陸っぱりバス釣りにはナイロンラインが最適らしい・・・でも僕はフロロ。

今日から9月ですね。夏が終わりそうで悲しくも有りますが、少し涼しくなってくるとアングラーとしては釣りがしやすくなるので嬉しい限りです。・・・バスの居場所を見つけづらくなる時期ももうすぐですね・・・(^_^;)

今回は、陸っぱりナイロンラインチャレンジの実釣報告の回です。

スポンサーリンク

陸っぱりナイロンラインチャレンジの結論

メインタックルのラインをナイロンラインに巻き替え、しばらく釣行してみました。

サンライン マシンガンキャスト 12ld.

ラインシステム ALL BASS 12ld.

で、岡山・倉敷陸っぱり専門のオカドバ管理人が辿り着いた結論は、「トップウォーターと巻物以外は、陸っぱりでもフロロを使おっと(^_^;)」でした。

結局フロロカーボンを陸っぱりのメインラインとして選んだわけですが・・・

以下では、その理由やナイロンライン使用感をド素人の主観満載でまとめさせて頂きます。

ナイロンラインに感じたメリット

ナイロンラインチャレンジ中に感じたナイロンラインのメリットは、「キャストのしやすさ」です。使用リールがジリオンSVTWということで、道具の恩恵も有りフロロ使用時からバックラッシュもほとんどしていません。ですので、フロロと比較してバックラッシュがしにくいということは特には感じないのですが、ナイロンラインはキャスト直前にロッドにルアーが乗りやすいような感触を覚えました。

ナイロンラインの柔軟性のおかげでしょうか(^_^;)リリースポイントが分かりやすいように感じました。

ナイロンラインに感じたデメリット

ナイロンラインに感じたデメリットとしては、やはり感度という部分です。もちろんラインの状況による伝達性能の特性は有るとは思いますが、「ピンピン感」が感じにくい状況での釣りは「安心感」を感じにくい・・・と言うのが管理人の率直な意見です。

『「ピンピン感」を感じるほどアクションさせてるから、魚を釣りにくいんじゃない??』というご意見はもっともです(^_^;)ですが、「何をしているか分からない」という状況が長時間続くと、底の感触を得たいが為に普段よりシンカーを重くしたり、気がつけばルアーの動きが手元に感じられるほどアクションを強めたりしてしまい・・・ストレスでした(T_T)

あと、ラインの種類によっては、ナイロンラインでも初期からゴワゴワ感を感じてしまうものもありました・・・。指でラインを触った時にはさほど感じなくても、キャストして巻いてみると、ガイドを通してゴワゴワ感を感じてしまうということがありました。シリコンコート剤を使えば解消されるんでしょうけど・・・(T_T)

 

ということで、陸っぱり専門のオカドバ管理人としては、陸っぱりであっても、これからもフロロカーボンラインを選択することが「自分にとって気持ちの良い釣り」になるという結論に至りました。

ただ・・・事前に調べた限りでは陸っぱりでのバス釣りではナイロンラインに分がある部分もありましたから、少し気になりまして・・・。次の項目では、フロロカーボンラインの短所を補うために気をつけようと思ったことを纏めたいと思います。

スポンサーリンク

陸っぱりでフロロを使うときに注意すること

「陸っぱりバス釣りに最適なラインはナイロンライン」という情報もある中、それでもフロロカーボンラインをメインタックルで使いたいオカドバ管理人は、以下のことを気をつけようと思いました。

アワセはロッドを横に煽る

フロロカーボンラインは沈みます。フロロカーボンは柔軟性でナイロンラインに劣ります。そういったことから、遠投するとラインが足元まで底を這って傷付く等、陸っぱりでは不向きな点が多いのです。

柔軟性の無いフロロカーボンラインで合わせるときに、ロッドを縦に捌くと、水中に沈みきったラインを上に持ち上げながらのフッキングになります。なので、全力で合わせているつもりでも、フッキングをミスる・・・という結果になっているのだと思います(T_T)

そこで、合わせるときは、仰け反るのではなく、腰を回すというイメージでロッドを横に捌いて、「手前に引く」イメージでフッキングしようと思いました。

これで、少しはフロロカーボンラインを陸っぱりで上手く使えそうです(^_^;)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

陸っぱりでのメインラインはトップウォーターと巻物以外、結局フロロカーボンラインに戻ってしまった管理人ですが、実験してみて辿り着いた結論なので大満足です。ラインの特性も踏まえた動作の大切さにも気付けましたし(^^)

ナイロンラインが陸っぱりで優れている部分があることは、事実だと思います。選択肢が複数有る以上、特性が違うのは当然ですし、それを使い分けることで釣果に繋がることもあると思います。・・・が、結局自分の感覚に合った道具選びが大切だということだと思います。

今回の記事が、陸っぱりバス釣りをされる中で、ラインセレクトに悩まれている方や、バス釣り初心者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

人気記事はコチラです(^o^)

コメントを残す

*

CAPTCHA