぱりで攻めるときのオススメリグ

腰痛が未だに治らず、「中山式コルセット」に頼りっぱなしの管理人です。

おはようございます。

今日は、

HPシャッドテールで岡山・倉敷野池を陸っぱりで攻めるときのオススメリグ

というテーマでお送り致します。

スポンサーリンク

HPシャッドテールとは?

HP Shadtail

画像はO.S.P様のHPよりお借り致しました。

もはや、説明不要の激釣ワームですが。オカドバ管理人の音イメージで表現すると・・・・。

「プルプルプルプル・・・・プルプルプルプル」です(^^;)

巻いてもプルプル、フォールしても頭を下げながらテールをプルプル。

小魚が泳いでいるようには見えませんが、やたらとテールを振る姿は、自分のルアーに見とれてしまうほど動きます。

で、この激釣れワームであるHPシャッドテールのとあるリグが、

夏のウィードが水面まで伸びてしまったようなフィールドで効果抜群なのです。

HPシャッドテールのオススメリグ

HPシャッドテールのオススメリグは、ズバリ、「ネコリグ」です。

 

・・・・普通ですよね・・・(^^;)

ただ、岡山・倉敷野池での陸っぱり専門の管理人が、夏真っ盛りのウィードが水面まで伸びてしまってなかなかルアーを操作しづらい状況でこそ非常に効果的だったセッティング等がありますので、ご紹介させて下さい。

ネコリグ

この画像もO.S.P様のHPから拝借致しました。

 

上が、HPの画像です。フックは脇刺しですね。

で、下が管理人のリグり方なのですが・・・・、

HPシャッドテール4.2インチに、フックは、刺しです。

ウィードの中を泳がせて来ますから、この向きでフックをセットすることにより、ストレス無くアクションさせることが出来ます。

ちなみに、ネイルシンカーは1.8グラムです。

タックルセッティング

管理人は、MHパワーのロッドにフロロ10ld.で使用しています。

MHパワーのロッドを使用する理由は、ウィードからスパッと抜けやすいからです(*^_^*)

スポンサーリンク

オススメリグがハマる状況とは?

「HPシャッドテール4.2インチの縦刺しネコ1.8グラム」がハマる状況とは、

に、水面までウィードが生えているが、所々ウィードが無い場所のあるフィールドです。

ウィードが生えている部分のアクションは、

①タダ巻きでウィードの真上を通す

②ウィードの入り口に差し掛かった時にフォールさせ→ステイ

③-a リフト&フォールに繋げる

③-b  ①に繋げる

というアクションで使用しています。

この時のキモは・・・・、

少ない移動距離でも、HPシャッドテールならテールがしっかり動く

ということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

HPシャッドテールは、短い移動距離でも、本当にしっかりとテールがプルプルとアクションしてくれます。

ウィードが伸びてくると、横の動きをトレブルフックの付いたプラグではさせにくい状況が多くなります。

管理人の地元倉敷川や吉岡川のように、「夏はウィードの無い部分の方が少ない」というようなフィールドでも、しっかりアピールできてとても便利です。

フォールしている時のピロピロピロ・・・に着いてきたバスが着底の瞬間にバイトしてくることが本当に多いリグですので、是非楽しみにフォールさせてみて下さい(*^_^*)

 

今回の記事が、岡山・倉敷への遠征をされる方や、バス釣り初心者の方の参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

HPシャッドテールが気になりましたら、ご参考までに(*^_^*)

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA